記事

「何より生き残ることが大事」星野リゾート代表が語る“観光業復活への道” この危機を乗り越えることができれば…… - 「文藝春秋」編集部

 新型コロナウイルスの感染拡大で最も影響を受けた業界の一つが「観光産業」だ。

 政府は感染拡大で打撃を受けた業界を支援する「Go Toキャンペーン」のうち、観光分野の割引事業である「Go Toトラベル」を7月22日から始めた。国内旅行商品の金額の半額相当を国が支援する内容で、支援額の上限金額は宿泊旅行の場合、1泊当たり1人2万円。支援額の7割は旅行代金の割引に充てられ、3割は買い物や飲食などで使える地域共通クーポンとして配られる。

 しかし、首都圏を中心に再び感染者数が増加しており、その効果に対して懐疑的な見方も広がっている。観光産業復活へ向けた道のりはまだ厳しい状況が続くなか、「文藝春秋」8月号では、高級ホテル・ホテル運営の「星野リゾート」代表の星野佳路氏に「観光業」復活のためのポイントを聞いた。


星野佳路氏(星野リゾート代表)

106年間「危機」を乗り越えてきた

 まず星野氏が強調したのは「生き残ること」の大切さだ。

「星野リゾートは1914年に長野県軽井沢で最初の旅館を開業してから今年で106年目を迎えます。その間、多くの『危機』を経験していますが、その都度乗り越えてきました。今回のコロナ禍も確かに未曽有の事態ではありますが、過去の経験に照らして、『こういうときは、まず何より生き残ることが大事だ』という点で社内が一致しています。

『本を固うすべし、然らば事業は自ずから発展すべし』

 これは私の祖父で、星野温泉二代経営者の嘉政に、キリスト教思想家の内村鑑三が贈った『成功の秘訣』十箇条の一つです。内村は当時、よく星野温泉を訪れていた関係から、まだ若くて荒っぽいところのあった嘉政のことを心配してアドバイスをしてくれたのでした。

 私自身、この十箇条に則って、何か事を決めたことはありませんが、長い経営者人生の中で、様々な事象に遭遇した時に、十箇条の一つ一つの意味を少し理解できたと思う時があります。

『自己に頼るべし、他人に頼るべからず』
『雇人は兄弟と思ふべし。客人は家族として扱うふべし』

 などは、コロナ禍に考えさせられる格言だと思っています」

一つだけ“異彩を放つ格言”がある

 十箇条にはさらに以下のような格言があるという。

「成功本位の米国主義にならうべからず、誠実本位の日本主義にのっとるべし」
「濫費は罪悪なりと知るべし」
「能く天の命にきいて行なうべし。自から己が運命を作らんと欲すべからず」
「誠実によりて得たる信用は最大の財産なり、と知るべし」
「清潔、整頓、堅実を主とすべし」
「人もし全世界を得るとも、その霊魂を失わば何の益あらんや。人生の目的は金銭を得るに非ず、品性を完成するにあり」

 どれも示唆に富む内容だが、星野氏によると一つだけ「異彩を放つ格言」があるという。

「急ぐべからず 自働車の如きも成るべく徐行すべし」

「これはどういう含意なのだろうと思うかもしれませんが、実はそのままの意味なのです。当時の祖父は車の運転が乱暴で、同乗した内村鑑三が恐怖を感じるほどで降車後、激怒したと伝えられています。ただ、少し怒り過ぎたと思ったのでしょう。その晩にお詫びのつもりで内村が書いて祖父に渡したのが『成功の秘訣』でした。しかしそこにもあえて、『成るべく徐行すべし』という言葉を入れた。いかに内村が祖父の乱暴な運転に閉口したかがわかります(笑)」

外資と戦うため、星野リゾートは変わった

 星野氏が星野リゾートの社長に就任したのは1991年。バブル景気が崩壊し、日本経済の長期低迷が始まる時期だ。それから星野氏は2008年のリーマンショック、2011年の東日本大震災と数々の「危機」に直面してきた。

「31歳で星野リゾートの社長に就任してから、私は社員に『私たちの競合は、(軽井沢の)万平ホテルでもプリンスホテルでもない。これからは外資のホテルが日本の観光地を狙ってくる』と言い続けました。

 実際に94年にパークハイアット東京が新宿にオープンすると、東京や大阪に次々外資が進出。その波はリゾート地にも及びました。こうした波に負けないためには私たちもある程度、規模がないと戦えない。そこで、リゾート施設の再生事業や運営を始めたのです。今では国内外で42の施設を運営しています。

 このため、私の代で星野リゾートは大きく変わったといわれます。確かに変わったのは事実ですが、私が変えたというより、変わらざるを得ない時代の変化があったというのが正しい表現ではないかと思います」

需要がない中でいかに集客するか?

 だが、今回のコロナ禍は、これまでに経験したレベルを超える危機と言えそうだ。

「私がこの仕事を始めてから約30年の間に、バブル崩壊やリーマンショック、東日本大震災などを経験してきました。こういう危機の時の資金繰り対策や需要がない中での集客の手法は、決して平時では学べない観光のノウハウであり、私と組織を大きく育ててくれました。

 コロナ危機にもそうした教訓はたくさん詰まっているはずです。この危機を乗り越えることができれば、スタッフは成長し、今後の強い自信につながると考えています」

 では、具体的に観光業界がどうこの危機を乗り越えるべきか。コロナ禍でほぼゼロになったインバウンド(海外旅行者)の影響、自粛と緩和が繰り返される「コロナ禍」の観光需要で最も重視すべき旅行のスタイルなど、様々な提言がなされた。その全文(「活路は『安・近・短』にある」)は「文藝春秋」8月号と「文藝春秋digital」に掲載されている。

※「文藝春秋」編集部は、ツイッターで記事の配信・情報発信を行っています。@gekkan_bunshun のフォローをお願いします。

※音声メディア・Voicyで「文藝春秋channel」も放送中! 作家や編集者が「書けなかった話」などを語っています。こちらもフォローをお願いします。

(「文藝春秋」編集部/文藝春秋 2020年8月号)

あわせて読みたい

「星野リゾート」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    周庭氏連行の瞬間を捉えた写真

    田中龍作

  2. 2

    国民より首相 自民の真意が如実

    やまもといちろう

  3. 3

    イソジン会見 同席医師に違和感

    三田次郎

  4. 4

    うがい薬買い占めた高齢者を直撃

    NEWSポストセブン

  5. 5

    うがい薬問題 誤解の連鎖に呆れ

    青山まさゆき

  6. 6

    コロナ致死率は世界的に低下か

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    離島で初の死者 沖縄で3人が死亡

    ABEMA TIMES

  8. 8

    TikTok巡る報復 Appleらに打撃も

    飯田香織

  9. 9

    れいわはN国党に助言を請うべき?

    早川忠孝

  10. 10

    舛添氏 利権で動く専門家に苦言

    舛添要一

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。