記事

生き残る飲食店、生き残れない飲食店

【もうすぐ購読者5万人!】毎週金曜日17時に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。

来店客の減少に悩んでいる飲食店がある中、コロナショック前と同じように、連日満席で予約が取れないお店と言うのも東京にはたくさんあります。

その違いはどこにあるのでしょうか。

今も予約が取れないお店の共通点としては、次のようなことを思いつきます。

1. 少人数の常連客が対象になっている

お寿司や和食のお店はカウンターが中心。席数は10名以下というというお店も珍しくありません。予約できる人数が少なく、常連がリピートしているので、余計に予約が取れなくなり、満席で毎日運営することができるのです。

2. 際立った個性が、圧倒的なコストパフォーマンスがある

席数が少なくても、お店に魅力が無ければ、リピートはされません。他では味わえない個性のあるお料理が楽しめる。あるいは、原価率が異常に高く、コストパフォーマンスが高いと思えるような、「驚き」があることが人気を継続するための条件になります。

3. インスタグラムなどのSNSで配信されやすい

ミシュラン三ツ星のような有名店は、お店に行った人たちが次々とSNSに投稿します。お店に行った自慢をしたいからです。有名店でなくても、お料理の写真が綺麗だったり、思わず食べたいと思うような食材なら、注目されて、それがまた新しいお客様を呼んでくれるのです。

4. 来店客にお任せで、同じ料理を提供する

人気店には、アラカルトで来店してから好きなものを注文するお店よりも、基本はお店にお任せで来店客が同じ料理を味わうシステムのお店が多いようです。

人気店だからお任せにしているのか、お任せにしたから人気店なのか、ニワトリと卵のような関係です。予約が取れない人気店のほとんどは、このお任せシステムで、決まった時間に一斉スタートの仕組みになっています。

個人的には、その日に思い立って出かけ、好きなものを注文できる飲食店の方が、選択の自由があったほうが楽しいと思います。しかし、外食をするのは、あらかじめスケジュールを決め、行きたいお店を予約しておく。それが当たり前になっていくのかもしれません。

これまでのように、仕事が終わった後、なんとなく周りの人を誘って、一杯飲んでいく。そんな習慣が、コロナショックで変わってしまえば、チェーン店の居酒屋のようなお店に行く人は、もう戻ってこないでしょう。

だとすれば、飲食店は、そんな人々の行動や習慣の変化に対応しなければ、生き残れないと言うことになるのです。

■ 「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計30万部を超えた「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。

※このブログは「内藤忍の公式ブログ」2020年7月22日の記事から転載したものです。オリジナル原稿を読みたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

あわせて読みたい

「飲食業界」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    入店拒否めぐる堀江氏SNSに疑問

    かさこ

  2. 2

    「TENET」は観客に不親切な映画

    fujipon

  3. 3

    音に無頓着な人とWeb会議は苦痛

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  4. 4

    中曽根氏葬儀に約1億円は違和感

    早川忠孝

  5. 5

    Amazonの防犯用ドローンは問題作

    後藤文俊

  6. 6

    大阪都構想の必要性を橋下氏指摘

    橋下徹

  7. 7

    日本は中国の覇権主義に向き合え

    赤池 まさあき

  8. 8

    いつか撮られる…瀬戸大也の評価

    文春オンライン

  9. 9

    よしのり氏 マスク巡る矛盾指摘

    小林よしのり

  10. 10

    官僚がデジタル改革を進める矛盾

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。