記事

「いきなり真っ黒にしたくない」コロナで生まれた白髪染めの新潮流

1/2

自宅で髪の毛を染める際に使う市販のヘアカラー剤は、外出期間中に売り上げを大きく伸ばした。男性向けの白髪染め剤では、染め方にも変化が訪れているという。経済ジャーナリストの高井尚之氏が化粧品メーカーのマンダムに聞いた――。

Hair beauty products background
※写真はイメージです - 写真=iStock.com/pogrebkov

中高年男性の身だしなみは変わった?

社会人の経験を重ねて中年になると、見た目に関しては「実年齢より、若く見られたい」と思う人は多いだろう。「オレはいくつに見える?」が口ぐせの人もいる。

世間で言われる「人生100年時代」や「生涯現役」といった言葉や風潮も、知らず知らずのうちにプレッシャーとなってきた。

それもあってか、ネット上にも、若く見られるコツやノウハウの記事や広告が目立つ。「withコロナ」でリモートワークも増えたが、オンライン会議などもあり、一定の身だしなみは欠かせない。

そこで今回は、「中高年男性の白髪染め」について考えたい。女性向けのこうした情報は多いが、男性向けは少ないからだ。

以前に比べて、意識も変わってきたので、ヘアカラーを発売するメーカーにも話を聞き、生活文化や消費者心理の視点で考察してみた。こうした企画意図ゆえ、「若づくり」や「白髪染め」ノウハウを知りたい人は、それらの情報をご参照いただきたい。

コロナの打撃を受けなかった白髪染め剤

市販のヘアカラーは、大きく「おしゃれ染め」と「白髪染め」に分かれる。前者は髪色の変化を楽しむ「主に若い世代」、後者は白髪隠しなので「主に中高年」向けとなる。もちろん体質があり、若い世代でも白髪に悩む人もいる。

今回話を聞いたのは、男性向け化粧品「GATSBY(ギャツビー)」で知られるマンダムだ。ヘアカラーは「LUCIDO(ルシード)」ブランドで訴求する。現在は40代向けが中心の「ルシード」は発売して30年以上になる。

まず、緊急事態宣言中のヘアカラー商品の動きを聞いた。

「4月の緊急事態宣言で外出自粛となり、美容院や買い物に行く頻度も少なくなりました。そのため、セルフ白髪染めの実店舗の売り上げは、前年同月に比べ93%と減少しています(マンダム調べ、4、5月合計)。色はブラウン系、ブラック系が中心です」。

同社はこう説明する。実店舗で「前年比93%」(7%減)は、思いのほか健闘した印象だ。

在宅勤務中心のリモートワークで、通勤する必要がなくなり、消費者の美容意識は大きく変わった。マスクで口を覆う機会も増え、特に女性の消費は顕著だった。

筆者の取材でも「最近は口紅もファンデーションも一切買っていません」(20代の女性会社員)という声が寄せられたが、具体的な調査記事もある。

東洋経済オンラインでは「コロナで『売れた』『売れなくなった』商品TOP30」(筆者=伊藤歩氏)という記事を5月8日に発信。それによれば、売り上げ金額の減少2位が口紅(4月第2週で前年比27.5%)だった。

ドラッグストアのマツモトキヨシとトモズでは、自粛期間中にセルフカラー剤の売り上げがいずれも2桁伸びたという報道もある(WWD、6月5日)。こうした当時の消費者事情も勘案すると、ヘアカラーの購入意欲は高かったのだ。

あわせて読みたい

「美容」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国語だけ水有料表記 会社謝罪

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    病床使用100%超も「4月と違う」

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    枝野氏詭弁は安倍首相と変わらず

    田中龍作

  4. 4

    「土下座像」に韓国政府も不快感

    NEWSポストセブン

  5. 5

    インバウンド復活は2~3年必要か

    Chikirin

  6. 6

    ひろゆき氏 radikoの戦略に疑問

    ABEMA TIMES

  7. 7

    支離滅裂な安倍政権に高まる不信

    NEWSポストセブン

  8. 8

    2週間後危機の予想 なぜ外れるか

    永江一石

  9. 9

    PCRを巡る対立 政治思想と親和性

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    吉村知事 お盆自粛ならGoTo中止

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。