記事

三浦春馬さん「自殺」でテレビ報道の”ルール違反”。日テレとテレ朝は改善。TBSとフジは変わらず!

1/3
[画像をブログで見る]

 三浦春馬さんのニュースをめぐってテレビ各社の報道姿勢をWHO(世界保健機関)の「自殺報道ガイドライン」に照らして見た時、「ルール違反」と言えるようなテレビ報道が相次いでいることを三浦さんの死の速報が入った7月18日(土)と翌19日(日)の放送をチェックして公表したところ、かなり大きな反響があった。

 「テレビ離れ」が言われる中でも、テレビへの信頼や期待が一定程度以上はあるからだと感じる。

 20日(月)にはWHOの「自殺報道ガイドライン」を遵守する形で「相談窓口」の情報を加えて意識的に報道するようになった、冒頭の写真のようなテレビ朝日や日本テレビのような局がある一方で、変化が見られず「反省していない」ように見えるTBSやフジの一部の番組が目についた。

 筆者が19日に問題提起したのは以下の記事だった。

テレビ報道はルール違反だらけ!三浦春馬さんの「自殺」のニュース

 冒頭に掲げたTBSテレビのニュースは18日に同局が初めて三浦春馬さんの死去について伝えたものだったが、「自殺報道」をめぐる見出し(ヘッドライン)の表現として極めて問題が大きい。「自殺か 三浦春馬さん(30)自宅で首つり死亡」という見出しの字幕がアナウンサーの前に登場する。

 三浦春馬さんの自殺そのものを伝えるにあたって「どういう方法で死亡したのか」が見出しでも強調して示している。さらにニュースでは、VTRでも三浦春馬さんが自宅マンション内の部屋のどの場所で、どういう姿で発見されたのかを「字幕」と「原稿」で伝えていた。自殺の方法が目に浮かぶぐらい詳細に伝えているのだ。

これでは「詳しく伝えすぎ」だ

出典:ヤフーニュース個人(7月19日)「三浦春馬さん『自殺』でテレビ報道の”ガイドライン違反”が続々!」

 自殺防止の活動に取り組む団体が18日夜に全国紙やNHKやキー局など報道各社に「自殺報道ガイドライン」を遵守するように文書を送って求めたが、その成果なのか、一部のテレビ番組(日本テレビ「真相報道バンキシャ!」など)はかなり抑制的に伝える姿勢に徹して「自殺」を強調せず、その方法も明示しない報道姿勢を見せていた。

 では三浦春馬さんの死後、初めての平日になった20日(月)の報道はどうなったのか。追跡して検証してみたい。

 なぜなら、平日は朝から午後にかけてワイドショーと呼ばれる情報番組も多く、人気俳優の死をセンセーショナルに扱いかねない。

 また平日の夕方のニュース番組も「報道番組」とは言いながらも芸能情報も厚く扱うなど土日の短いニュース番組とは報道姿勢が異なるからだ。特に民放の場合には、番組ごとに報道姿勢が違う方針がある場合もあるため、詳細をチェックする必要があると考えるからだ。 

 前回の記事と同じく、筆者の目から見てWHOの「自殺報道ガイドライン」を遵守していると思われるものは「〇」、理想的と思われる報道は◎、違反と思われるものは「×」、違反の度合いが悪質と思われるものは「××」、遵守か違反か判断が微妙な場合は「△」とした。判断はテレビ報道歴が30年以上を経験した筆者の個人的な判断とした。

あわせて読みたい

「三浦春馬」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国語だけ水有料表記 会社謝罪

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    病床使用100%超も「4月と違う」

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    枝野氏詭弁は安倍首相と変わらず

    田中龍作

  4. 4

    「土下座像」に韓国政府も不快感

    NEWSポストセブン

  5. 5

    インバウンド復活は2~3年必要か

    Chikirin

  6. 6

    ひろゆき氏 radikoの戦略に疑問

    ABEMA TIMES

  7. 7

    支離滅裂な安倍政権に高まる不信

    NEWSポストセブン

  8. 8

    2週間後危機の予想 なぜ外れるか

    永江一石

  9. 9

    PCRを巡る対立 政治思想と親和性

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    吉村知事 お盆自粛ならGoTo中止

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。