記事

八村塁が外出自粛期間中にファイナンスを勉強し始めた理由【コロナ禍のアスリート】

1/2
Licensed by Getty Images

約1年の延期が決まった東京五輪。本連載では、まだまだ先行きが見えないなかでメダルを目指すアスリートの思考や、大会開催に向けての舞台裏を追う。

収入は1450万ドル(約15億5000万円)と推定

外出自粛期間に体重が10ポンド(約4・5キロ)増えた。本業ではないファイナンスの勉強に取り組むことも決めた。NBAウィザーズのドラフト1巡目ルーキー八村塁(22)はコロナ禍によるリーグ中断期間を有効活用し「今までこういう時間を作ることができなかったので、いろいろ学べた。将来的に何をする必要があるかを見据えて、時間を無駄にせずに使えた」と胸を張った。

3月11日からNBAが中断に入ると、八村はチームの用意した練習拠点で肉体改造に着手した。ウエートトレーニング中心のメニューで体を鍛え「体重も増えて、体つきも大きくなったと言われる」とパワーアップに成功。ブルックス監督からも「塁はここ4ヵ月で間違いなく体が強くなった。体重は増えたが、動きに影響はない」と太鼓判を押された。

5月中旬に体育館での練習が解禁されると、課題である外からのシュートを特訓。中断前の3点シュート成功率は27・4%(73本中20本成功)に低迷したが「3点シュートは自信を持って打てるようになった。ミドルレンジからのシュート、ボールハンドリングなども練習した」と充実の時間を過ごした。

コーチ陣と一緒に中断前までの試合の映像もチェックし、自身の長所や修正点などを確認した。今季の八村は41試合に出場し、1試合平均13.4得点6リバウンドを記録。約2ヵ月の故障離脱期間を除き、主力としてプレーした。「これまでNBAの試合を見る機会がなかったので、今までにないことを学べた」と頭のトレーニングにも余念はない。

あわせて読みたい

「八村塁」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    文在寅氏辞任で日韓関係は改善か

    PRESIDENT Online

  2. 2

    コロナにビビリすぎ GoTo楽しめ

    毒蝮三太夫

  3. 3

    マイナンバーの普及を妨げる元凶

    Chikirin

  4. 4

    独に慰安婦像「決して許されぬ」

    城内実

  5. 5

    古舘氏が語る報ステ時代の反省点

    ABEMA TIMES

  6. 6

    YouTuberが伊勢谷に突撃し連行

    女性自身

  7. 7

    政権を取る気がなさそうな枝野氏

    鈴木しんじ

  8. 8

    在宅の社員をオフィスに戻す方法

    鎌田 傳

  9. 9

    韓国20代男性の6割「女性憎い」

    PRESIDENT Online

  10. 10

    杉田水脈氏の問題発言 目的考察

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。