記事

まぼろしのオリンピックにならぬよう

 7月24日は当初の予定なら、東京オリンピックの開会式が挙行され、各競技が華やかに始まっている頃だ。しかし世界的なコロナウイルスの流行により、この3月には、オリンピック・パラリンピックの1年延期が発表された。

 我々はこれを聞いて落胆したが、出場するアスリートたちの気持ちの落ち込みは計り知れない。

 過去においてオリンピックの中止や不参加の事態もあった。1916年のベルリン大会は第一次世界大戦で中止、1940年の東京大会は日中戦争で中止、1944年のロンドン大会は第二次世界大戦で中止。

 また1980年のモスクワ大会は、ソ連のアフガニスタン侵攻で西側諸国が不参加、1984年のロサンゼルス大会はその意趣返しで東側諸国が不参加だった。これまでは全て戦争や紛争のために中止だったが、今回は初めて感染症の蔓延によるもので、延期も初めてだ。

 コロナウイルスの感染状況は、日本でも世界でも一時収まるかに見えたが、第二波と思われる拡大局面を迎えている。仮に日本が先行して収束しても、世界各国が収まらないと開催はできない。

 感染防止の切り札であるワクチン開発が待望されているが、果たしてオリンピックまでに間に合うかどうか、ギリギリの状況ではないだろうか。

 先日は久しぶりのIOC総会がリモートで行われた。あくまで来年7月を目指すが、その際には規模の縮小や、観客を減らす必要性などが話し合われた。半世紀ぶりのオリンピックを迎える訳だから、出来ればフルサイズで行って欲しいが、どのような形でも開催できるのであれば、一定の変更はやむを得ないと思う。

 あらゆる競技はアスリートのためにあるが、特にオリンピック・パラリンピックはアスリート・ファーストでなければならない。人類最大のビッグイベントだからこそ、多くのアスリートたちが人生を賭けて、命を賭けて競い合っている。

 4年に一度のチャンスがあるかないかによって、人生が狂うってしまうかも知れない。どんな形でもオリンピックは開かれるべきだし、練習環境を確保するためにも、ハイパフォーマンスセンターやナショナルトレーニングセンターを、出来る限り利用可能な状況にしておいて欲しい。

あわせて読みたい

「東京オリンピック・パラリンピック」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    日本人はナゼ「貧乏になったこと」に気が付かないのか?

    内藤忍

    06月21日 14:24

  2. 2

    劇場不発?小池百合子知事も「中止」選択は取らず 東京五輪の次なる焦点は観客の有無

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月22日 09:58

  3. 3

    リニア工事の遅れが必至となった静岡県知事選 利便性が県民に知られない残念さ

    赤池 まさあき

    06月22日 14:15

  4. 4

    リモート営業で絶対に使ってはいけないフレーズとその理由

    シェアーズカフェ・オンライン

    06月22日 08:31

  5. 5

    「児童手当無し、高校無償化も対象外」高所得者への"子育て罰ゲーム"が少子化を加速

    PRESIDENT Online

    06月22日 09:33

  6. 6

    年上の高齢男性から告白されるということについて

    紙屋高雪

    06月21日 09:11

  7. 7

    フェイク情報に騙されない教育とは:高校生の98%がネットで真偽を見誤る/米研究結果より

    ビッグイシュー・オンライン

    06月22日 08:18

  8. 8

    フランス人記者が菅首相の五輪めぐる答弁に憤り「私は日本国民のことを気にしている」

    ABEMA TIMES

    06月22日 10:32

  9. 9

    小川彩佳アナと離婚へ ベンチャー夫の呆れた一言「今からなら、遊んでも…」

    文春オンライン

    06月21日 19:30

  10. 10

    共同通信『慰安婦謝罪像、東京で展示を検討』 とんでもないことで許せぬ

    和田政宗

    06月21日 08:22

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。