記事
  • ロイター

ノバルティス、コロナで通期売上高予想引き下げ 第2四半期は減収減益


[チューリヒ 21日 ロイター] - スイスの製薬大手ノバルティス<NOVN.S>は21日、新型コロナウイルスのパンデミックによる混乱を理由に2020年売上高見通しを下方修正した。第2・四半期(4─6月)は減収減益だった。

第2・四半期の純利益は4%減の19億ドル、売上高は1%減の113億5000万ドル。

ノバルティスは2020年売上高について、従来の1桁半ば─後半の増加率から1桁半ばの増加率に上限を引き下げた。

一方コア営業利益については、従来予想レンジの上限である10%台前半の伸びを予想。新型コロナ流行を受けた出張などの取り止めが経費削減につながった。

第2・四半期は、目や皮膚の治療薬が不振だった。加えて外出禁止など新型コロナ関連の規制で通院が控えられ、病院で処方される医薬品が打撃を受けた。

放射性医薬品「ルタセラ」の売上高は1億0500万ドルで、前年同期の1億0900万ドルを下回った。

乾癬・関節炎薬「コセンティクス」の売上高は12%増の9億4400万ドル。伸び率は前年の半分以下にとどまった。

眼疾患治療薬「ルセンティス」の売上高は25%減の4億0100万ドル。

ジェネリック医薬品部門サンドの売上高は9%減の21億6000万ドル。第1・四半期にみられた病院の購入ラッシュが一服した。

トピックス

ランキング

  1. 1

    枕営業NGが…少女に欲情し犯罪へ

    阿曽山大噴火

  2. 2

    入店拒否めぐる堀江氏SNSに疑問

    かさこ

  3. 3

    いつか撮られる…瀬戸大也の評価

    文春オンライン

  4. 4

    山尾氏が比例1位 新立民へ配慮か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    なぜベーシックインカム論再燃か

    ヒロ

  6. 6

    菅政権攻勢 石破氏に出番あるか

    早川忠孝

  7. 7

    JRの安全を脅かす強引な人事異動

    田中龍作

  8. 8

    GoToで満室 観光協会が喜びの声

    山本博司

  9. 9

    都構想 不都合は語らぬ説明会

    柳本顕

  10. 10

    憂いなく孤独死できる未来考えよ

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。