記事
  • ロイター
  • 2020年07月27日 09:10 (配信日時 07月27日 10:21)

減収減益深刻も、1─3月期設備投資額は前年並み確保=法人企業統計確報

[東京 27日 ロイター] - 財務省が27日発表した2020年1─3月期の法人企業統計(金融業・保険業を除く)の確報によると、設備投資額は全産業で前年比0.1%増とかろうじて前年並みを確保し、2四半期ぶりに改善した。金額の水準としては、比較可能な2001年7─9月期以来、3番目の高さとなった。前期比でも3.6%増となり、3期ぶりの改善。減収減益が続く下でも、設備投資は非製造業を中心に底堅い動きが確認された。

当初発表段階では、回収期限が5月10日だっため新型コロナウイルス感染拡大の影響で回答率は61.4%にとどまっていたが、その後の追加回収により70.6%と通常並みの70%台を確保した。ただ、当初段階で回答できなかった企業の業績は芳しくなかったとみられ、売上高や設備投資の伸びは当初の調査より下方修正となった。

製造業の設備投資は同5.3%減と、2四半期連続で減少となった。輸送用機械と化学での設備投資が振るわず、いずれも2桁の減少となったことが響いた。財務省によると、輸送用機械は世界経済減速に伴う能力増加投資が減少しており、4四半期連続の減少。

一方で、業務用機械は4四半期連続の2桁増が続いている。さまざまな用途がある計測機械の増設、研究開発投資が増加していると財務省では説明している。

非製造業は2.9%増となり、2期ぶりの増加。不動産業で都市部のビル竣工や大型ビルの開発や情報通信業での増加が寄与した。ただ、リース業やサービス業での投資はさえなかった。

売上高、経常利益はいずれも減少。減収減益は昨年7─9月から継続している。製造業・非製造業ともに振るわず、特に、輸送用機械と生産用機械、また卸小売業やサービス業の悪化が目立つ。ただそうした中でも「設備投資は中長期的計画に基づき実行されるものもあり、底堅い動きとなった」(財務省)とみられる。

法人企業統計は四半期ごとに調査が行われ、資本金1000万円以上の法人企業が対象。

*統計の詳細は財務省HPでご覧になれます。

http://www.mof.go.jp/pri/reference/ssc/results/index.htm http://www.mof.go.jp/pri/reference/ssc/results/index.htm%E3%81%A7%E3%81%94%E8%A6%A7%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8C%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82

*詳細を追加しました

(中川泉 グラフ作成・編集:田中志保)

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    自民党総裁選をめぐる様々な立場からのネット番組 極端な内容に苦言

    石破茂

    09月25日 16:07

  2. 2

    レポート2枚? 立憲民主党の「アベノミクス検証」は単なる批判文書

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月25日 09:01

  3. 3

    官僚も経済界も「河野太郎首相だけは勘弁してくれ」と口を揃えるワケ

    PRESIDENT Online

    09月25日 14:37

  4. 4

    バブルは必ずはじける 中国不動産業者の破綻にみる危うさ 日本でも不労所得に高額課税を実現しよう

    猪野 亨

    09月25日 12:02

  5. 5

    韓国で出版された「慰安婦被害者はいない」とする著作

    諌山裕

    09月25日 09:34

  6. 6

    3時間のランチのために6時間かけて出かける理由

    内藤忍

    09月25日 11:26

  7. 7

    自民党総裁選の候補者討論 報ステとWBSの仕切りの差異は興味深かった

    NEWSポストセブン

    09月25日 18:24

  8. 8

    「自分だけのキャンプ場を持ちたい」コロナ禍で増える“山”購入 副業ビジネスに活用も

    ABEMA TIMES

    09月25日 15:53

  9. 9

    今の自民党でキングメーカーになり得るのは、安倍さんでも森さんでもない

    早川忠孝

    09月25日 16:46

  10. 10

    河野太郎氏が言及した原発問題「パンドラの箱」 核燃料サイクル事業が止められない事情

    宇佐美典也

    09月25日 12:14

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。