記事

米ポルノ業界、撮影解禁のリスクと現場の悲痛な声

ポルノ女優のケイシー・カルバート(Photo by Gabe Ginsberg/Getty Images)

米カリフォルニア州では依然として新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染者数が増加中だが、7月第二週にはアナハイムのディズニーランド敷地内のショッピングエリアDowntown Disneyが正式に営業を再開した。そして同じ週、Raging Stallion Studioの『No-Tell Motel』の撮影セットも解禁になった。ここは主にポルノの撮影に使用されるスタジオだ。

「ここまでのところは、幸いにも万事順調です」。ロサンゼルスの撮影現場で、Falcon Entertainmentの制作運営副部長アダム・Q・ロビンソン氏はローリングストーン誌にこう語った。

業界全体が3カ月間活動を自粛した後、Falcon Entertainmentも多くのポルノビデオ制作会社とともに少しずつ撮影を再開した。先月、ロサンゼルス郡でメインストリームの制作スタジオに再開許可が出されたのを踏まえ、ポルノ業界を取りまとめる団体「表現の自由連合(FSC)」も自粛規制を解除した(カリフォルニア州での感染者数増加を受け、ギャビン・ニューサム州知事は経済再開を一部中断したが、この記事の執筆段階では映像撮影が規制対象に入るかどうかは未定)。

FSCの広報担当者マイク・スタビール氏はローリングストーン誌の電話取材に応え、団体としても撮影が安全だと考えているわけではなく、俳優にも可能であれば撮影スケジュールを延期するよう呼びかけている。活動自粛を解除したのもリスク削減を徹底させたいからに他ならない、と同氏は言う。

「経済的にやっていけるかどうか、という選択を迫られているフリーのプロデューサーが大勢いることは、我々も把握していました。我々も当初から、リスクを完全に排除することなどできないことをはっきりさせた上で、どうすればリスクを減らせるかというガイダンスを提供しようと考えていました」

先月撮影許可がおりたメインストリームの映像業界と同じように、FSCも俳優と撮影クルー向けに撮影現場でのマスク着用といったガイダンスや推奨規定を配布した(俳優はカメラの前ではマスクを着用しなくてもよい。売り上げに影響するからという理由もあるが、スタビール氏も認めているように、絡みのシーンではマスクをしても効果がないからだ。「すでに汗まみれで、相手とも近い距離にいますからね」)。

その上、俳優と撮影クルーは、撮影の24時間前にCOVID-19の検査を受けなくてはならない。性感染症検査の費用は俳優が負担するが、コロナウイルス検査の費用はおおむね制作会社側が負担している。

Falconではさらに、俳優がUberのような乗り合いサービスを利用して撮影現場に来ることを禁じ、検査で陰性と判明した後も会社側が用意したホテルで1泊させている。俳優のソーシャルメディアのアカウント・チェックまで行っているという。「おかしなことがないか確認するためです。

『たしか、ボブは週末出かけたんだったな』と把握するために」とロビンソン氏。

業界のガイドラインが示す「人数問題」

業界の主なガイドラインの一つに、撮影現場に入れる人数を少数の俳優とスタッフに限定する、というものがある。つまり制作会社にとっては、当面集団セックスは論外ということになる。

「今後の制作発注は、1組のカップルの基本的なセックスに徹することになるでしょうね」と、制作会社Brazzersの制作ディレクター、ライアン・キャッシュ氏も言う。彼の会社は現在撮影をしておらず、近々再開する予定もないそうだ。

アダルトストリーミングサービス「AdultTime」でコンテンツディレクターを務めるパトリックが言うには(本人の希望でファーストネームのみ)、同社では「複数の男女による絡み、大勢の人間が出演するスワッピングもの」を一時的に停止しているという。

特定の性行為、とくに唾液や尿などおびただしい量の体液が交わる行為を敬遠するプロデューサーも大勢出てくるだろう。キスでさえある程度注意が必要だ。「キスは究極の感染経路です」とスタビール氏も言う。「まさに我々も、キスを排除するよう推奨しました。対面接触を減らしましょう、という姿勢です」

だが危険度でいえば、キスが撮影中の他の行為と比べて特に危険だという意見に反対する声もある。アダルト女優兼監督のケイシー・カルバート氏は冷ややかにこう言う。

「私の意見を言わせていただければ、他人のものが中に挿入される以上、危険レベルはキスと同じですよ」

こうした理由から、「撮影現場に戻るのをためらう」俳優が大勢いるのは当然だ、とスタビール氏は言う。俳優たちがこぞってOnlyFansのような個人対応のソーシャルプラットフォームに活動の場を移している、というのもある。トップクラスの俳優にもなると、月に6ケタ近く稼いでいる。

「OnlyFansやFanCentroで知名度が上がれば、みなそこで満足して、戻っては来ません。(カリフォルニア州で)感染者が増加しているからなおさらです」 俳優の数が減ったことで、キャスティングには特有の問題が生まれた。「今は熟女ものの俳優を探すのが大変です」とカルバート氏は言う。

現時点での最大の難問は検査だ。アダルト業界の検査制度PASSに加盟しているクリニックの多くは、COVID-19の検査を行うことができない。そのため俳優や撮影クルーは、民営企業Talent Testing Service社(TTS)を利用することになる。

1回あたり35ドルと比較的安価で検査を受けられるが、一部のプロデューサーがローリングストーン誌に語ったところでは、TTS社は検査結果が出るまでに相当時間がかかる。その結果、俳優や撮影クルーの検査結果が予想以上に遅れ、撮影スケジュールも先延ばしされてしまう。

さらにTTS社はPASS制度に加盟していないため、一部の関係者の間では検査結果がきちんと報告されない、検査結果が正確でない、あるいは俳優が検査結果をごまかすといった懸念が持ち上がっている。

「そういった理由で、私も仕事をするのをためらっているんです」とカルバート氏も言う(ローリングストーン誌のコメント取材依頼に対し、TTS社からは返答を得られなかった)。

懸念していた陽性反応者、撮影の続行

自粛解除から数週間後の7月14日にFSCが発表した声明で、こうした懸念が正しかったことが証明された。PASS制度外のクリニックで検査を受けた俳優と撮影クルーの中に「少なくとも12人」のCOVID-19陽性反応者が出たが、検査結果が報告されなかったという情報が入ったためだ。

「今のところは正式な活動自粛を呼びかけるには至っていませんが、状況を調査しているところです。詳細が分かり次第、コミュニティに勧告を行うつもりです」とFSCは声明を発表したが、「我々としては、撮影が安全だとは考えていません」という姿勢もあらためて主張した。

FSCの声明発表後のコメント取材で、パトリックはCOVID-19の陽性反応者が出たというニュースに「非常に落ち着かない」としながらも、同社は現行の衛生安全対策を実施して撮影を継続するつもりだと語った。

「僕も状況に目を光らせて、様子を見ているところです」 ロビンソン氏いわく、Falconも撮影を継続する予定だそうだ。「今のところ計画変更はありません。ですが、非常に流動的な状況であることは理解しています。通達が出れば、いつでも制作を中断するつもりです」

アダルト業界2度目の活動自粛はまだ発表されていないものの、俳優やクルーが甚大な危険をおかしてまで撮影するかどうかはまた別の話だ。

ポルノ産業の大半が活動の拠点としているロサンゼルスや、もう一つの制作拠点フロリダを中心にCOVID-19の感染者がうなぎのぼりに増えるなか、ロックダウンで出費ばかりかさんでいた制作会社を除き、人々が撮影に二の足を踏む理由は山のようにある。

3~4カ月間まったく仕事がなかった後、プロデューサーが俳優やクルーに圧力をかけ、稼ぐためには危険に身をさらさねばならない状況になる可能性もある。業界トップクラスのカルバート氏でさえ、こうしたプレッシャーをひしひしと感じている。

「仕事をしなければ、他の人に取られるんじゃないかと感じています」と彼女は言った。

【画像】隔離中の変態たちに残された唯一の選択肢、バーチャル乱行パーティとは?(写真)

Translated by Akiko Kato

あわせて読みたい

「アダルトビデオ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国語だけ水有料表記 会社謝罪

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    病床使用100%超も「4月と違う」

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    枝野氏詭弁は安倍首相と変わらず

    田中龍作

  4. 4

    「土下座像」に韓国政府も不快感

    NEWSポストセブン

  5. 5

    インバウンド復活は2~3年必要か

    Chikirin

  6. 6

    ひろゆき氏 radikoの戦略に疑問

    ABEMA TIMES

  7. 7

    支離滅裂な安倍政権に高まる不信

    NEWSポストセブン

  8. 8

    2週間後危機の予想 なぜ外れるか

    永江一石

  9. 9

    PCRを巡る対立 政治思想と親和性

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    吉村知事 お盆自粛ならGoTo中止

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。