記事
  • ロイター

米大統領補佐官がコロナ陽性、トランプ氏への感染リスクなし


[ワシントン 27日 ロイター] - 米ホワイトハウスは27日、オブライエン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)に新型コロナウイルス検査で陽性反応が出たものの、トランプ大統領やペンス副大統領への感染リスクはないと明らかにした。

ホワイトハウスは声明で「オブライエン氏には軽い症状があり、自主隔離し、安全な場所から業務にあたっている」とし、「正副大統領が感染したリスクはない。国家安全保障会議の業務にも支障は出ていない」とした。

ホワイトハウス高官によると、オブライエン氏は過去数日、トランプ大統領と接触はなかったという。

トランプ大統領は記者団に対し、オブライエン氏には最近会っていなかったとし、検査でいつ陽性は反応が出たのかも知らなかったと述べた。

大統領側近では最上位の高官の感染例となる。ホワイトハウスではこれまでにトランプ氏の身の回りの世話をする軍所属のスタッフやペンス副大統領の報道官らも感染している。

米国家経済会議(NEC)のカドロー委員長は記者団に対し「オブライエン氏と先週話した」とし、「症状は軽いもようだ。彼の娘が先に感染したと認識している」と語った。

関係筋によると、オブライエン氏の感染がホワイトハウス内で事前に知らされていなかったため、一部スタッフの間では驚きが広がった。ホワイトハウスでは定期的にコロナ検査が実施されていることから、大統領執務室のあるウエストウイングではマスク着用は徹底されていないという。

オブライエン氏は54歳。ジョン・ボルトン氏の後任として昨年9月に就任した。7月中旬にフランス革命記念日(バスティーユ・デー)の式典に出席するためにパリを訪問した際、フランスのマクロン大統領と会っている。

*内容を追加しました。

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅外交の優先順が見えた電話会談

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    枝野氏「野党勢力は間違ってた」

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    もう無関心?コロナに飽きる日本

    赤木智弘

  4. 4

    アビガン申請へ「富士フに拍手」

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    権力批判をやめた日本のマスコミ

    文春オンライン

  6. 6

    山口逮捕 配慮のない報道に憤り

    常見陽平

  7. 7

    韓国政府が恐れる菅首相の倍返し

    文春オンライン

  8. 8

    「バカ発見機」Twitterの対処法

    御田寺圭

  9. 9

    百田氏の支持者は「普通の人」

    たかまつなな

  10. 10

    TDR契約社員 事実上の退職勧奨か

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。