記事

「道路上の最恐車両」トラックドライバーが自転車を怖がる3つの理由

1/2

勢いよく走る自転車に、ヒヤリとした経験はないだろうか。元トラックドライバーの橋本愛喜氏は「自転車はドライバーの死角に入り込みやすい。事故が起きれば大きな被害につながるが、交通ルールや危険現象を理解していない人が多い」という――。

POV自転車に乗る:ニューヨークのロードレーシングバイク

※写真はイメージです - 写真=iStock.com/piola666

「道路上で最恐」自由すぎる自転車

車体が大きい割に繊細な運転を要するトラックに乗ると、それまでなんとも思うことのなかった道路事情が、実はとんでもない障害だったと気付く。突然の割り込み、街路樹の伸びきった枝葉、交差点の歩道ギリギリに立つ歩行者……。中でも何度も肝を縮こませたのが、サイクリスト(自転車乗り)たちの「自由っぷり」だった。

自転車は道路交通法上「軽車両」と位置付けられており、原則「車道」を走らねばならないことになっている。が、「やむを得ない場合は歩道も走っていい」とする曖昧なルールの存在によって、彼らの法感覚は他車両より緩い。

また、歩道を歩く歩行者からは「車輪付いてるんだから車道走れ」、車道を走るクルマからは「死にたくなければ歩道走れ」と、どちらからも疎まれる存在となってしまっている。

とりわけ車道においては、「2つの輪っかに生身のカラダ」という、他の二輪車以上に無防備かつ不安定な状態で走っている彼らは、ほぼ全てのクルマから邪魔者扱いされているのだが、その中でもトラックにとって自転車は、もはや天敵ともいえる存在となるのだ。

その理由を3つ提示しよう。

トラックの死角「左後方」に居座る自転車

<理由①見えない>

トラックは、左後方に多くの死角を作る。というのも、乗用車のような後部座席がなく窓も付いていないため、振り向いた先に見えるのはただの壁なのだ。

トラックの運転席からは左後方には窓がない。

トラックの運転席からは左後方を直接見ることができない。 - 写真撮影=筆者、撮影協力=浦島サービス株式会社

しかし、よりによって左後方は自転車の「定位置」。そこからしばらくじっと機を伺い、トラックの隙を見つけるや否や、彼らはその真横をすり抜けようとするのだ。そのため、さっきまで後ろにいた自転車が、ふと気が付くと知らぬ間に目の前にいるという怪現象がしょっちゅう起きる。

こうした死角をなくすべく、トラックには大小様々なサイドミラーが付いているのだが、皮肉なことにそれらはできるだけ広い範囲を映し出そうと曲面になっているため、対象物を捉えたとしてもすべてを豆粒ほどの大きさにしか映さず、距離感が非常に掴みにくい。そこに雨なんか降ってミラーが濡れれば、対象物はより一層見えづらくなる。

トラック運転席から見た左後方の見え方。自転車があるが、停止したトラックからでもこれほど見えない。

トラック運転席から見た左後方の見え方。自転車があるが、停止したトラックからでも見えない。 - 写真撮影=筆者、撮影協力=浦島サービス株式会社

そのため、最近のトラックには最終兵器として後部を映すバックカメラが常時稼働しているのだが、やはりこのカメラも「左後方」にはめっきり弱く、すべての死角が解消されるまでには至っていない。

無防備なのにハートが強すぎる……

<理由②被害が大きくなりやすい>

車道を走れる自転車は、つまるところ時速60kmものスピードで走る自動車たちと並走することになるわけなのだが、そんなサイクリストを見てみると、彼らの格好は先述通り驚くほど無防備である。

いわゆる「ママチャリ」と呼ばれる自転車に乗っているサイクリストでヘルメットをかぶっている人を、筆者は今までほとんど見たことがない。車道を走る車両の中で、外身は弱いがハートが強いのが彼らサイクリストなのだ。

対照的に、外身は強いのに彼らの存在によって神経をすり減らすのがトラックだ。トラックは車高が高いため、たとえ自転車が真正面からぶつかってきても、ドライバーが怪我をすることがほとんどない。

そんな真逆のパワーバランスから、たとえトラックに過失がなくとも事故を起こしてサイクリストが怪我を追ったり死亡したりすれば、トラックドライバーが逮捕されてしまうという理不尽が起きる。

実際過去には、高速道路を走っていたロードバイクをはねたトラックドライバーが逮捕されるという事例もある。ただまっすぐ前を走っていただけのトラックにとっては、とんだ「とばっちり」だ。

「無知ほど最強なものはない」自転車に乗る子ども

<理由③交通ルールや危険現象を分かっていない>

先述通り、自転車は「軽車両」に属するため、他車両と同じように道路交通法を守らねばならない。つまり、「自転車を除く」などの補助標識がない限り、自転車も一時停止や進入禁止、一方通行などの標識に従わなければならないのだ。

しかし、サイクリストの中には道路交通法に従う・従わない以前に「従わねばならないことすら知らない」人も少なくなく、現役ドライバーからも「無知ほど最強なものはない」というため息声が聞こえてくる。

その中でも最も怖いのが、「子どものサイクリスト」だ。

子どものサイクリストの中に、運転免許を取ったことのあるサイクリストは無論皆無。彼らが「最近取れた」と喜ぶものは「免許」ではなく「補助輪」で、走行技術の未熟さゆえにフラフラしやすいうえに、法と危険を知らないため、怖いものがないのだ。

そんな彼らに毎度背筋を凍らされるのが、歩道から突然車道に降りる行為。彼らは、目の前の障害物にしか意識が向かないため、歩道の向こうから人が来たと思った瞬間、何のためらいも確認もなく車道に降りるのだ。

これら3つの理由から分かるように、事故時に一番ダメージのある車両にも関わらず、ルールや危険スポットを知らず、無防備な状態でクルマと並走する自転車は、車体が丈夫であるがゆえに「最強」とされるも立場的には最弱のトラックにとって、もはやただの脅威でしかないのだ。

コロナ禍でますます高まる自転車需要

そんな自転車は、健康ブームや高齢者ドライバーによる免許返納の機運が高まったことで、ここ数年その需要を大きく伸ばしてきたのだが、昨今のコロナ禍によって、その傾向はより一層高まりつつある。

先日、新型コロナウイルスが通勤形態に与えた影響を分析するべく、au損害保険株式会社が「週1回以上、自転車通勤する東京都在住の会社員男女500人」にアンケート調査を行ったところ、約4人に1人が通勤時の「密」を避けようと、コロナ流行後に自転車に乗り始めた人がいることが分かった。

また、79.0%の人が「アフターコロナの日本社会で自転車通勤は広がっていくと思う」と回答。この結果からも今後、現在以上のサイクリストが日本の道路を走行することが予想できる。

さらに、外出自粛やテイクアウトを始めたレストランの急増によって、宅配代行サービス「ウーバーイーツ」などの需要も急増。道路ではこれまで以上に配達員サイクリストに出くわす回数が増えた。

あわせて読みたい

「自転車」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    毒メシをやめて成績UP? 医師苦言

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    感染対策 レジのシートは逆効果

    かさこ

  3. 3

    スガ批判の左派に待つ皮肉な現実

    PRESIDENT Online

  4. 4

    竹中平蔵氏と会食の菅首相を批判

    藤田孝典

  5. 5

    携帯料金よりNHK受信料を下げよ

    自由人

  6. 6

    消費税めぐる左翼層の主張に呆れ

    青山まさゆき

  7. 7

    ソフバ株売出し 驚きの人気ぶり

    近藤駿介

  8. 8

    劇団ひとりがED克服したキッカケ

    SmartFLASH

  9. 9

    ウイグル問題 世界的企業に打撃

    SmartFLASH

  10. 10

    河野氏は霞が関ホワイト化可能か

    千正康裕

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。