記事
  • ロイター

米ベスト・バイ、オンライン売上高が急増 引け後の株価上昇


[21日 ロイター] - 米家電量販大手ベスト・バイ<BBY.N>は、5月開始の第2・四半期の売上高が7月18日時点で前年から約2.5%増えたと21日に発表した。ネット販売の急増が寄与した。株価は引け後の時間外取引で4%上昇した。

新型コロナウイルス禍でネットショッピングの利用が増える中、同社は配達網の拡充を図ってきた。

同期のオンライン売上高は前年比で3倍以上に増えた。6月15日に店舗再開に着手して以降の全体の売上高は約15%増となった。

同社は6月22日までにほぼ全ての店舗を再開し、4月に一時帰休した5万1000人の時間給従業員の約半数を再雇用した。

格付け会社ムーディーズの小売アナリスト、チャーリー・オシェイ氏は「第2・四半期は店舗が営業していた期間が比較的短かったが、同社の商品の重要性と流通ルートを多様化するビジネスモデルの有効性が、暫定売上高の実績に反映された」と分析した。

ベスト・バイはまた、新型コロナを受けて導入した奨励給に代わり、従業員の時給を4%引き上げる方針を明らかにした。また、初任給も時給15ドルに上げるとした。

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国の世代間格差 怒る若者たち

    ニッセイ基礎研究所

  2. 2

    ひろゆき氏 デジタル庁巡り提案

    西村博之/ひろゆき

  3. 3

    スガ批判の左派に待つ皮肉な現実

    PRESIDENT Online

  4. 4

    菅外交は未知数 韓国とどう交渉

    舛添要一

  5. 5

    ワークマン コロナ打撃に強い訳

    南充浩

  6. 6

    各紙の新閣僚めぐる紹介文が茶番

    常見陽平

  7. 7

    安倍前首相の仮病を疑う声に反論

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    GoTo Eatは業者が儲かるカラクリ

    田中龍作

  9. 9

    汚染語らぬ平沢復興相に福島落胆

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

  10. 10

    アイヌ民族への謝罪せぬ日本政府

    畠山和也

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。