記事

新生TOKIOで『ザ!鉄腕!DASH!!』は「加速・拡大していく」 島田統轄Pが抱く期待

2/2

○■胸を張って5人の歴史をつないでいく

――ロケがメインの『ザ!鉄腕!DASH!!』にとって、コロナは大きなピンチだと思うのですが、例えば福島での田植えができなくなっても、「自宅で稲を育てよう」と、TOKIOさんから提案される姿などを見ていると、ただ番組に出演しているのとは違うなと、あらためて感じますね。

田植えに関しては、やっぱり東日本大震災があって原発の事故があって、福島のDASH村ができなくなってしまった後、一緒にやっていた三瓶明雄さんや仲間の農家さんが「他の場所でもやれるぞ!」と背中を押してくれた経験があったので、今回も「どうにかやってやろう!」という前向きな考え方をTOKIOも発信してくれたし、もちろん僕らスタッフもそういう気持ちでした。

震災もあったし、急に出演者がいなくなるという経験もありましたから、僕らトラブルにはめちゃくちゃ強いんですよ(笑)。だから、今回のコロナの件なんて、屁でもないと思ってるんです。ちょっとやそっとじゃへこたれませんから。

――その山口達也さんが脱退した後も、オープニングタイトルは5人が駆け寄ってくるCGのままですよね。

5人で作り上げた番組で、5人でやってきたことが僕らの宝物なので、胸を張ってその歴史をつないでいこうと思ってます。よく、過去のVTRで達也さんを映さないように加工してるとかイジワル言われるんですけど、それはもう一般人になっているからというOA上の配慮をしているだけで。よーく見ると、ヒョッコリ映ってますから(笑)

隠すことなんて何もないんです。僕らとTOKIOの5人は、今までもこれからも公私ともに仲間だし、一緒にやってきたことを生かしながら、新たな仲間も巻き込んで冒険しよう!っていう気持ちが、あのオープニングタイトルに入ってるんです。

●株式会社TOKIOと目指す未来は一致

――来年4月から長瀬智也さんが抜けて、TOKIOさんは新たな形になりますが、『ザ!鉄腕!DASH!!』は揺るがないと。

はい(笑)、むしろさらに加速・拡大していく予感がします。長瀬くんも「株式会社TOKIO」の3人も、自分の手で新しい物を作って世の中をビックリさせるぜ!って姿勢は全く同じ。それは“DASHイズム”そのものなんですよ。個人的には、長瀬智也がメディアには出してない才能豊かな一面や、興味ある分野を貪欲に掘っていく超マニアックな姿勢を10年以上近くで見てきたので、「裏方・長瀬」が来年から何を生み出すのか、メチャメチャ楽しみです。

――残るメンバーで設立される「株式会社TOKIO」は、ファーム作りという事業も構想されていますが、『ザ!鉄腕!DASH!!』としても、大きな役割を果たすことになるのではないでしょうか。

「株式会社TOKIO」の3人が企んでる壮大な野望と、僕らが『鉄腕DASH』で目指している未来は、ピッタリ一致してると思います。たぶん(笑)。だから今後も、この番組が彼らにとっての基地であり、プロジェクトを打ち出す発射台みたいな役割になっていきます。地上波のテレビから飛び出して、皆さんと良い意味で「濃厚接触」できるところまで近づきたいですね。

○■来年で震災10年…福島への恩返しを準備中

――「2025年に30周年スペシャルを日曜7時で放送する」という目標を掲げていらっしゃいますが、引き続きそれに向かって走り続けるということですね。

みんな年齢も重ねてきたし、新しい若手の仲間も入ってくれていますからね。松岡(昌宏)くんが「目指すは『笑点』。大喜利メンバーに新しい世代が加わって、圓楽さんや歌丸さんや木久扇さんが年を重ねて役割が変わっても、変わらずずっと面白い。『鉄腕DASH』もそうありたい」という話をしてくれて、まさにその通りと思ったんです。

TOKIOは知識も経験も豊かになり、いまや「達人」の域に入りかけてるけど、その分、体はムチャできなくなっている。だから、新しい仲間を巻き込みながらTOKIOと一緒に冒険を続けていく番組にして、日曜7時にずっと皆さんに愛してもらえたらなと思います。

――福島DASH村の復興という思いも、将来的には見据えていますか?

まずは来年、ちょうど震災から10年なんですよ。DASH村がある場所は今も入れないんですけど、徐々に近くの地域は制限が解除されて人が戻ることができるようになっているんです。だから、DASH村ピンポイントでなくても、戻れるようになった福島のあの地域に対して、恩を返せるような企画や挑戦をしようって、TOKIOと熱い議論を交わしながらコツコツ準備中です。

●島田総一郎1975年生まれ、埼玉県出身。早稲田大学第一文学部卒業後、99年に日本テレビ放送網入社。番組制作部門に配属され、『雷波少年』『ラジかる!!』『あの人は今!?』『日本史サスペンス劇場』などのディレクターを担当し、現在は『ZIP!』『ザ!鉄腕!DASH!!』『幸せ!ボンビーガール』『50日間で女性の顔は変わるのか?』の統轄プロデューサー。

あわせて読みたい

「TOKIO」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  2. 2

    岡村隆史の結婚でNHKは一安心?

    渡邉裕二

  3. 3

    橋下徹氏 毎日新聞は訂正すべき

    橋下徹

  4. 4

    ひろゆき氏が日本の日付管理評価

    西村博之/ひろゆき

  5. 5

    北野武 死の「理由」憶測に持論

    NEWSポストセブン

  6. 6

    わかりやすさ求めるメディアの罪

    村上 隆則

  7. 7

    環境政策で野党のお株奪う菅首相

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    高齢者の命守る のどちんこ鍛錬

    毒蝮三太夫

  9. 9

    陽性者数報道がコロナ拡大抑制か

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    「石原さとみ夫=一般人」に不満?

    いいんちょ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。