記事
  • ロイター

アメリカン航空など、8─9月の増便を再考 コロナ急拡大受け


[23日 ロイター] - 米アメリカン航空<AAL.O>と米サウスウエスト航空<LUV.N>は23日、国内の新型コロナウイルス感染急拡大を受け、8─9月に予定していた増便を再考していると明らかにした。

両社は新型ウイルス感染拡大抑制措置の緩和を受け航空需要が上向き始めた5─6月に、競合の米ユナイテッド航空<UAL.O>と米デルタ航空<DAL.N>よりも積極的な運航便数の増加を打ち出していた。

ただ、感染急拡大を受けて一部の州で感染抑制策が再導入され、楽観的な見方は急速に後退。航空需要はワクチンが開発されるまで完全に回復しないとの見方が大勢になっている。

アメリカンは第3・四半期の稼働率は前年同期比約60%低下すると予想。従来見通しを下方修正し、第4・四半期の計画を見直していると明らかにした。

サウスウエストは、収入減により1日当たりの手元流動性の減少が7月は1800万ドルと、6月の1600万ドルから悪化したと表明。第3・四半期は平均2300万ドルになるとした。

アメリカンは第2・四半期、1日当たりの手元流動性が約5500万ドル減少した。

第2・四半期末時点の手元流動性はアメリカンが102億ドル、サウスウエストが155億ドルだった。

第2・四半期決算は、サウスウエストが15億ドル(1株当り2.67ドル)の純損失を計上。営業利益は82.9%減の10億1000万ドルだった。

アメリカンは一時項目を除く純損失が34億ドル(同7.82ドル)。営業利益は86.4%減の16億2000万ドルだった。

アラスカ航空<ALK.N>は2億1400万ドルの純損失を計上。従業員2万3000人のうち約7000人を削減する。

トピックス

ランキング

  1. 1

    入店拒否めぐる堀江氏SNSに疑問

    かさこ

  2. 2

    いつか撮られる…瀬戸大也の評価

    文春オンライン

  3. 3

    枕営業NGが…少女に欲情し犯罪へ

    阿曽山大噴火

  4. 4

    菅政権攻勢 石破氏に出番あるか

    早川忠孝

  5. 5

    元TOKIO山口氏 異例の家宅捜索

    渡邉裕二

  6. 6

    JRの安全を脅かす強引な人事異動

    田中龍作

  7. 7

    山尾氏が比例1位 新立民へ配慮か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    Amazonの防犯用ドローンは問題作

    後藤文俊

  9. 9

    大阪都構想の必要性を橋下氏指摘

    橋下徹

  10. 10

    なぜベーシックインカム論再燃か

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。