記事

ここからの負のスパイラルを止められるか?

2/2

なお、この半年、正面から論じられることはまだ少ないが、新型コロナ下でもっとも試されているのは「個」の力、で、仕事上のマネジメントにしても、消費喚起を狙ったマーケティングにしても、いかに「個」を生かし、取り込めるか、ということに、この状況を無事乗り切れるかどうかの全てがかかっている、と自分は思っている。

これを聞いて、どこぞやの業界のように、

「何言ってるんだ、うちの商売は『マス』を相手にしないと儲けが出ないんだ。だからキャンペーンやってもらわなきゃ困るんだ。」

と叫び出す人もいるのかもしれない。

だが、コロナ前から時代は大きく変わってきていたのに、そういった感覚をしぶとく生き残らせてしまったことが長年の”官製キャンペーン”の最大の問題だったと自分は思っているし、今回の「Go To」を支持しない最大の理由もそこにある*10

人々の生活を守ることは、誰かの生命を守ることの次に大事なこと。そして、そのためには、経済を支え続け、雇用を生み出す産業を守り続けないといけない、というのも自明の理。

でも、「経済を支える」とか「産業を守る」ということと、「業界の既存のプレーヤーを助ける」ということは、全くイコールではない

おそらく、この先の数か月は、我々がその事実を改めて思い知るための日々になるはずだし、抗いようもない現実の前に、当局関係者も含めた多くの人々が頭を切り替えて初めて、この社会は負のスパイラルから抜け出せる*11と思う次第である。

*1:感染の影響を受けやすい世代、かつ一定の地域内で生活圏が完結している方々が多いと思われる上に、接客業であるがゆえに、罹患した時の状況もタイムリー、かつかなり詳細に公表されるため、リアルな感染伝播状況を推し量るには絶好の素材だと思っている。ここで取り上げるどの会社も、想定外のオペレーションを強いられるご苦労はもちろんのこと、これだけウェブサイトにプレスを出し続けるだけでも大変だろうと思ってしまうような状況なのだが、3月以来それをとにかく徹底し続けていることには本当に心から敬意を表するほかないし、こういうスタンスで情報を発信し続けることも立派な社会貢献の一つといえるのではないかと思う。

*2:逆に言えば、これが真新しい情報のように受け止められてしまう、というところに今のメディアの伝え方の問題がある、というべきなのかもしれない。未だに「夜の街の話」「東京限定の話」と思っていた人が決して少なくなかった、ということでもあるような気がするので。

*3:逐一紹介はしないが、これ以外でも、先週1週間、確認できただけで30件を超える企業や店舗からの感染報告プレスが出されている。

*4:同類の見解として「重症者が少ないじゃないか」というのもあるが、この数字が遅れてやってくるものだ、というのは、賢明な方であれば、3月、4月に世界中で起きた悲劇的な流行の中でよくよく学んでおられるはずなので、ここであえてデータの見方を説くまでもないだろう。あと、仮に、死まで至る方の数が相対的に少ないのだとしても、「昨日まで元気に過ごしていた人が、軽い風邪症状から一気に肺炎まで起こして死ぬ」という悲劇的な事態を目の当たりにすれば、そういった事例を一つでも減らすために手を尽くすべきは当然のことではなかろうか。それを「経済苦でも・・・」という話とごった煮にして論じるのは、人の命をあまりに冒涜した議論だと自分は思っている。

*5:少なくとも、小売店やカフェのレベルで店員から客に感染が広まった、という話はこれまでのところ出てきていないように思う。逆に、店員の感染が報告されている事例も、家族や他の機会での濃厚接触によるもの、とされているケースが相応の比率を占めている(もちろん、「経路不明」となってしまうパターンがほとんどだと思われるだけに、あくまで推測でしかないのだが、マスクにビニールシートで防護された今の店舗のカウンターの境界を超えてウイルスが広まる可能性は、春先と比べてもかなり減っているのは間違いないと思われる)。

*6:緊急事態宣言下のブランクの間に店舗改装して「居食屋」化した結果、回転率も上がって持ち直した個人営業のお店も知っているだけに。もちろん、全てのお店がそううまくいくはずもないのだけど、ただ客の減少を嘆くくらいなら試してみる価値はあると思うのだ。

*7:会社のオフィスに関しては通勤がどうこう、というよりは、昼休みや仕事終わりに同僚と連れ立ってぺちゃくちゃ・・・というのが一番リスクが高いわけで、そういう接触の機会を当面控えてもらう、という点で、在宅ワーク比率を再び高めに行くのが正しい方向性だと思っている。

*8:そしてそういった対応の効果自体を全否定するつもりもないが、結果的にそういった不自然な対策が今まさに形骸化しつつあることも事実である。

*9:今日のCOVID-19あれこれ~2020年3月25日版 - 企業法務戦士の雑感 ~Season2~ インシデントとしてのサイクルは一回りしたが、世の中の状況、というか意識は、この頃からあまり変わっていないように思えてしまうのは自分だけだろうか。

*10:今どき「宴会付きの団体旅行プラン」を売りに行く旅行会社なんてあるのかよ・・・というのが報道に接した時の素朴な感覚だったし、それは「感染拡大リスク」以前の話だったりもした。

*11:そして運が良ければ逆回転して好循環が生まれる。もちろん確率は限りなく低いけど・・・。

あわせて読みたい

「日本経済」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    強行放送!緊急事態宣言下の24時間テレビは「ジャニーズ祭り」

    渡邉裕二

    08月04日 08:04

  2. 2

    中等症めぐり政府の揚げ足を取る毎日新聞 いい加減な記事を出すのは許されるのか

    中村ゆきつぐ

    08月04日 08:26

  3. 3

    患者対応をめぐる行政と開業医の役割分担 国会議員がルール化する必要性を橋下氏指摘

    橋下徹

    08月04日 12:14

  4. 4

    環境省がエアコンのサブスクを検討 背景に熱中症死亡者の8割超える高齢者

    BLOGOS しらべる部

    08月04日 18:05

  5. 5

    東京都心に住むコストをケチってはいけない

    内藤忍

    08月04日 11:37

  6. 6

    オリ・パラ後の新国立は誰のためのスタジアム? - 上林功 (追手門学院大学准教授)

    WEDGE Infinity

    08月04日 09:49

  7. 7

    菅政権の自宅療養方針に与党議員が批判?? 無責任な姿勢は最低なパフォーマンス

    猪野 亨

    08月04日 14:17

  8. 8

    東京都で新たに4166人の感染確認 過去最多 重症者は3人増の115人

    ABEMA TIMES

    08月04日 17:04

  9. 9

    有害な言論はどこまで警戒すべきか?

    元官庁エコノミスト

    08月04日 15:07

  10. 10

    五輪マラソンで札幌は再び医療崩壊の危機

    田中龍作

    08月04日 19:18

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。