記事

子どもの貧困 コロナでさらに深刻に

厚生労働省が公表した国民生活基礎調査で、2018年時点で子どもの貧困率は13.5%でした。子どもの貧困率は、全国民の所得の中間の所得額の半分以下の所得の家庭で暮らす子どもの割合を表します。

2015年の13.9%より、少し下がっていますが、2018年時点で大きな変化はありません。ひとり親の世帯の貧困率は、初めて5割を切りましたが、48.1%です。特に、母子世帯は、平均で230万円の所得しかなく、子どもがいる世帯全体の3分の1ほどでした。これは、2018年時点のもので、コロナ禍で、さらに状況が悪くなっている、と考えられます。

専門家は、「子どもの貧困の原因は社会構造にある。新型コロナに関する国の対応を見ていると、貧困リスクが子どもに跳ね返る構造が強化されかねない」と懸念しています。問題とされているのは、政府の施策の「家庭で頑張ろう」という姿勢です。唐突な全国一斉休校によって、母子家庭は低賃金や不安定な雇用条件なので、貧困が加速されるケースが多くなっています。

ひとり親支援団体の4月の調査では、所得が低く児童扶養手当を受給する家庭の7割が、休業や解雇で収入減か無収入になり、食費が増加し、食事を満足に取れない家庭もあった、ということです。給食で栄養を補っている子どもにとって、休校は状況を悪化させました。

また、教育の面でも家庭に依存する構図があり、経済協力開発機構(OECD)によると、日本は欧米先進国に比べて、公的支出割合が2.3%と、平均の4.0%を大きく下回っています。コロナ自粛中は、親が勉強をみるように、ということであったのに加え、オンライン授業ではパソコンなどの整備も家計に左右され、格差が、更にひらきました。

貧困による教育格差は、以前から指摘されてきましたが、コロナ禍で加速されました。政府は、児童扶養手当を受給するひとり親家庭などに最低5万円の一時金、児童手当の受給世帯に子ども1人当り1万円の臨時特別給付などを実施していますが、一時的な支援ではなく、もっと抜本的な支援をすべきです。

立場が弱く、声があげられない人たちへの気配りができていない国のコロナ対応が心配です。民間での子ども食堂などは増加していますが、それだけではなく、国が腰をすえて支援する必要があります。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「2021年になって未だに?」 NHKきっかけに日本のFAX文化が世界に 海外からは驚きの声

    BLOGOS しらべる部

    07月29日 17:14

  2. 2

    都の感染者が3865人のからくり 検査数が増えれば陽性者数も増える

    諌山裕

    07月30日 13:07

  3. 3

    もう、オリンピック・ムードに浸り続けるのは無理なんじゃないかな

    早川忠孝

    07月30日 08:37

  4. 4

    表現の自由を侵害? ネットフリックスなどへの規制に向かうイギリス

    小林恭子

    07月30日 13:34

  5. 5

    五輪で弁当4000食廃棄にショック 河野大臣も驚きのけぞる

    柚木道義

    07月30日 10:28

  6. 6

    なぜ無効な政策をいつまでも続けるのか?

    青山まさゆき

    07月30日 16:11

  7. 7

    「桜を見る会」不起訴処分の一部を不当に 検察審査会法の改正は司法改革の大きな成果

    早川忠孝

    07月30日 19:09

  8. 8

    不気味に大人しい小池百合子知事、目線の先にあるものは…?ワクチンの集中要請と追加経済対策を急げ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月30日 08:12

  9. 9

    「日本にロックダウンという手法はなじまないと思う」 法整備の必要性を問われ菅総理

    ABEMA TIMES

    07月30日 21:20

  10. 10

    東京都の銭湯料金が8月1日から値上げ ブームから一転、コロナ禍で利用客減少

    BLOGOS しらべる部

    07月30日 17:18

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。