記事

野党は臨時国会召集を要求すべき

安倍首相は自らの無策がもたらした新型コロナウイルスの感染拡大によって世間がどんなに混乱しようとも、現実に真剣に向かい合う気がないようだ。相変わらず記者会見は開かないし、連休中も私邸に籠るか官邸に一時間ほど出向いて関係者を集めて「やったふりをする」ことを繰り返している。

国民のことを考えない安倍首相は、勝てそうだと思ったら解散総選挙をやるだろうし、負けそうだと思ったら臨時国会さえ開かずにひたすらマスコミや野党から逃げるかもしれない。そうしたらあなたがやりたがっていた憲法改正はどうなるのと言いたいが、彼にとってはそのためにマスコミや国民一般に自分の考えを述べる作業はもはや面倒くさいのでやりたくないとさえ思っているのかもしれない。

安倍首相のような説明責任(アカウンタビリティ)のかけらもない人物は、民主主義国家のリーダーとしては全く持って不適切なので、一刻も早く退陣してほしい。

さて、プレッシャーをかけなければ安倍首相は何もやらないのだから我々はプレッシャーをかけ続けなければならない。特に野党は、コロナ特措法の改正を審議するという理由で憲法53条に基づく召集要求を提出すべきだ。また、恣意的な衆議院解散による政治の私物化をこれ以上避けるために、首相の解散権の制約は議論されるべきであり、野党はイギリスの「議会任期固定法」のような法律の制定が現行憲法内でも可能かどうか早急に検討すべきだ。

議会任期固定法は「内閣不信任決議の可決、または庶民院(下院)で3分の2以上の多数で解散を決議した場合は、任期満了前に解散・総選挙が実施できる」というものであるが、「庶民院で3分の2以上の多数」という規定が法律を骨抜きにさせているという批判も聞かれる。

いずれにせよ、内閣総理大臣が解散権を行使できるとは憲法に明示されていない上に、恣意的な衆議院解散による政権の永続化は憲法の精神に合致するものではないため、野党は首相の解散権行使を制約するための法制度の作成を早急に検討すべきだ。もしそれが現行憲法下でも可能であるならば、臨時国会が召集された場合は議員立法を提出すべきだ。

あわせて読みたい

「安倍晋三」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    周庭氏連行の瞬間を捉えた写真

    田中龍作

  2. 2

    国民より首相 自民の真意が如実

    やまもといちろう

  3. 3

    イソジン会見 同席医師に違和感

    三田次郎

  4. 4

    うがい薬買い占めた高齢者を直撃

    NEWSポストセブン

  5. 5

    うがい薬問題 誤解の連鎖に呆れ

    青山まさゆき

  6. 6

    コロナ致死率は世界的に低下か

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    離島で初の死者 沖縄で3人が死亡

    ABEMA TIMES

  8. 8

    TikTok巡る報復 Appleらに打撃も

    飯田香織

  9. 9

    れいわはN国党に助言を請うべき?

    早川忠孝

  10. 10

    舛添氏 利権で動く専門家に苦言

    舛添要一

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。