記事
  • ロイター

日経平均は反落、4連休控え利益確定売り優勢に


[東京 22日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は反落。明日からの4連休を控えているため、終始模様眺めムードが支配し、利益確定売りが優勢になる展開となった。情報・通信セクターを中心に先駆けて買われていた銘柄が軟化する中で、21日に好決算を発表した日本電産<6594.T>が急騰、成長性が高い銘柄を買おうとする物色の流れに変化はみられない。

21日の米国株市場は、ダウが0.60%高、ナスダック総合が0.81%安、S&P総合500種が0.17%高で取引を終えた。エネルギーなど景気敏感セクターが買われた一方、ハイテク株が売られた。一方、外為市場ではドル/円がやや円高に振れたものの、米国株と同様にきょうの相場ではあまり材料視されなかった。

市場では「連休明けは決算が本格化することもあり、きょうは積極的にポジションを取りづらい。ただ、下値も限定的で、積極的に売る人も少ない。新型コロナワクチンへの開発期待が継続しているのだろう」(東洋証券の日本株ストラテジスト、大塚竜太氏)との声が聞かれた。商いも低調で、東証1部の売買代金は1兆8880億5000万円と再び2兆円台を割り込んだ。

TOPIXも軟調に推移した。東証33業種では上昇は鉱業など3業種にとどまり、陸運業、医薬品、倉庫・運輸関連業などの下落が目立った。個別では、日本電産が大幅高となったほか、ソフトバンクグループ<9984.T>、NEC<6701.T>も高いが、ソニー<6758.T>が反落し、任天堂<7974.T>、東京エレクトロン<8035.T>も軟調に推移した。指数寄与度の大きいファーストリテイリング<9983.T>もさえない。

東証1部の騰落数は、値上がり473銘柄に対し、値下がりが1634銘柄、変わらずが65銘柄だった。

日経平均<.N225>

終値      22751.61 -132.61

寄り付き    22791.75

安値/高値   22732.92─22855.31

TOPIX<.TOPX>

終値       1572.96 -9.78

寄り付き     1578.10

安値/高値    1572.96─1582.77

東証出来高(万株) 108537

東証売買代金(億円) 18880.50

あわせて読みたい

「日経平均」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    貧困率15% 新興国水準に近い日本

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  2. 2

    菅首相の沖縄への態度にドン引き

    文春オンライン

  3. 3

    アルコール依存症巡る報道に苦言

    藤田孝典

  4. 4

    65歳はもはや「高齢者」ではない

    内藤忍

  5. 5

    菅首相は早く臨時国会を開くべき

    鈴木しんじ

  6. 6

    植草&錦織が漏らしていた格差

    文春オンライン

  7. 7

    「河野大臣は常識ない」に違和感

    早川忠孝

  8. 8

    孤独死は30代・40代の男性に多い

    PRESIDENT Online

  9. 9

    山口容疑者 基準値の約5倍を検出

    ABEMA TIMES

  10. 10

    空気感染? 医師「今まで通りで」

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。