記事

コロナ問題の行き着く先は「ウィズコロナ」しかない

1/2

■「Go TOトラベル政策」の目的とは?

 新型コロナウイルスの感染流行によって中国人旅行客が激減したため、日本の観光業が壊滅的な打撃を受けている最中にある。現在の状況を以前の状態に戻すとなると、中国人旅行客が日本に戻ってこない限り不可能に近い。それで、少しでも国内の旅行客を増やすために考えられた政策が「Go TOトラベル政策」だった。これは観光業のハードランディングを回避するための政策でもあったが、なぜか本丸の東京は対象から除外され、旅行キャンセル料金も全て政府が肩代わりするというマッチポンプ的な政策になってしまった。

 ドタバタ劇が続いたせいか「Go TOトラベル政策は失敗する」と言っている人もいるようだが、その失敗の定義は、なぜか「感染者が増加すること」になっている場合が多い。しかしながら、本来の失敗の定義は「旅行客が減少すること」でなければおかしい。なぜなら、「Go TOトラベル政策」はコロナ感染者を減少させることを目的とした政策ではなく、旅行客を増加させることを目的とした政策だからである。

 なるほど「Go TOトラベル政策」を実施すれば、確かにコロナ感染者は幾分か増加するだろう。しかし、それは始めから分かりきっていることであり、わざわざ「感染者が増加して失敗するだろう」と予言するようなことではない。

 こう言うと、「感染者が増加すれば、その後、旅行客が減少して失敗になるではないか」と言う人がいるかもしれない。

 では、どうすれば、旅行客を増加させることができるのか? コロナ感染者が0になれば、旅行に行く人も増えると言うのだろうか?
 しかしながら、感染者が0になるのを待つまでもなく旅行をしている人は大勢いる。それらの人がコロナに感染したとしても「Go TOトラベル政策」とは無関係だ。「Go TOトラベル」を利用して旅行した人と、「Go TOトラベル」を利用せずに旅行した人、この両者には何の違いもない。どちらもコロナに感染する可能性はある。ということは、「Go TOトラベル政策は失敗する」というのは、結局のところ、「旅行は失敗する」と言っているのと同じことになる。

あわせて読みたい

「GoToキャンペーン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    河野大臣が表情変えた記者の質問

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    テレ朝のPCR巡る報道に医師怒り

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    文科相が一部大学の授業を批判か

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    イソジンの転売 薬事法に抵触

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    徴用工問題は日韓政府が解決せよ

    ヒロ

  6. 6

    宮崎駿に学ぶ メモしない発想法

    放送作家の徹夜は2日まで

  7. 7

    恋心を持つこと自体が難しい現代

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  8. 8

    消費税5% 解散総選挙で奥の手か

    NEWSポストセブン

  9. 9

    相次ぐ企業赤字 観光自粛に異議

    青山まさゆき

  10. 10

    国会を開かないなら歳費返上せよ

    鈴木しんじ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。