記事

沖縄タイムス記者が現地観光産業の“生の声”を緊急リポート「Go Toキャンペーン、是か非か?」 - 與那覇 里子

1/2

 逆風が吹き荒れている政府肝いりの「Go Toトラベルキャンペーン」。首都圏を中心に新型コロナウイルスの感染が拡大する中、7月22日のスタートには賛否両論の声が上がる。沖縄も例外ではない。

【画像】緊急事態宣言中、那覇の国際通りは「シャッター街」と化した

 緊急事態宣言下の4月、玉城デニー県知事が《沖縄は非常事態宣言の体制で充分なおもてなしは到底できません。離島を含め医療体制も非常事態です。どうか今の沖縄への旅はキャンセルして受け入れ可能な時期までお待ち下さい。stayhome weekして下さい》とツイッターで呼びかけたという経緯もある。10年以上にわたり故郷・沖縄を取材し続ける「沖縄タイムス」の與那覇里子記者が、現地の観光産業の“生の声”をリポートする。


いよいよシーズンになる沖縄。観光業は正念場を迎える ©文藝春秋

◆◆◆

地元民でにぎわいはじめた那覇の歓楽街

 5月25日、緊急事態宣言が解除されてから、沖縄・那覇の夜の街には人が戻り始めた。

 移動が制限されていたことやコロナの感染者が沖縄で出ていないことで、那覇の歓楽街ではお酒を酌み交わす地元の人たちでにぎわっていた。これまでなら、ビーチサンダルにショートパンツといった、沖縄のリゾートを満喫するファッションの観光客の姿も見られるけれど、さすがに目には入らなかった。

 安心して外に出かけられたし、6月に入ると、筆者は満席で断られることも数回経験した。

 その歓楽街から徒歩10分。例年なら観光客であふれている国際通りは、ほとんどの店のシャッターが下り、人通りはほとんどなく、にぎわいは対照的だった。

 6月19日、沖縄への来県自粛が全面解除。観光客の姿をちらほらと見かけるようになった。

 沖縄観光のトップシーズンの7月に入ってからは、団体客を乗せた大型バスも走っているのを見るようになり、モノレールや歓楽街でも、若いカップルや高齢夫婦の日本人観光客を見かけるようになった。

 地元の人がなかなか行かないビーチに行けば、日本人観光客のレンタカーやマリンスポーツが好きな米軍関係者の車がずらり。

 徐々に活気が戻ってきた。

 そう思っていた矢先の7月8日、沖縄県民から69日ぶりの感染者がでた。9、10日には東京、埼玉からの観光客からも感染者が出た。

 さらに、7月7日から沖縄の米軍関係者に感染が拡大。11日までのわずか5日間で61人が感染。7月以降の感染でみると、17日までの感染は138人に上っている。

 16日には、米海兵隊のキャンプ・ハンセンに出入りする80代のタクシー運転手が感染。米軍関係者にクラスターが発生していたことがわかった7月8日以降、沖縄県民に感染した初めての事例とみられる。

米軍での感染拡大の「まさか」と「やっぱり」

 沖縄の米軍関係者は、必ずしも米軍基地内で暮らしているわけではない。

 2013年3月時点で、沖縄県にいる軍人と軍属、その家族の計5万2092人のうち、基地の外に住んでいるのは、32%の1万6435人だった。2013年以降、米軍や防衛省が数字を公表していないため、詳しい実態は分からないが、沖縄県民の暮らしの中で、レストランやバーや公園で、会うことは日常的にある。とりわけ珍しいことではない。

 沖縄では、米軍関係者による事件・事故が多発し、反基地感情は大きいものの、日常生活で出会う米軍関係者、個々人に対しても反基地感情がわき上がるかといったらそうではない。例えば、沖縄県内のインターナショナルスクールでは、沖縄県民の子どもも米軍関係者の子どもも一緒に学んでいるし、場面、場面で沖縄県民それぞれが色んな感情を持って接しているので、はっきりとした分かりやすい二項対立ではないことを理解してもらいたい。

 そのような中で、米軍関係者が米国から直接、在日米軍基地に入国する際、無症状者のPCR検査を実施していないことが15日判明した。日米地位協定で検疫についての国内法が適用されないためだ。

 沖縄の玉城デニー知事は15日に上京し、官房副長官や関係閣僚に基地内の感染拡大を防止する対策を徹底するように求めたが、18日にはすでに、感染が分かった米軍関係者の少なくとも約3分の1に当たる46人が、基地の外で行動していたことが明らかになった。

 ただ、一口に米軍関係者と言っても、感染の拡大の原因が、沖縄に異動で来た人なのか、以前から沖縄に住んでいた人なのか。

 7月4日、米国の独立記念日に、バーベキューパーティーや数百人規模のダンスイベントがあり、多くの米軍関係者らが参加していたことが分かっているものの、まだ詳細はつかめていない。

 沖縄県民も戸惑う。

 感染が広がっている普天間飛行場のある、宜野湾市のイタリアンバルで働く26歳の女性は「まさか」と思う一方で、「やっぱり」とも思ったと話す。

「緊急事態宣言が出る前、沖縄県内で感染が広がっていたとき、当時は県外からきた日本人のお客さんは、感染を心配して入店を断っていたけど、米軍関係者も大事なお客さんだし、感染対策は大丈夫だろうと思ってお店に案内していたので、今回はまさかという気持ちです。ただ、米軍関係のお客さんはイベントが大好きだし、元気な人が多いから、独立記念日の音楽イベントの件もあって、やっぱり、という気持ちもある。先週末も米軍関係のお客さんが来ていたので、万が一感染していないか、他のお客さんにも移っていないかとても心配です」

あわせて読みたい

「GoToキャンペーン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    周庭氏連行の瞬間を捉えた写真

    田中龍作

  2. 2

    国民より首相 自民の真意が如実

    やまもといちろう

  3. 3

    うがい薬買い占めた高齢者を直撃

    NEWSポストセブン

  4. 4

    イソジン会見 同席医師に違和感

    三田次郎

  5. 5

    うがい薬問題 誤解の連鎖に呆れ

    青山まさゆき

  6. 6

    コロナ致死率は世界的に低下か

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    TikTok巡る報復 Appleらに打撃も

    飯田香織

  8. 8

    離島で初の死者 沖縄で3人が死亡

    ABEMA TIMES

  9. 9

    舛添氏 利権で動く専門家に苦言

    舛添要一

  10. 10

    れいわはN国党に助言を請うべき?

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。