記事
  • ロイター
  • 2020年07月21日 08:55 (配信日時 07月21日 11:27)

全国コアCPI、6月は前年比0.0% 原油価格持ち直しマイナス脱却


[東京 21日 ロイター] - 総務省によると、6月の全国消費者物価指数(生鮮食品を除く、コアCPI)は101.6で、前年同月と同水準だった。ロイターがまとめた民間予測は0.1%低下だった。コアCPIは4月、5月と2カ月連続で低下していた。

原油価格が持ち直したことを受け、ガソリン、電気代、都市ガス代などの下落幅が縮小したことがコアCPIの下げ止まりにつながった。

6月の総合指数は前年比0.1%上昇した。生鮮食品およびエネルギーを除く総合指数は前年比0.4%上昇した。

<ガソリン・電気代の下落幅縮小、宿泊料は下落幅拡大>

原油価格の持ち直しを受け、エネルギーは前年同月比5.3%下落と、5月の同6.7%下落からマイナス幅が縮小した。エネルギー関連価格の下落幅が縮小したことで、電気代や都市ガス代、ガソリンもマイナス幅が縮小した。

このほか外食は同2.6%上昇、高速自動車国道料金を含む交通は同3.4%上昇した。高速道路料金は、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた移動制限の一環で休日のETC割引料金が適用されなかったことが上昇につながった。

一方、6月19日まで県境をまたぐ移動の制限が続いていたことや、インバウンド需要の蒸発が影響し、宿泊料(同6.6%下落)や外国パック旅行費(同7.1%下落)の下落幅が拡大した。

総務省の担当者は、コロナショックで供給面の制約を受けたコスト上昇による値上げの可能性に言及する一方、需要の減少による値下げが起きる可能性もあると指摘。「新型コロナが物価にどう影響するか見えないので、消費者物価指数の動向を引き続き注視していきたい」と述べた。

*内容を追加します。

(浜田寛子 編集:山川薫)

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    飲食店の酒提供に対し小刻みな制限をかける小池都知事 科学的根拠はあるのか

    深谷隆司

    06月20日 16:18

  2. 2

    【驚愕】自民党系の横浜市長選候補者がカジノ反対へ

    木曽崇

    06月20日 11:57

  3. 3

    戦争映画としての「閃光のハサウェイ」

    諌山裕

    06月20日 09:58

  4. 4

    やはり世代交代ですね。小此木さんの横浜市長選挙への転進にエールを送る

    早川忠孝

    06月20日 17:30

  5. 5

    容姿いじりには「感謝しながら傷ついていた」…青木さやか(48)が語る、00年代の女芸人の“難しさ” 青木さやかさんインタビュー #2 - 西澤 千央

    文春オンライン

    06月20日 13:30

  6. 6

    山手線が全線で運転再開

    ABEMA TIMES

    06月20日 22:24

  7. 7

    『閃光のハサウェイ』ヒロインの作画が驚異的! とにかく丁寧に作られた映画だった

    キャリコネニュース

    06月20日 14:29

  8. 8

    元トップAV女優・上原亜衣が語る“身バレの現実”と“動画戦略”

    文春オンライン

    06月20日 16:01

  9. 9

    タワマンの高層階ばかりを移り住む「空中族」 高値売り抜けはそろそろ手仕舞いか

    NEWSポストセブン

    06月20日 09:50

  10. 10

    【世界ALSデー月間特別寄稿④〜トリアージは既に当たり前に行われている⁉️〜】

    恩田聖敬

    06月20日 09:00

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。