記事

小さな奇跡といばらの道

 昨日9月26日に実施された自民党総裁選では、40年ぶりの決選投票の結果、応援していた安倍晋三元総理が逆転で2度目の総裁の座を射止めました。

 午前中、党員投票の情報が続々と入ってきたのですが、特に安倍選挙対策本部のメンバー議員のいない県を中心に(いる県でも)石破候補が大きく他候補をリードし、さすが予算委員会や遊説などのご活躍が幅広い評価を得ているなと感じ入りました。
 私の地元埼玉県でも、安倍候補の党員得票数は3,714票だったのに対し、石破候補は7,099票でした。

 ただし、トータルとしては安倍候補14万票、石破候補23万票で、安倍候補の党員得票数は石破候補の6割強という結果でした。
 安倍元総理があのような辞任の仕方をしてから間がなく、しかも保守合同後二度総裁を務めた経験のある人物はなく、半年前には全く下馬評に名前すら出なかったのにここまで健闘するというのは、まさしく安倍元総理の覚悟と経験、日本の危機的な状況が党員の方々の心に響いたということだと思うのです。

 一方、一緒に仕事をして各候補についてよく知っている同僚議員の評価は分かれました。最初は石原候補が58票とトップ。安倍候補は54票でした。ベテラン議員の支援を受けた石原陣営が猛烈な働きかけをしたとも報じられています。石破候補は34票でした。

 党員票は国政選挙のドント式に従って300票に圧縮・比例配分され、(ただしこうすると各都道府県で実際の票より多数得票者が有利な数字が出る傾向があります)石破165、安倍87、石原38という結果でした。
 議員票と党員票が全く逆の順位となったということは、私たちの感覚をきちんと反省しなければいけないことの現れかもしれません。もっとも、上位二者による決選投票は安倍108対石破89と、1回目の得票差が1縮まったことからして、議員もそれなりにバランス感覚を発揮したものと考えられます。

 ただ、私はやはりこの欄で書いたとおり、経験と官僚の掌握の手腕、ぶれない国家観、挫折を踏まえた悲壮な覚悟、街頭演説の際の人気などを総合的に考え、安倍候補を最後まで応援し続けました。

 この判断が党員や国民に納得してもらえるよう、新総裁には大いなるリーダーシップのもと、運営・組織を含めて党の体制の立て直しを行い、明確な政策ビジョンを示して毅然と与党に対峙し、国益のため一刻も早い解散を求めていって欲しいと思います。私も全力で支える覚悟です。

あわせて読みたい

「安倍晋三」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    原宿の竹下通りが「地方都市のシャッター商店街化」の衝撃

    内藤忍

    05月06日 16:17

  2. 2

    変異株で感染の閾値が低下した 緊急事態宣言延長は仕方ないか 橋下さんと岩田先生の交わりのない議論を聞いて 責任ない批判は簡単

    中村ゆきつぐ

    05月06日 08:21

  3. 3

    橋下氏「緊急事態のためにも憲法改正をすべきだが、今の政治家には恐ろしくて任せられない」

    ABEMA TIMES

    05月06日 11:47

  4. 4

    渋野日向子 海外挑戦で欠場も“罰金100万円”規定に相次ぐ疑問の声

    女性自身

    05月06日 10:09

  5. 5

    「経済優先で人は何を失うのか」 失踪外国人を通し日本を描く映画『海辺の彼女たち』

    清水駿貴

    05月06日 11:36

  6. 6

    小池百合子知事は東京オリンピック開催中止を進言できるか トップに立つ者の責任

    猪野 亨

    05月06日 08:46

  7. 7

    コロナ感染止まらず・・緊急事態宣言延長へ、どうする東京五輪

    舛添要一

    05月06日 09:05

  8. 8

    ワクチン接種は1日67万人ペースでないと年内に終わらない

    諌山裕

    05月06日 13:46

  9. 9

    中国で大食い動画に罰金160万円の衝撃! 日本も検討するべき5つの理由

    東龍

    05月06日 19:22

  10. 10

    緊急事態宣言を31日まで延長の方針、愛知・福岡も追加指定へ 政府

    ABEMA TIMES

    05月06日 21:04

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。