記事

コンテンツマーケティングでブランドはストーリーテラーになる

1/2
コンテンツマーケティング関連の記事を最近多く配信しているSEO Japan。今回は、ブランドがコンテンツをマーケティング活用することを念頭に、コンテンツマーケティングの歴史から参入障壁、メディアと非メディアの違い、残る課題、などなどコンテンツマーケティングに関する様々なトピックを簡潔にまとめた「コンテンツマーケティングを考えているブランドマーケッター」に参考になりそうな記事をどうぞ。 — SEO Japan

コンテンツマーケティングは簡単ではない。

過去12か月にわたって、私たちは、コンテンツマーケティングを得意とする組織とただ試合に出ているだけの組織を分けるいくつかの違いについて言及してきた。

以下の概要(パート1)は、私がOnline Marketing Summit 2012で行ったプレゼンテーションから抜粋したものだ。このプレゼンテーションの素晴らしい要約をしてくれたTopRankの人たちにも大きなエールを送リたい。

コンテンツマーケティングの歴史

コンテンツマーケティングは新しくない。それは何百年も存在している。企業のストーリーテリングの最初の例としては、John DeereのThe Furrow(註:米国で100年以上の歴史を持つ農家向けの情報誌)が評価されることが多い。John Deereは、John Deereの機材を売るためではなく、農家の人たちに新しい技術やどうすればもっと成功するビジネスオーナーになれるのかについて教育するために(つまり、コンテンツマーケティング)、The Furrowを活用した。コンテンツマーケティングの歴史に関するインフォグラフィック:

参入の障壁は消えた

コーポレート・パブリッシングの門としてかつて存在していた参入の際の3つの主な障壁があった。それらはもはや存在しないが、詳しいことがGet Content Get Customersの中で議論されている。その障壁には以下が含まれる:

  • コンテンツの承認―顧客に受け入れてもらい、あなたのコンテンツに関わってもらうために、あなたがWall Street Journalである必要はもはやないのだ。
  • 人材―過去には、大部分のジャーナリストは非メディアブランドで働くことに難色を示していた。それは、彼らの専門的職業を汚すものとして見られていたのだ。今日、ライターやエディターやジャーナリストは、文字通り全ての業界であなたが素晴らしいコンテンツを生み出す手助けをしている。今日得られる仕事の大部分は、従来のメディアの中ではなく、ブランド側にある。非メディアブランドで働くという汚点は、今も残ってはいるが、それほど強いものではない。
  • テクノロジー―今日では、ほぼゼロの投資で誰もがウェブでコンテンツを発行することができる。

メディアと非メディアブランドの違い

確かに、私たちは今、誰もがパブリッシャーである

メディアカンパニーによって作られたコンテンツとIntelやJohn DeereやLEGOのようなブランドによって作られたコンテンツを分けるものはたった1つしかない:お金がどこからやって来るかだ。

メディアカンパニーにとっては、コンテンツは有料コンテンツ販売(コンテンツの直接購入)や広告販売(新聞や雑誌で見られるように、作られたコンテンツに誰かが資金を出す)を介したコンテンツの制作から直接お金を稼ぐために作られる。

非メディアカンパニーにとって、コンテンツは、コンテンツから直接利益を得るためではなく、顧客を引き付けて維持することによる非直接的な利益のために作られる。

他のあらゆる点において、両方のタイプの会社におけるコンテンツ制作活動は一般的には同じだ。あなたが自分のフィールドの通常の競合相手と張り合っているのと同じように、非メディアブランドは、アテンションとリテンションにおいて従来メディアと張り合っているということを認識することが重要だ。

画像を見る

上のグラフを見ると分かるように(コンテンツマーケティンツ調査の詳細はこちら)、民間企業が、かつては従来のパブリッシャーのみに委ねられていた戦術に携わり、確かにメディアカンパニーになっている。

あわせて読みたい

「マーケティング」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  2. 2

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  3. 3

    iPhone12かProか...売り場で苦悩

    常見陽平

  4. 4

    コロナ禍も国内工場は異常な強さ

    PRESIDENT Online

  5. 5

    倉持由香 初の裸エプロンに感激

    倉持由香

  6. 6

    数字を捏造 都構想反対派の欺瞞

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    政府のデジタル化策は正しいのか

    山田太郎

  8. 8

    ベテランは業界にしがみつくな

    PRESIDENT Online

  9. 9

    のん巡る判決 文春はこう考える

    文春オンライン

  10. 10

    社民党分裂 背景に立民の左傾化

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。