記事

40代主婦「コロナ脳の夫が"免疫をあげる"と毎晩、宅配焼き鳥を注文。離婚も検討」

1/2

焼き鳥地獄とはまさにこのことだ

「コロナ離婚という言葉が何度も頭をよぎりました」

まさか1本の焼き鳥がこんな事態を招くとは……。
まさか1本の焼き鳥がこんな事態を招くとは……。(PIXTA=写真)

そう話すのは40代の主婦、木島美幸さん(仮名)。現在、夫の亮太さん(仮名)と娘1人の3人で都内に暮らしている。

「夫はいわゆる公務員で、2020年3月から在宅勤務に切り替わりました。夫は使命感が強いんです。『模範になれるよう自粛に徹する』って、家を出ようとしなくなりました。まあ家にいるだけなら病気を持ち込まれないので嬉しいんですけど……」と美幸さんは苦笑する。

「ただ、家にいると何かと目につくらしくて、家事に口を出すようになりました。普段どおりなのに『ティッシュ、トイレットペーパーの減りが速い!』とか『お菓子買いすぎだろ!』とか。まるで姑のようなツッコミの嵐。正直、在宅3日目には早く働きに行ってほしいという気持ちでいっぱいでした」

現在は亮太さんが週3日出勤になり、家で顔を突き合わすことでのストレスは軽減されたという。しかし、新たな受難が美幸さんを待ち受けていた。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    飲食店の酒提供に対し小刻みな制限をかける小池都知事 科学的根拠はあるのか

    深谷隆司

    06月20日 16:18

  2. 2

    【驚愕】自民党系の横浜市長選候補者がカジノ反対へ

    木曽崇

    06月20日 11:57

  3. 3

    やはり世代交代ですね。小此木さんの横浜市長選挙への転進にエールを送る

    早川忠孝

    06月20日 17:30

  4. 4

    戦争映画としての「閃光のハサウェイ」

    諌山裕

    06月20日 09:58

  5. 5

    元トップAV女優・上原亜衣が語る“身バレの現実”と“動画戦略”

    文春オンライン

    06月20日 16:01

  6. 6

    タワマンの高層階ばかりを移り住む「空中族」 高値売り抜けはそろそろ手仕舞いか

    NEWSポストセブン

    06月20日 09:50

  7. 7

    容姿いじりには「感謝しながら傷ついていた」…青木さやか(48)が語る、00年代の女芸人の“難しさ” 青木さやかさんインタビュー #2 - 西澤 千央

    文春オンライン

    06月20日 13:30

  8. 8

    山手線が全線で運転再開

    ABEMA TIMES

    06月20日 22:24

  9. 9

    『閃光のハサウェイ』ヒロインの作画が驚異的! とにかく丁寧に作られた映画だった

    キャリコネニュース

    06月20日 14:29

  10. 10

    白血病の新たな薬 新たなプレイヤーで不可能が可能に それはしっかりしたエビデンス コロナのイベルメクチン等にはまだそれがない

    中村ゆきつぐ

    06月20日 08:22

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。