記事

新生TOKIOで『ザ!鉄腕!DASH!!』は「加速・拡大していく」 島田統轄Pが抱く期待

1/2

●「僕らと5人は、これからも公私ともに仲間」

今月22日、アイドルグループ・TOKIOの長瀬智也が来年3月末でジャニーズ事務所を退所し、残る城島茂、国分太一、松岡昌宏がジャニーズグループの関連会社「株式会社TOKIO」を設立すると発表された。CDデビューから26年での大きな決断に衝撃が走ったが、彼らが1つの番組を超えた存在として取り組んできた日本テレビ系バラエティ番組『ザ!鉄腕!DASH!!』(毎週日曜19:00~)は、どうなっていくのか。

同番組で長年メンバーと接してきた日本テレビの島田総一郎統轄プロデューサーに、TOKIOの番組に臨む姿勢や、新生TOKIOとともに歩んでいく今後の期待などを聞いた――。

『ザ!鉄腕!DASH!!』 (C)NTV

○■城島茂が言った「生きることそのもの」

――『ザ!鉄腕!DASH!!』は2008年からご担当されているということですが、ディレクターとして入られたのですか?

それがプロデューサーなんです。ずっとバラエティのディレクターをやっていたんですが、ある日突然上司から小部屋に呼ばれて、「『ザ!鉄腕!DASH!!』をやってほしい。プロデューサーで」と言われて、「えっ!?」と思って。プロデューサーなんてやったことなくて、お金の勘定も何も分からないまま、その感覚でずっと今まできちゃってる感じです(笑)

――TOKIOさんとお仕事をするのは、その時が初めてだったのですか?

はい。全くの「はじめまして」でしたね。

――TOKIOさんの『ザ!鉄腕!DASH!!』への臨み方は、本当にテレビ番組の枠を超えた印象を受けます。

そうですね、そこはすごくありがたいなと思います。昔、リーダー(城島茂)と2人、DASH島の海辺を夕日を浴びながら歩いていたら、急に「『鉄腕DASH』って、僕にとって仕事ではないんですよね」と言ってきて…。「わ!この人、急にカッコつけだした」と思ったんですけど、「じゃ、仕事ではなく何すか?」と聞いたら、すごくキメた表情で振り返って「生きること、そのものなんですよね」って(笑)

その時は「何言ってんの?」って思ったんですけど、よくよく考えるとたしかにその通りで。だって、メイクさんもスタイリストさんもいなくて、朝起きてそのままの格好でみんな現場に来て、台本も打ち合わせもないまま「さぁやるぞー!!」って作業が始まる。放送で使われるのか分からないままやってたりもするので、放送を見て「あれって放送で使ったんだね」って言ってくるメンバーもいたりして(笑)

でも、あらためてリーダーの「生きることそのもの」という言葉が、TOKIOの『ザ!鉄腕!DASH!!』に対しての姿勢をすごく表しているなと思って。そこから僕もこの番組に関しては、一切仕事としてカウントしてないです。僕も「生きることそのもの」としてやっているので、たぶん起きているほとんどの時間、『ザ!鉄腕!DASH!!』のことを考えてますね。

あわせて読みたい

「TOKIO」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    立場の異なる人々を「情弱」「低所得」とレッテル貼りするリベラルの黄昏

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    01月29日 11:06

  2. 2

    NHKスペシャル「オミクロン株 “第6波の行方”」はテレビ報道の真骨頂

    WEDGE Infinity

    01月29日 10:41

  3. 3

    ヒトラー発言で謝罪せず開き直る菅直人氏 人間味のない対応が立民の敗因の一つに

    鈴木宗男

    01月29日 09:50

  4. 4

    国民からの批判恐れてる?「提案型」にこだわる野党に存在意義は全く感じられない

    石破茂

    01月29日 09:10

  5. 5

    3回目はファイザーにすべき?それともモデルナ? 河野氏「種類より早く打つこと」

    河野太郎

    01月29日 09:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。