記事

まぼろしのオリンピックにならぬよう

 7月24日は当初の予定なら、東京オリンピックの開会式が挙行され、各競技が華やかに始まっている頃だ。しかし世界的なコロナウイルスの流行により、この3月には、オリンピック・パラリンピックの1年延期が発表された。

 我々はこれを聞いて落胆したが、出場するアスリートたちの気持ちの落ち込みは計り知れない。

 過去においてオリンピックの中止や不参加の事態もあった。1916年のベルリン大会は第一次世界大戦で中止、1940年の東京大会は日中戦争で中止、1944年のロンドン大会は第二次世界大戦で中止。

 また1980年のモスクワ大会は、ソ連のアフガニスタン侵攻で西側諸国が不参加、1984年のロサンゼルス大会はその意趣返しで東側諸国が不参加だった。これまでは全て戦争や紛争のために中止だったが、今回は初めて感染症の蔓延によるもので、延期も初めてだ。

 コロナウイルスの感染状況は、日本でも世界でも一時収まるかに見えたが、第二波と思われる拡大局面を迎えている。仮に日本が先行して収束しても、世界各国が収まらないと開催はできない。

 感染防止の切り札であるワクチン開発が待望されているが、果たしてオリンピックまでに間に合うかどうか、ギリギリの状況ではないだろうか。

 先日は久しぶりのIOC総会がリモートで行われた。あくまで来年7月を目指すが、その際には規模の縮小や、観客を減らす必要性などが話し合われた。半世紀ぶりのオリンピックを迎える訳だから、出来ればフルサイズで行って欲しいが、どのような形でも開催できるのであれば、一定の変更はやむを得ないと思う。

 あらゆる競技はアスリートのためにあるが、特にオリンピック・パラリンピックはアスリート・ファーストでなければならない。人類最大のビッグイベントだからこそ、多くのアスリートたちが人生を賭けて、命を賭けて競い合っている。

 4年に一度のチャンスがあるかないかによって、人生が狂うってしまうかも知れない。どんな形でもオリンピックは開かれるべきだし、練習環境を確保するためにも、ハイパフォーマンスセンターやナショナルトレーニングセンターを、出来る限り利用可能な状況にしておいて欲しい。

あわせて読みたい

「東京オリンピック・パラリンピック」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    枕営業NGが…少女に欲情し犯罪へ

    阿曽山大噴火

  2. 2

    入店拒否めぐる堀江氏SNSに疑問

    かさこ

  3. 3

    いつか撮られる…瀬戸大也の評価

    文春オンライン

  4. 4

    なぜベーシックインカム論再燃か

    ヒロ

  5. 5

    山尾氏が比例1位 新立民へ配慮か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    JRの安全を脅かす強引な人事異動

    田中龍作

  7. 7

    菅政権攻勢 石破氏に出番あるか

    早川忠孝

  8. 8

    GoToで満室 観光協会が喜びの声

    山本博司

  9. 9

    憂いなく孤独死できる未来考えよ

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  10. 10

    都構想 不都合は語らぬ説明会

    柳本顕

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。