記事

あふれるマネー、バブル化の一途

これまでもそうだったが、これからも折にふれて、世界の金あまりバブルに対する警戒感を発信していくことになる。

各国の財政投入は、タガの外れた拡大ぶりで、増額の一途となっている。 まるで、コロナ問題で免罪符を授かったかのように。

そう、人々の生活基盤を守り、企業活動が危機状態に陥るのをなんとしても阻止しなければならない。

そのためには、「なんでもありだ」という展開となっている。 各国の中央銀行も大量に資金を供給し続けている。

そういった金バラマキ政策に対し、いまは必要な措置であり、誰もなんの異存もない。

問題は、大量にバラ撒いているマネーの一部が金融市場でバブル化していく流れは、どうにも止めようがないということだ。

止めるどころか、経済の現場よりもむしろ金融市場の方へ、マネーは向かいがちとなる。 そちらの方が儲かるから仕方がない。

実際、NYダウ工業30種平均株価は、3月の安値から50%以上も値上がりしている。 ナスダック市場は新高値追いをしている。

どう見ても、バブル高だ。 あり余っているマネーが、収益機会を求めて金融市場に群がり集まって来る。

それが、債券市場や株式市場で高値追いを呼んでいるわけだ。 上がるから、さらに買うという展開でもって。

そういったバブル高だが、ただ金あまりで買っているだけのこと。 中身を伴っていないのが最大の弱みである。

現に、世界の経済状況はとても株買いどころではない。 デジタル社会とかDXとかの関連株高は、理想買いもいいころである。

なにかの加減で、株価など一部がガタっと崩れると、バブル化してきた金融市場は売り一色のマーケット展開となろう。

そういった大崩れだが、いつどこで始まるかは、それこそ神のみぞ知るの世界。 どこかで崩れるのは間違いないが。

そんなわけで、いつバブル崩れがあっても慌てないよう、この相場にあまり入れ込まないことだ。

それよりも、大きく崩れたときに、どの企業の株式をバーゲンハンティングするかの調査は、どんどん進めておこう。

あわせて読みたい

「世界経済」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ガンダムにはなぜイライラする女性キャラが出てくるのか?一気観で生まれた疑問

    倉持由香

    10月19日 12:16

  2. 2

    「今日の仕事は、楽しみですか。」"炎上→即謝罪"を歓迎するSNS社会の末路

    PRESIDENT Online

    10月19日 14:13

  3. 3

    斎藤佑樹投手の引退セレモニー「敗者の弁」を引き受けた勇気を称賛

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    10月19日 10:20

  4. 4

    【衆院選】投票の心構えと公約比較 安保政策で自公に距離、野党各党はエネルギー・経済財政で特色

    宇佐美典也

    10月19日 16:16

  5. 5

    iPhoneなら3800円惜しまずAirTagは買え!! を体感した伝説(笑)の日

    永江一石

    10月19日 09:23

  6. 6

    共産党はマンガ・アニメの規制にカジを切ったのか

    紙屋高雪

    10月19日 09:30

  7. 7

    共産党が強い「表現規制派」へ転向 公約では「表現の自由を守る」の建前が崩壊

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    10月19日 09:42

  8. 8

    北が不穏な動き 公示日に出陣式への出席を取り止めて急遽官邸に戻った岸田首相は正解

    早川忠孝

    10月19日 15:54

  9. 9

    小泉進次郎氏の「万歳三唱批判」に自民党関係者は「またか」の声

    NEWSポストセブン

    10月19日 09:18

  10. 10

    東京都で新たに36人の感染確認 11日連続で100人下回る 重症者26人 死亡13人

    ABEMA TIMES

    10月19日 17:05

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。