記事
  • ロイター

日本電産、原価改善で減収でも増益 車載は「戻り基調」


[東京 21日 ロイター] - 日本電産<6594.T>は21日、2020年4─6月期の連結営業利益(国際会計基準)が前年同期比1.7%増の281億円となったと発表した。売り上げ減に伴う利益の減少はあったものの、原価改善策が奏功し増益となった。売上⾼は前年同期比6.6%減収の3369億円。

永守重信会長はオンライン会見で「車載は良くなかったが精密小型モーターは収益性が上がってきた」と述べた。

車載分野は市場が低迷し4―5月に落ち込んだが、6月以降は戻り基調にあるという。原価改善策で収益性を強化した結果、赤字にならなかったとし「今後、売り上げが回復してくると利益が大きく出てくる。7―9月以降は改善がさらに進むと自信を持っている」と述べた。

一方、テレワーク需要でPC向けの薄型・⼩型のファンモータが堅調で、過去最⾼の出荷台数となった。家電・商業・産業用製品の分野でも利益率の改善が進んでいるとし「売り上げが5000億円以上あるので収益性が高まれば利益貢献は非常に大きい」(永守会長)と強調。今期にまず10%の利益率を確保する考えを示した。

21年3月期の通期営業利益予想は1250億円で据え置いた。リフィニティブがまとめたアナリスト21人による予想の平均値は1247億円。

年間配当も1株当り60円とする配当予想を据え置いた。前提為替レートは1ドル105円、1ユーロ117円で変更していない。

*内容を追加しました。

トピックス

ランキング

  1. 1

    入店拒否めぐる堀江氏SNSに疑問

    かさこ

  2. 2

    いつか撮られる…瀬戸大也の評価

    文春オンライン

  3. 3

    枕営業NGが…少女に欲情し犯罪へ

    阿曽山大噴火

  4. 4

    菅政権攻勢 石破氏に出番あるか

    早川忠孝

  5. 5

    「TENET」は観客に不親切な映画

    fujipon

  6. 6

    元TOKIO山口氏 異例の家宅捜索

    渡邉裕二

  7. 7

    音に無頓着な人とWeb会議は苦痛

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  8. 8

    山尾氏が比例1位 新立民へ配慮か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    官僚がデジタル改革を進める矛盾

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    Amazonの防犯用ドローンは問題作

    後藤文俊

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。