記事

『半沢直樹』には角田晃広が出演! 20年前、芸人の俳優業進出を切り開いた“あの名脇役” なぜ芸人はドラマ界から求められるのか? - ラリー遠田

1/2

 7年ぶりの続編となるドラマ『半沢直樹』(TBS系)の初回が7月19日に放送された。社会現象になるほどの大ヒットドラマの続編ということもあって、注目が集まっている。

【画像】20年前、名脇役として人気ドラマに出演した“俳優芸人”

 そのドラマの中で、主人公の半沢直樹と共に東京中央銀行から東京セントラル証券へ出向させられた三木重行という男を演じているのが、東京03の角田晃広だ。普段からコントでもサラリーマン役を演じることが多い角田は、スーツが似合っていて演技にも違和感がない。


ドラマ『半沢直樹』の出演者(2013年) ©共同通信社

 近年、角田以外にも芸人が俳優業に進出する事例が相次いでいる。今ではテレビドラマに芸人がキャスティングされるのは当たり前のことになり、見る側がそれに違和感を覚えることもなくなった。なぜ芸人が続々とドラマに出るようになったのだろうか。

ビートたけしや明石家さんまが築いた道

 もともとは芸人が芝居をしたり、ドラマや映画に出たりするのはそれほど珍しいことではなかった。喜劇的な物語の中で役柄を演じる人は「喜劇役者」「喜劇俳優」などと呼ばれることが多かった。

 最近の「お笑い芸人」は、漫才、コント、ピン芸などのうちいずれかの芸を専門にしていて、テレビでもタレントとして活動していることが多い。そういう新しいタイプの芸人が本格的に俳優業に進出し始めたのは、恐らくビートたけしや明石家さんまの頃だろう。

 たけしは1983年に大島渚監督の映画『戦場のメリークリスマス』に出演して話題になった。さんまは1986年放送の『男女7人夏物語』で主演を務めた。バラエティの最前線で人気を博していた芸人が、コメディタッチではないドラマに出演するのは異例のことであり、『男女7人夏物語』は続編が作られるほどの大ヒットを記録した。

『古畑任三郎』に出演した“あの芸人”

 その後、バラエティ畑の若手芸人が本格的に俳優業になだれ込むきっかけの1つとなったのは、当時アリtoキリギリスというコンビを組んでいた石井正則が、脚本家の三谷幸喜に抜擢されて、人気ドラマの『古畑任三郎』の第3シーズン(1999年)から出演したことではないかと思う。

 石井はその後コンビを解散し、現在では俳優業を中心に活動している。この時期から少しずつドラマで芸人を起用する動きが活発になっていった。

 なぜ芸人が俳優としてそれほど重宝されるのか。起用する側の心理を紐解いてみると、そもそも芸人は演技が上手いから、ということが真っ先に挙げられる。

コントでは「脚本・演出」も兼ねている

 芸人は普段からコントで役柄を演じている。コントでは、普通の芝居よりも短い尺で状況や心理を伝えなくてはいけないし、もちろん笑いも起こさなくてはいけない。

 コントとは演劇の時間をギュッと凝縮したようなものだ。そこには特別な表現力が求められる。だからこそ、コントができる芸人は演技も上手い人が多い。

 また、芸人の多くは自分たちでネタを考えている。これは芝居の世界で言えば、演じ手と脚本と演出を兼ねているようなものだ。芸人は脚本を書いたり演出をしたりする側の心理も知り尽くしている。だから、俳優として自分がそこに合わせることにも抵抗がない。

あわせて読みたい

「お笑い芸人」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoToで客殺到 高級ホテル避けよ

    内藤忍

  2. 2

    枝野氏は共産党と組む覚悟が必要

    毒蝮三太夫

  3. 3

    「時代劇」半沢直樹を楽しむ方法

    大関暁夫

  4. 4

    枝野氏のデジタル化批判は的外れ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    風俗に「堕ちる」女性たちの事情

    NEWSポストセブン

  6. 6

    「酷くなる」望月氏が菅政権危惧

    たかまつなな

  7. 7

    靖国参拝は「韓国への迎合不要」

    深谷隆司

  8. 8

    児嶋一哉 半沢俳優陣はバケもん

    マイナビニュース

  9. 9

    芸能界で続く謎の自殺 ケア急げ

    渡邉裕二

  10. 10

    貧乳OK巨乳NG 仏美術館で騒動に

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。