記事

「心はいつでも繋がっている」城田優、三浦春馬さんへの思いをつづる

1/2
この投稿をInstagramで見る

春馬の真っ直ぐで、マイペースで、人懐っこい性格、仕事に対する強い責任感、毎回素晴らしいパフォーマンスをするのに、裏ではどこか自信なさげな、その裏腹な繊細さ。そして何より、周りの人に対する深い愛、本当に本当に努力家で、目標に向かって常に全力投球をし続ける姿勢。 出会ってからまだたった11年だけど、彼と過ごした時間の中で、僕は彼から多くのことを学びました。 本当に色んな場面が頭に浮かびます。 中でも、ずっと思い出しているのは、春馬のあの笑顔。 無事にパフォーマンスを終えた時の、あの屈託のない安堵の笑顔や、嬉しそうにその日あったことを「優くん優くん!僕ね、、」と、ニコニコしながら話してくれるあの可愛い笑顔。弟のようで、本当に愛おしいんです。 そんな春馬と出会い、仲良くなれたこと、近くで彼の成長を見守れたこと、そして共に同じ道を歩んでこられたことは、僕の人生において、大きな大きな財産です。 これまで春馬は、たとえどんなに苦しくても、必ずその重圧に打ち勝ち、その度にたくさんの愛、夢、感動、興奮、最高のエンタメを僕らに届けてくれました。 そんな春馬が成し遂げたかったこと、ミュージカルに懸ける想い、その野望や様々な夢。 そして春馬と交わしたいくつもの約束。 それらをここで終わらせるわけにはいきません。 これからは、春馬の意思を受け継ぎ、春馬の分まで、その”約束”や”夢”を大切に大切に育てながら、生きていきたいと思います。 春馬のファンの皆さん。 春馬は、皆さんの愛と応援に、本当に助けられていました。心から感謝していました。 きっと、これまでも皆さんの応援なしでは成し遂げられなかったことがたくさんあったと思います。皆さんに救われたことが何度も何度もあったと思います。 皆さんは、彼のパフォーマンス、そして人生の一部です。 そして春馬もまた、皆さんの人生の一部。 だからこそ、今は本当に本当に辛い毎日ですよね。涙が止まらず、心もボロボロで、人前では気丈に振る舞っていても、ずっと暗闇の中にいるような気持ちですよね。 僕もそうです。彼を愛したみんなが同じ気持ちでいます。 でも、僕らがずっと下を向いていても、春馬は喜びません。安心してゆっくり休む事もできません。 だからどうか、少しずつでいいので、前を向いて生きましょう。そのためにも、たとえ気が向かなくても、出来る限り一人でいる時間を減らして下さい。お話しできる人がいるなら、くだらない話でもして笑って下さい。 あいつもみんなの笑顔が見たいはずです。 少し前を向けるようになったら、春馬に負けない最高の笑顔で、空に向けて温かい言葉をたくさんかけてあげて下さい。 そして辛い時は、どうか彼の残してくれたポジティブな言葉や、たくさんの作品、あの笑顔を思い出し、踏ん張りましょう。 またいつの日か会えた時に、胸を張って「春馬の分も頑張ったよ」って伝えられるように。 離れていても、心はいつでも繋がっていると僕は信じています。 愛を込めて LOVE&PEACE 城田優

城田優 Yu Shirota(@yu_shirota)がシェアした投稿 -


 城田はこの投稿で、「春馬の真っ直ぐで、マイペースで、人懐っこい性格、仕事に対する強い責任感、毎回素晴らしいパフォーマンスをするのに、裏ではどこか自信なさげな、その裏腹な繊細さ。そして何より、周りの人に対する深い愛、本当に本当に努力家で、目標に向かって常に全力投球をし続ける姿勢。出会ってからまだたった11年だけど、彼と過ごした時間の中で、僕は彼から多くのことを学びました」と語りはじめた。

あわせて読みたい

「三浦春馬」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    収監された周庭さん 12人部屋に

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    安倍氏に弁護士「虚構だった?」

    郷原信郎

  3. 3

    コロナで始まった凄いデリバリー

    東龍

  4. 4

    安倍前首相の疑惑「詰んでいる」

    ABEMA TIMES

  5. 5

    バイキングで疑惑報道の社長怒り

    SmartFLASH

  6. 6

    本厚木が1位 住みたい街は本当か

    中川寛子

  7. 7

    集団免疫 日本が目指すのは無謀

    ニッセイ基礎研究所

  8. 8

    桜問題で安倍前首相に再び窮地

    ヒロ

  9. 9

    注文待つ「Uber地蔵」街中で急増

    NEWSポストセブン

  10. 10

    GoToは75歳の年齢制限を設けよ

    永江一石

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。