記事

日本初の劇場クラスター「企画プロデュース」のタレント・有村昆が責任逃れ

1/2
BLOGOS編集部

お笑いタレントのはなわ(44)が新型コロナウイルスに感染したと思ったら、人気俳優の横浜流星(23)、さらに俳優の山崎裕太(39)までもが感染していたことが明らかになった。重症ではなかったことが不幸中の幸いだったが、はなわの場合は担当マネジャーが感染していたことから、濃厚接触者として検査を受けたところ感染が確認された。一方、横浜と山崎は、倦怠(けんたい)感を覚え、発熱を訴えたことから抗原検査を受けたことがキッカケとなった。

新型コロナ感染者は日を追うごとに増加しているが、その流れは明らかに芸能界にも及んできている。

「さすがに芸能界も夜の会食は自粛していると思いますが、撮影や稽古の現場は出演者に加え、関係者やスタッフの出入りが激しいですからね。正直、いくら自己対策をしたとしても感染の確率は高まります。少しでも体調が優れなかったら、現状は大事をとって出演を控える勇気も必要だと思います。しかし、現実では言いづらい。

しかも、出演者より関係者やスタッフの方が無理をしてしまう傾向があります。中止や延期のリスクを考えるとどうしても無理をしてしまうことは否めません。ただ、自分のところだけは大丈夫だと言った考えや油断が取り返しのつかない結果を招くことも心得ておかなければなりません」(プロダクション関係者)

新宿の小劇場で発生したクラスター

その「取り返しのつかない」ことになった最たるものが東京・新宿シアターモリエールでの〝舞台クラスター〟だった。6月30日から7月5日まで行われた舞台「THE★JINRO―イケメン人狼アイドルは誰だ!!ー」でのクラスターは演劇界を問わず、エンターテインメント業界全体に影を落とす結果となった。

「主催したライズコミュニケーションは、韓流俳優やアーティストのイベントを中心に手掛けるイベント会社です。今回の舞台公演は、日本人俳優の山本裕典(32)やお笑いコンビ〝はんにゃ〟の金田哲(34)、吉本坂46の榊原徹士(30)らに、韓流ダンスパフォーマンス集団のH5のHONEY(36)などイケメンの韓流俳優を加え、女性をターゲットにした〝ホスト舞台〟を繰り広げました」(舞台関係者)

BLOGOS編集部

当初は収容キャパが130人程度の東京・恵比寿のエコー劇場で開催を予定していたが、開催を目前に劇場側が提示したソーシャルディスタンスを「受け入れられない」とし、同会場をキャンセル。その後、186人が収容出来るシアターモリエールでの開催に移行した。

「劇場を移行した理由は、すでに販売していたチケットを払い戻ししたくなかったからでしょう。開催の1ヶ月前にモリエールに移行したようですからバタバタだったと思います。その結果、クラスター発生という最悪の事態を引き起こしてしまったのです」(前出の舞台関係者)

東京都内の小劇場で組織する「小劇場協議会」は、上演した劇場(シアターモリエール)が、協議会の定めた感染予防のガイドラインを守っていなかったと公式サイトで発表したが、劇場側は主催者に対して十分な感染予防対策をするように要請していたと主張している。

「主催者側が劇場の要請を無視したとまでは言わずとも、甘く見ていたことは明白です。そもそも主催者は出演者の体調には注意していたと言いますが、実際には体調の悪い出演者がいたにもかからず、舞台に出続けていたようですからね」(演劇記者)

BLOGOS編集部

シアターモリエールは小規模の劇場なので楽屋も少ない。その楽屋も8畳程度のもので、廊下や幕の裏に簡易的な控室を作ったとしても密は避けられない。いくら出演者がダブル(2つに分かれている)だったとしても20人以上の出演者、そこにスタッフや関係者が入り混じっていたら、何も起こらないと思うことの方がおかしいだろう。

しかも、開演中のおよそ2時間は、音が外部に漏れるとの理由から会場内を完全に締め切り「換気は実施しなかった」(関係者)と言うから、もはやコロナウイルスの温床になっていたことは明らかだ。

それだけではない。

「終演後は、劇場側からの指示を無視してグッズの販売をしたり、出待ちのファンに対して握手やハグをしていたとも言われています。一部のファンとは〝指チュー〟までしていたようですから、感染拡大は、ある意味で必然なことだったのです」(週刊誌の記者)

ちなみに〝指チュー〟というのは、人差し指越しにファンとキスをするサービスのこと。地下で活動するホスト・アイドルにとっては究極のファン・サービスだそうで「実際に〝指チュー〟の現場を見るとあまりの距離の近さに驚く人も多い」(前出の週刊誌記者)とか。

いずれにしても感染拡大が深刻化する中で、このような行為を黙認していた主催者の責任は重く、言い逃れ出来るものではない。

主演の山本以下、出演者、スタッフ、観客など少なくとも75人の感染者が出たが、その他の出演者やスタッフ、観客についても「濃厚接触者」に指定された。最終的にその人数は850人以上にも及ぶ最悪の結果となった。

この事態に歌舞伎俳優の尾上松緑(45)は自身のブログに、

「こんな奴等は劇場サイド、主催者、出演者、スタッフに至るまで、どいつもこいつも素人の集まりだ」「ふざけやがって。考え無しに目先の金に釣られて尻尾振りやがった罪は深い」

と怒りを書き込んでいた。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅氏vs沖縄知事 コロナ巡り応酬

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    韓国語だけ水有料表記 会社謝罪

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    枝野氏詭弁は安倍首相と変わらず

    田中龍作

  4. 4

    「土下座像」に韓国政府も不快感

    NEWSポストセブン

  5. 5

    未だ35% 内閣支持率の高さに驚き

    早川忠孝

  6. 6

    菅義偉内閣を直ちに組閣すべき

    PRESIDENT Online

  7. 7

    白鵬お怒り 阿炎が夜の街で豪遊

    NEWSポストセブン

  8. 8

    政局睨む与野党の駆け引きに辟易

    若林健太

  9. 9

    病床使用100%超も「4月と違う」

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    前日銀委員 収束前のGoToは無駄

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。