記事

都内にEDクリニック開業「彼は医者というよりビジネスマン」知人が語る山本容疑者の素顔【ALS女性嘱託殺人】 - 「文春オンライン」特集班

1/2

ALS女性は「建築士のキャリアウーマン」加害医師にTwitterで“安楽死依頼”【嘱託殺人容疑で医師2人を逮捕】 から続く

【画像】“ドクター・キリコ”の共犯者・山本直樹容疑者

 7月23日、筋萎縮性側索硬化症(ALS)の女性を殺害したとして、仙台市の大久保愉一(42)と港区の山本直樹(43)、2人の医師が嘱託殺人の疑いで逮捕された。

 被害者は京都に住む51歳の女性で、全身の筋肉が徐々に動かなくなる難病ALSに罹患していた。患者女性は生前、「安楽死させてほしい」と周囲に話しており、SNSで知り合ったとみられる大久保容疑者と山本容疑者が患者女性の自宅を訪問し、殺害に至ったとみられる。


大久保容疑者(クリニックのウェブサイトより)

 犯行が行われたのは昨年11月30日夕方だという。

「この日、患者女性は京都の自宅で容体が急変し、搬送先の病院で亡くなった。体内からは女性が普段、服用していない睡眠薬が見つかったため、殺人を視野に捜査を進めたところ、防犯カメラ映像などから大久保容疑者と山本容疑者が捜査線上に浮上した。医師2人は大学時代からの知り合い。患者女性は100万円以上を2人に支払っている」(捜査関係者)

 大久保容疑者は以前よりTwitterに《やっぱりオレはドクターキリコになりたい。というか世の中のニーズってそっちなんじゃないのかなあ》(2013年4月10日)と投稿したり、電子書籍「扱いに困った高齢者を『枯らす』技術 ー誰も教えなかった、病院での枯らし方ー」を刊行するなど、尊厳死や延命治療の是非について発信し続けていた。

 大久保容疑者は“命の選別”を肯定する優生思想的な主張を繰り返していた。電子書籍の説明文にはこんなくだりがある。

《認知症で家族を長年泣かせてきた老人、ギャンブルで借金を重ねて妻や子供を不幸に陥れた老人。そんな「今すぐ死んでほしい」といわれる老人を、証拠を残さず、共犯者もいらず、スコップや大掛かりな設備もなしに消せる方法がある。医療に紛れて人を死なせることだ》

 そして今回の嘱託殺人の共犯者であり、この電子書籍の共著者が山本容疑者だ。

あわせて読みたい

「ALS患者嘱託殺人事件」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    入店拒否めぐる堀江氏SNSに疑問

    かさこ

  2. 2

    いつか撮られる…瀬戸大也の評価

    文春オンライン

  3. 3

    枕営業NGが…少女に欲情し犯罪へ

    阿曽山大噴火

  4. 4

    菅政権攻勢 石破氏に出番あるか

    早川忠孝

  5. 5

    「TENET」は観客に不親切な映画

    fujipon

  6. 6

    元TOKIO山口氏 異例の家宅捜索

    渡邉裕二

  7. 7

    音に無頓着な人とWeb会議は苦痛

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  8. 8

    山尾氏が比例1位 新立民へ配慮か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    官僚がデジタル改革を進める矛盾

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    Amazonの防犯用ドローンは問題作

    後藤文俊

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。