記事

安倍総理誕生で脱原発運動はどうなる? 維新の会、民主党は?

  • 脱原発派受難の始まり

  •  世論調査では多数派と言われている脱原発派だが、これからは受難の始まりだろう。今後、安倍総理のいる総理官邸で野田総理と同じようなデモができるであろうか?ある意味官邸前デモは積極的な支持者がいない野田政権だからできたという側面は否めない。

     安倍総理の誕生を期待する国民の中で、実際に積極的な原発推進派が多い訳ではなく、今までは脱原発派が民主党政権を潰してくれるのは好都合であったので高みの見物で眺めていただけだ。脱原発派が安倍総理を批判し始めたら、彼らは脱原発派を明確に敵視して攻撃し始めるであろう。

     実際には、どちらかと言えば脱原発と答えていた国民の中でも、原発問題より領土問題の方を重視する人も多い。こういった国民が安倍政権を支持し、脱原発の方向性を支持しながらも、安倍総理を攻撃する脱原発デモに嫌悪感を抱き一線を画す、結果的に脱原発を支持する国民の割合が低下してゆく可能性がある。

  • 差別化戦略が難しくなった橋下維新

  •  本来、安倍氏に近いとされてきた橋下氏だが、安倍総裁誕生で自民党と戦いにくくなる。総選挙では自民党候補が最有力なる選挙区が多いと考えられ、維新が選挙で勝つには民主党批判をしていてもダメで、自民党を批判して票を奪わなければならない。橋下氏が安倍氏を評価している以上、戦いにくくなった。

     また、これまで維新を評価してきた人の中には、保守主義的な政策を評価していた人も多い。当然、安倍さんが総裁なら自民党を支持するという流れも出てこよう。

     最近、思いつきのような外交・安全保障政策をつぶやいて、懐疑的な見方も広がっている橋下維新にとって、安倍総裁の誕生は支持率急落の引き金になりかねない。

  • それでも民主党の下野は変わらない。

  •  安倍総理誕生前提の話をしているが、民主党の下野は変わらないという予想からだ。民主党の中では、安倍総裁の誕生を歓迎する向きもあるようだ。ただ、あくまでも安倍総裁の右派路線を嫌悪する穏健保守層へアプローチするという選択肢ができただけで、その戦略が奏功しても、多少負けを少なくできる程度の効果しかないだろう。

     自民党は議員後援会の集合体のような政党で、たとえ安倍総裁が誕生しても候補者が差し替えられて党の体質が急変する訳ではない。多くの選挙区には昔からの馴染みの議員がおり、実際に穏健な保守層があえて自民党を回避して民主党に投票するという流れは限定的と考えるべきだろう。

    あわせて読みたい

    「ポスト谷垣」の記事一覧へ

    トピックス

    ランキング

    1. 1

      話通じぬ韓国に「もう駄目かも」

      やまもといちろう

    2. 2

      「韓国は中露の標的に」北が予言

      高英起

    3. 3

      米朝首脳から無視され始めた韓国

      早川忠孝

    4. 4

      米にも露呈した文大統領の異質性

      木走正水(きばしりまさみず)

    5. 5

      山本太郎氏は都知事選に出るべき

      音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    6. 6

      「嘘の天国」韓国本が自国を批判

      高英起

    7. 7

      権力叩く朝日が生むマスコミ不信

      fujipon

    8. 8

      原発なくとも東電の電力は余裕

      かさこ

    9. 9

      日本の姿勢では改善せぬ日韓関係

      柚木道義

    10. 10

      韓国が教科書から漢江の奇跡削除

      SmartFLASH

    ランキング一覧

    ログイン

    ログインするアカウントをお選びください。
    以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

    コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

    ※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。