記事
  • 東龍

ブッフェなのに取りに行かない? 「新しい生活様式」に適応したホテル有名6店の工夫

1/2

[画像をブログで見る]

緊急事態宣言の解除から2ヶ月

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、安倍晋三首相が4月7日に発令した緊急事態宣言が、2020年5月25日に日本全国の都道府県で解除されました。

そこから2ヶ月が経過し、ほぼ全ての飲食店が通常営業を再開しています。ただ、落ち込んでいる外食需要や「新しい生活様式」への対応コストによって、通常営業だけでは経営が厳しい飲食店がほとんど。テイクアウトやデリバリーを組み合わせて何とかしようとしています。

多くの飲食店が動き始めていますが、ホテルのレストランやバーは再開に時間がかかりました。というのも、特に高級ホテルでは、ゲストに何かあっては大変であるからと慎重になっていたからです。

中でもホテルで人気となっているブッフェは「ダイヤモンド・プリンセス」のイメージもあって、再開までに時間を要しました。

7月に入ってからようやく、ほとんどのホテルがブッフェを再開しましたが、これまでと同じスタイルではありません。

中長期的なコロナ禍の対策として政府の専門家会議が提言した「新しい生活様式」に適応したブッフェになっているのです。

関連記事

ブッフェの醍醐味

まずブッフェについて改めて説明しておきましょう。

ブッフェとは、アラカルトやコースなどと同じように食事スタイルのひとつです。

アラカルトとは、自ら好きなものを選んで食事内容を決める方式で、選び方に特に決まりはありません。コースは、おまかせコースの場合には品数から内容まで全て料理人に委ね、プリフィックスコースであればおおまかな皿数は決まっているものの、その中でチョイスできる裁量があるスタイル。

そしてブッフェは、用意されているものを、ゲストが好きな時に好きなものを好きなように選んで食べられる形式です。

どれも食事の方法なので、どれがよいかは人によって好みが分かれるところ。

ブッフェの魅力は自分らしく食べられることです。おまかせコースのように料理人が自身のポテンシャルを最大限に発揮したクリエーションを一皿ずつ賞味していくのも楽しみであれば、自分のペースで選んで食べ進めていくのもまた一興となります。

ブッフェの本質とは、つまり、自身が主体となって能動的に食事をとることなのです。

感染の危険性

新型コロナウイルスの感染に関して、ブッフェで危惧されていることは大きく分けて次の通り。

料理やデザートを取るために、トングや菜箸、レードルやサーバが置かれています。他の料理と味が混ざらないようにするため、それぞれの料理やデザートごとに1つずつ用意されているものです。

同じ料理を取った人は同じトングを使うことになるので、多くの人が同じものに触れるということで感染が心配されます。

次に心配されているのが飛沫。ブッフェ台に様々なものが並べられていますが、ここに飛沫が飛んだらどうなるのか、という不安です。

温かいものは温かく、冷たいものは冷たくといった温度管理は、これまでも行われていました。これに加えて、蓋が付いた什器を使用するなどして飛沫を防止。ただ、サラダバーのような細かいアイテムを取るものになると、さすがに蓋を付けるのは難しくなってしまいます。

ただ補足しておくと、食べ物から感染したという例はまだありません。

最後はソーシャルディスタンス。ブッフェでは、歩いて料理を取りに行きます。通路ではまだしも、ブッフェ台には人が集まり、密接する可能性が生じるのです。人気の料理であれば、なおさらのこと。

ブッフェはいくつか不安をもたれています。しかし、それを払拭するべく「新しい生活様式」に対応した新しいブッフェが始まっているのです。

ヒルトン東京

撮影用のブッフェ台も用意して写真を撮る楽しさも/著者撮影

ヒルトン東京「マーブルラウンジ」はデザートブッフェの先駆けで、大きな行列ができることで有名。

7月1日から9月30日まで行われている「マリー・アントワネット スイーツ・オートクチュール 」で「新しい生活様式」に対応しました。

最初にアフタヌーンティースタンドがテーブルに配され、その後にワゴンでデザートが運ばれて来るという流れ。実演も行われており、ソーシャルディスタンスを守りながら並び、デザートを目の前で作ってもらえます。

208席から160席に縮小し、スタッフはマスクと 手袋を着用。入店時に消毒を促したり、スイーツの詳細を確認できるQRコードが用意されたりしています。

撮影用のブッフェ台もあるので写真を撮る楽しみも失われていません。

ホテルニューオータニ

ブッフェ台は一方通行。トングやスプーンは1人1つを使用/著者撮影

高級ブッフェのホテルニューオータニ「VIEW & DINING THE SKY」は7月10日ディナーから営業を再開しました。テーマの「Design your own buffet」通り、ブッフェの醍醐味を残しながら「新しい生活様式」に適応。

186席から109席に縮小し、ランチとディナーは30分ずつずらした4部制になりました。入店時に検温や手指の消毒を行い、テーブル以外でのマスク着用を促して紙製のマスクケースも用意。スタッフを配置し一方通行となるよう誘導しています。

大皿から取り分けるスプーンやトングは1人につき1つが渡され、寿司や鉄板焼は従来通り実演で、できたてを食べられます。個室の人数を制限し、ドリンクメニューはQRコードで読み取るようになっています。

ANAインターコンチネンタルホテル東京

最初にティースタンドで全体の半数のスイーツが運ばれて来る(写真は全種類)/著者撮影

ANAインターコンチネンタルホテル東京「シャンパン・バー」では7月1日から10月31日まで毎年好評の抹茶スイーツブッフェが行われています。

今年は「抹茶プライベートブッフェ」と題して「新しい生活様式」に対応。席数は約半数に減らして距離を保つようにしました。

最初に全体の半数に当たる12種類のスイーツが1つずつ盛り付けられたティースタンドが提供されます。その後はスタッフが各テーブルを回り、セイボリーやその他のスイーツを順番に運んで来てくれるので、好きなものを選べばよいです。ドリンクも自由に飲め、スタッフに伝えればサーブしてもらえます。

品川プリンスホテル

名物のカニもワゴンによるサービスに/著者撮影

品川プリンスホテル「リュクス ダイニング ハプナ」は1994年のオープンから累計約2000万人が訪れたブッフェレストラン。7月15日からディナー営業を再開しました。

403席から270席へと減らしてテーブル間隔を保ち、ゲストの入店時に検温と手指の消毒を実施。テーブルに消毒液を設置し、ゲストの入れ替え時にはテーブル、イス、備品を消毒します。

料理の提供スタイルは全てワゴンでのサービスに。オードブル、和食、洋食、中国料理、カニ、スイーツといったワゴンがテーブルを回り、食べたいものをサーブしてもらえます。

和食であれば着物、中国料理であればチャイナドレスというように、コスチュームを着用しているので、遠くからでも何のワゴンであるかわかるようになっているのはユニークです。

あわせて読みたい

「グルメ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国語だけ水有料表記 会社謝罪

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    病床使用100%超も「4月と違う」

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    枝野氏詭弁は安倍首相と変わらず

    田中龍作

  4. 4

    「土下座像」に韓国政府も不快感

    NEWSポストセブン

  5. 5

    インバウンド復活は2~3年必要か

    Chikirin

  6. 6

    ひろゆき氏 radikoの戦略に疑問

    ABEMA TIMES

  7. 7

    支離滅裂な安倍政権に高まる不信

    NEWSポストセブン

  8. 8

    2週間後危機の予想 なぜ外れるか

    永江一石

  9. 9

    PCRを巡る対立 政治思想と親和性

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    吉村知事 お盆自粛ならGoTo中止

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。