記事

[GoToトラベル」事業 与党自民党への事前説明もなく 混乱の極み

7.21自民党新型コロナウイルス関連肺炎対策本部会議の様子(自民党本部で)

 「国づくり、地域づくりは、人づくりから」を掲げて15年、「日々勉強!結果に責任!」を信条に活動する参議院議員赤池まさあき(自民党・比例代表全国区)です。

 7月豪雨で被災された方々には、心よりお見舞いを申し上げます。生活と生業支援に向けて、支援を始めています。詳細は以下のホームページをご覧下さい。

https://www.kantei.go.jp/jp/headline/ooame202007/index.html

●「GoToトラベル」事業の東京除外に賛否

 7月21日(火)、自民党本部において、新型コロナウイルス関連肺炎対策本部の会議が開催されました。議題は、最近の感染状況等と「GoToトラベル」事業についてです。

政府から説明を聴取して、参加した国会議員が意見を表明しました。

旅行代金を政府が補正予算1.3兆円で支援する「GoToトラベル事業」の東京除外方針について、賛否の声が上がりました。国交省の方針は国民の不安にこたえたもので、理解できると賛成の声もありました。しかしながら、多くは異論反論でした。観光業者や旅行業者に対して、無用な混乱を招いているとか、慌てて事業を前倒しして実施する必要があったのか、実施する以上東京除外は医学的根拠はあったのか等々です。

東京の感染者数が増大したとはいえ、重症患者は12人であり、まだ重症患者用の病床は増やす必要があるとはいえ、現状400床あるわけで、東京を除外したことは間違っていたのではないかという指摘もありました。

●与党自民党への事前説明もなく、方針を次々と変更した「GoToトラベル」事業

 私は次のような発言を行いました。

 ・現行の特別措置法では限界があるため、できるだけ早く法改正を行うべき。

 ・検査数は、一日3万以上できるようななったと厚労省から説明があったが、これで十分なのか。空港の検疫での検査は十分ではなく、そのこともしっかり説明して取り組みを加速すべき。

 ・5月の「緊急事態宣言」の解除後に発表した段階的緩和の目安について、感染状況に合わせて、変更すべき。変更しなかったことが、混乱や不安の原因ではないか。

 ・感染状況にあっていない、段階的な緩和の目安にそって、今回の{GoToトラベル}事業を実施しようとしたことが、そもそもの間違いではなかったか。野党の追及で「GoToトラベル」事業が7月下旬から8月下旬にずれ込んだわけだが、東京中心に感染症が増大し始めたのに、段階的緩和の日であった7月10日に、わざわざ国交大臣が7月22日から前倒しして実施することを公表した。

国民の不安が広がると、1週間も経たないうちに、東京だけを除外し、今度はキャンセルが増大して批判が高まると、キャンセル料は補償しないと言っていたのに、今度は補償するという。

この間、与党自民党に事前相談や説明があったのか。今日初めて説明を聞くわけで、私達は与党にも関わらず、国民からこの二転三転の状況について、説明を求められても答えられないではないか。一体、国交省・観光庁は、何をやっているのか・・・。

 残念ながら、7月22日から開始される今回の「GoToトラベル」事業について、この二転三転は、与党自民党への説明もないまま、国交省が前のめりで実施したもので、壊滅的な打撃を受けた観光業者や旅行業者を支援するという経済効果は薄く、キャンセルという無用な混乱を招き、感染症への国民の不安だけは拡大させるという失政だと言われて仕方のない状況だと思います。

あわせて読みたい

「GoToキャンペーン」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。