記事
  • ロイター
  • 2020年07月25日 05:20 (配信日時 07月25日 05:17)

米大統領選への海外干渉に警戒を、情報当局が呼び掛け

[ワシントン 24日 ロイター] - 米国家防諜安全保障センター(NCSC)ディレクターのウィリアム・エバニナ氏は24日、有権者は11月3日の米大統領選挙における海外からの干渉に警戒すべきと述べた。情報の選別やオンライン上の情報源確認、疑わしい活動の報告などが求められるという。

声明で、干渉を受けた可能性がある一部の情報を有権者に知らせることが「必要不可欠」であると指摘。「米国民は、海外からの干渉に対する警戒心を保ち、選挙を保護する役割を担っている」とし、「最も基本的な行動として、批判的な目で情報を受け取り、情報の拡散・再投稿前に情報源を確認し、優れたサイバーハイジーン(ネット接続環境を健全な状態に保つこと)とメディアリテラシーを維持し、疑わしい選挙関連の活動を当局に報告することを米国民に奨励する」と語った。

また、米国の開票制度や監視システムの複雑さを考慮すると、「敵対国が発見されずに、広範囲にわたって投票数を改ざんすることは非常に難しい」とした一方、米諜報当局は現時点で、敵対国が国内の選挙活動や候補者、選挙に関するインフラへの干渉を試みていると考えると言及。外国政府が新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)や国内の抗議デモを利用し、ソーシャルメディアなどを通じて米国の有権者に影響を与えようとしているとした。

エバニナ氏は、主に中国、ロシア、イランの干渉を懸念しているが、他国や非国家的な集団も「米選挙に害を及ぼす可能性がある」とした。

一方、民主党のペロシ下院議長やシューマー上院院内総務、上院情報特別委員会のワーナー副委員長、下院情報特別委のシフ委員長は、エバニナ氏の声明について、「異なる目的、動機、能力を持つ3つの国を同列に取り上げているため、敵対国の行動は同程度だという誤った感覚を与えている」と指摘。「さらに、米選挙に影響を与える上での敵対国の目標や性質、範囲、能力などを示していない」とした。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    飲食店の酒提供に対し小刻みな制限をかける小池都知事 科学的根拠はあるのか

    深谷隆司

    06月20日 16:18

  2. 2

    【驚愕】自民党系の横浜市長選候補者がカジノ反対へ

    木曽崇

    06月20日 11:57

  3. 3

    戦争映画としての「閃光のハサウェイ」

    諌山裕

    06月20日 09:58

  4. 4

    やはり世代交代ですね。小此木さんの横浜市長選挙への転進にエールを送る

    早川忠孝

    06月20日 17:30

  5. 5

    容姿いじりには「感謝しながら傷ついていた」…青木さやか(48)が語る、00年代の女芸人の“難しさ” 青木さやかさんインタビュー #2 - 西澤 千央

    文春オンライン

    06月20日 13:30

  6. 6

    山手線が全線で運転再開

    ABEMA TIMES

    06月20日 22:24

  7. 7

    『閃光のハサウェイ』ヒロインの作画が驚異的! とにかく丁寧に作られた映画だった

    キャリコネニュース

    06月20日 14:29

  8. 8

    元トップAV女優・上原亜衣が語る“身バレの現実”と“動画戦略”

    文春オンライン

    06月20日 16:01

  9. 9

    タワマンの高層階ばかりを移り住む「空中族」 高値売り抜けはそろそろ手仕舞いか

    NEWSポストセブン

    06月20日 09:50

  10. 10

    【世界ALSデー月間特別寄稿④〜トリアージは既に当たり前に行われている⁉️〜】

    恩田聖敬

    06月20日 09:00

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。