記事

警鐘を受け止めるべきは政治

 今日は札幌市手稲区をまわりましたが、東京などの急速な感染の広がりに「今年のお盆は孫も来ないことになった」「東京で仕事をしている子どものことが心配」などの話が次々と。迷いや不安が尽きません。

 「こういう時に、どうして米国の武器なんて爆買いするのかね」とは、商売をされてきたという女性。別の方は「安倍首相のやること成すことダメ。顔も見たくない」と辛らつに語りました。初めて直面する感染症だから仕方ない部分があるにしても‥‥と言いつつ、こんなに役目を果たさないものかとあきれ気味でした。

 無症状の方が多いことから病床が満杯という状況にないと、政府も都知事も警戒を口にしながら、そう述べてきました。しかし昨日、日本医師会の中川俊男会長は「連休になると気持ちが緩む。その結果、1~2週間後に感染者数が激増すると、医療提供体制の崩壊につながる確率が高い」と警鐘を鳴らしています。

 鳴らされた警鐘を重く受け止めるべきは、政治の側ではないでしょうか。多くの方が感染拡大を心配して、GoToキャンペーンの延期や中止を求めています。医療分野の支援や検査体制の拡充を急ぐならわかりますが、急ぐ順番が違うのではないか。今日も同じような話が出されました。

 子どもたちの短い夏休みをどう過ごすか、わが家でも話し合っていますが、なかなか決められない。そういう家庭も多くあるかと思います。医療にかかわるお仕事をされている家庭では、不安や心配も尽きないのではないでしょうか。ケア労働全般を、しっかり国として支えるべき。何度も書いてきたことですが、日に日にその思いが強まります。

 【今日の句】総理らの会食 どうも腑に落ちぬ

あわせて読みたい

「安倍晋三」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    周庭氏連行の瞬間を捉えた写真

    田中龍作

  2. 2

    国民より首相 自民の真意が如実

    やまもといちろう

  3. 3

    イソジン会見 同席医師に違和感

    三田次郎

  4. 4

    うがい薬買い占めた高齢者を直撃

    NEWSポストセブン

  5. 5

    コロナ致死率は世界的に低下か

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    うがい薬問題 誤解の連鎖に呆れ

    青山まさゆき

  7. 7

    離島で初の死者 沖縄で3人が死亡

    ABEMA TIMES

  8. 8

    舛添氏 利権で動く専門家に苦言

    舛添要一

  9. 9

    れいわはN国党に助言を請うべき?

    早川忠孝

  10. 10

    桑田と荒木 球児への言葉に違い

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。