記事
  • ロイター
  • 2020年07月22日 09:57 (配信日時 07月22日 09:54)

テスラのマスク氏、株高騰でまた21億ドル相当の巨額報酬


[21日 ロイター] - 米電気自動車(EV)大手テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は21日、同社株の最近の上昇で再び21億ドル相当の報酬を手にする権利を得た。時価総額と業績に連動した制度の下で、5月に続いて2度目の巨額報酬となる。

テスラ株はこの日午後の取引では3%安だったものの、時価総額の6カ月平均は1500億ドルになった。マスク氏は給与を受け取っていないが、2018年には時価総額や業績目標の達成度などに応じて12回(12トランシェ)に分割されたストックオプションを受け取る報酬体系が定められている。

同氏は今年5月、時価総額の6カ月平均が1000億ドルを超えた時点で、最初のトランシェ部分を手にした。

トランシェの権利を獲得するとマスク氏は、テスラ株169万株を1株当たり350.2ドルで購入するオプションが与えられる。現在の株価(1594ドル)で算出すると、マスク氏が仮に、5月のトランシェと今回のトランシェで得た株を売却した場合、1トランシェ当たりほぼ21億ドル、合わせて42億ドルの利益を得ることになる。

同氏に5月に付与された初回のトランシェは当時約7億ドル相当だったが、その後の株価上昇に伴い膨らんでいる。

テスラ株は、セダン「モデル3」の販売台数拡大で、この1年に500%以上高騰している。

同社は22日、第2・四半期決算を発表する予定。リフィニティブがまとめたアナリスト予想平均は、純損益が2億4000万ドルの赤字となっている。1カ月前の予想はほぼ3億4000万ドルの赤字だった。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ワクチン接種で雰囲気は好転、一方で過激化する「反ワクチン」グループ…正しい知識に基づく感染症対策の継続を

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月13日 08:21

  2. 2

    歳を取ると「厄介な人」になりがちな理由

    内藤忍

    06月14日 10:57

  3. 3

    変異株で若い世代の致死率が上昇した事実はなく、40代50代も実際は4分の1に低下

    青山まさゆき

    06月13日 12:45

  4. 4

    小池百合子「女帝」の最後の切り札 五輪中止に動くタイミングはあるのか? - 石井 妙子

    文春オンライン

    06月14日 08:32

  5. 5

    "やっぱりおかしい"消費税 安宿暮らしは「課税」なのに高級マンション家賃は「非課税」

    キャリコネニュース

    06月13日 09:08

  6. 6

    東大・京大も志願者減で止まらぬ「国公立離れ」 その最大の要因は何か

    NEWSポストセブン

    06月14日 08:38

  7. 7

    LGBT、夫婦別姓…“憲法改正”は令和に必要か? 憲法学者「最高裁や国民がしっかりしないといけない」

    ABEMA TIMES

    06月14日 09:28

  8. 8

    私がDHC吉田会長の在日コリアンに関する妄想は相手にしなくていいと思う理由

    宇佐美典也

    06月14日 12:00

  9. 9

    なぜ台湾は「コロナ劣等生」に急落したのか? - 井上雄介 (台湾ライター)

    WEDGE Infinity

    06月13日 14:45

  10. 10

    G7:バイデン大統領が主導、一帯一路に対抗する「B3W」で合意

    My Big Apple NY

    06月14日 08:14

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。