記事

私邸に籠って何もしない安倍首相

安倍首相は、いくら国内で感染者数が増えても、政権の対策・方針を自分から国民に伝える気がないようだ。

安倍首相がコロナ対策にリーダーシップを発揮していないのはアメリカのトランプ大統領やブラジルのボルソナロ大統領と同じだが、彼らのようにコロナウイルスの威力を過小評価し経済活動再開に重点を置いているのとは少し訳が違うようだ。

私は安倍氏もトランプ氏もボルソナロ氏も一国のリーダーとしては全くふさわしくない人物だと思うが、安倍氏が他の二人と違うのが攻撃に弱いという点である。

他の二氏は、内外の多くのメディアから非難を浴びても汚い言葉で相手に罵り返して好戦的な態度を取り続けるが、安倍氏は形勢不利と見ると自らの殻に閉じこもってしまうように見える。

安倍首相が一か月以上にわたって記者会見を開いていないのは周知の事実だが、目を疑ったのは、首相動静によると、都内で初めて一日の新規感染者数300名を越した昨日7月23日、首相が東京富谷の私邸から一歩も外に出ず過ごしていたことである。

同日夜に西村コロナ対策担当大臣は記者会見を行い、「危機感を強めている。しっかり分析を進めながら、メリハリの効いた対策をしっかりと講じていきたい」、「連休中は感染防止策を徹底すれば家族旅行を控える必要はない」などと対策大臣としての役割を全く果たしていない発言を繰り返していたが、首相からまともな指示がなかったことは十分予想される。

また、首相動静によると、前日7月22日は、安倍首相は官邸で新型コロナウイルス感染症対策本部の会合を開いているが、時間としては午後5時50分から同6時9分までのわずか19分だった。

その後、午後6時30分からは東京・銀座のステーキ店「銀座ひらやま」で自民党の二階幹事長、林幹事長代理、元宿事務総長、プロ野球ソフトバンク王貞治球団会長、俳優の杉良太郎氏、政治評論家の森田実氏、洋画家の絹谷幸二氏と会食とのことで、各方面にステーキをおごり彼らを懐柔することで政権に対する世論の批判を収めたい意図が透けて見える。

何もやらなければGoToトラベルで感染者数増が加速することは目に見えている。

緊急事態宣言の発令は必ずしもすべての都道府県のすべての事業者に対して休業を要請するものではないのだから、最低限それを特定の都府県と特定の業種を対象としてやれば事態が好転する可能性が高いと思うが、「衆議院解散」を視野に入れているからやりたくないそうだ。

ある程度の感染増をよしとするならば、どのレベルまでが許容範囲なのか許容範囲を上回らないためするためにどのような対策を講じているのか、許容範囲を上回った場合はどのような対策を取るのかは明らかにされるべきである。

これは行政の取るべき対応としてはごく基本的なものだが、安倍首相の頭にはそのような行動をとる計画が無いのだろう。

安倍首相がこれまでやってきたことと言えば、右翼的なスローガンを唱えることで右派からの支持を固め、あとは経産省を中心とした官僚のプランに乗ってきただけである。彼の頭の中に憲法改正以外の具体的な目標があるとも思えない。

もともと高い関心があったわけでない公衆衛生に関して思いもよらない大問題が発生したので、どう判断していいのか分からず、「官邸のラスプーチン」と揶揄される今井尚哉総理補佐官ら側近の助言に従っているのだろう。

しかしながら、今井氏ら側近に関しては、感染症対策に専門的な知識を持たない上に理屈ではなく首相という権力にすり寄って相手を威圧しようとするので、彼らが首相に取入っているおかげで的外れな政策ばかりが実行されてきたと批判を浴びている。要は、安倍首相は「裸の王様」なのであろう。

安倍首相がコロナ対策でリーダーシップを発揮できる人物ではないことは明白だ。能力がない安倍氏が首相でいるうちは感染者数が増えていくだろうから、重症者数・死者数が少ない今こそ退陣してもらうしかない。

あわせて読みたい

「安倍晋三」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    イソジン会見 同席医師に違和感

    三田次郎

  2. 2

    離島で初の死者 沖縄で3人が死亡

    ABEMA TIMES

  3. 3

    コロナ致死率は世界的に低下か

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    うがい薬問題 誤解の連鎖に呆れ

    青山まさゆき

  5. 5

    桑田と荒木 球児への言葉に違い

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  6. 6

    ポスト・アベノミクスの立案急げ

    山内康一

  7. 7

    藤井7段 最年少17歳で棋聖の凄さ

    大村綾人

  8. 8

    「日本は核保有国と共犯」に反論

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    舛添氏 利権で動く専門家に苦言

    舛添要一

  10. 10

    れいわはN国党に助言を請うべき?

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。