記事
  • ロイター
  • 2020年07月28日 00:35 (配信日時 07月28日 12:32)

米大統領補佐官がコロナ陽性、トランプ氏への感染リスクなし


[ワシントン 27日 ロイター] - 米ホワイトハウスは27日、オブライエン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)に新型コロナウイルス検査で陽性反応が出たものの、トランプ大統領やペンス副大統領への感染リスクはないと明らかにした。

ホワイトハウスは声明で「オブライエン氏には軽い症状があり、自主隔離し、安全な場所から業務にあたっている」とし、「正副大統領が感染したリスクはない。国家安全保障会議の業務にも支障は出ていない」とした。

ホワイトハウス高官によると、オブライエン氏は過去数日、トランプ大統領と接触はなかったという。

トランプ大統領は記者団に対し、オブライエン氏には最近会っていなかったとし、検査でいつ陽性は反応が出たのかも知らなかったと述べた。

大統領側近では最上位の高官の感染例となる。ホワイトハウスではこれまでにトランプ氏の身の回りの世話をする軍所属のスタッフやペンス副大統領の報道官らも感染している。

米国家経済会議(NEC)のカドロー委員長は記者団に対し「オブライエン氏と先週話した」とし、「症状は軽いもようだ。彼の娘が先に感染したと認識している」と語った。

関係筋によると、オブライエン氏の感染がホワイトハウス内で事前に知らされていなかったため、一部スタッフの間では驚きが広がった。ホワイトハウスでは定期的にコロナ検査が実施されていることから、大統領執務室のあるウエストウイングではマスク着用は徹底されていないという。

オブライエン氏は54歳。ジョン・ボルトン氏の後任として昨年9月に就任した。7月中旬にフランス革命記念日(バスティーユ・デー)の式典に出席するためにパリを訪問した際、フランスのマクロン大統領と会っている。

*内容を追加しました。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    変異株で若い世代の致死率が上昇した事実はなく、40代50代も実際は4分の1に低下

    青山まさゆき

    06月13日 12:45

  2. 2

    "やっぱりおかしい"消費税 安宿暮らしは「課税」なのに高級マンション家賃は「非課税」

    キャリコネニュース

    06月13日 09:08

  3. 3

    ワクチン接種で雰囲気は好転、一方で過激化する「反ワクチン」グループ…正しい知識に基づく感染症対策の継続を

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月13日 08:21

  4. 4

    森ゆうこ議員「北朝鮮にワクチンを提供せよ」立憲民主党の驚愕の外交センス

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月12日 08:49

  5. 5

    慣例主義の日本は、五輪やコロナのように二分化する議論で進化していく

    ヒロ

    06月13日 11:04

  6. 6

    なぜ台湾は「コロナ劣等生」に急落したのか? - 井上雄介 (台湾ライター)

    WEDGE Infinity

    06月13日 14:45

  7. 7

    熊田曜子、谷村有美ら「芸能界セレブ」がコロナ禍で直面する夫からのDV

    渡邉裕二

    06月12日 14:04

  8. 8

    9浪して早稲田大学に入学した30歳男性「まったく後悔ない」 偏差値41・壮絶いじめからの道のり

    キャリコネニュース

    06月13日 08:31

  9. 9

    自らの失敗は棚にあげ、人々の監視に注力する吉村大阪府知事

    村上のりあつ(立憲民主党大阪府第1区総支部長)

    06月13日 15:11

  10. 10

    香港民主化の女神、周庭さん釈放

    安倍宏行

    06月13日 13:15

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。