記事
  • ロイター

中国、EUもファーウェイ排除ならノキアとエリクソンに報復=報道


[20日 ロイター] - 欧州連合(EU)が英国に続き中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL] 製品の第5世代(5G)移動通信システムからの排除を決定した場合、中国は欧州の通信機器大手、ノキア<NOKIA.HE>とエリクソン<ERICb.ST>に対する報復措置を検討している。米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が関係筋の話として報じた。

英国は14日、2027年までにファーウェイ製品を5G移動通信システムから完全に排除すると決定。当初は限定的な参入を容認する姿勢だったが方針を転換した。

WSJ紙によると、中国商務省はフィンランドのノキアとスウェーデンのエリクソンが中国国内で製造している機器に対する輸出制限を検討。ただこうした措置は、EUが中国メーカーを5G通信網から排除した場合のみに導入されるとした。

EUはこれまでのところ、ファーウェイ製品の排除は推奨していない。

この報道に関してノキアとエリクソンからコメントは得られていない。

ファーウェイ製品の排除は米国が先頭に立って進めているが、ノキアとエリクソンが最も大きな恩恵を受ける可能性がある。

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国の世代間格差 怒る若者たち

    ニッセイ基礎研究所

  2. 2

    ひろゆき氏 デジタル庁巡り提案

    西村博之/ひろゆき

  3. 3

    スガ批判の左派に待つ皮肉な現実

    PRESIDENT Online

  4. 4

    ワークマン コロナ打撃に強い訳

    南充浩

  5. 5

    菅外交は未知数 韓国とどう交渉

    舛添要一

  6. 6

    各紙の新閣僚めぐる紹介文が茶番

    常見陽平

  7. 7

    安倍前首相の仮病を疑う声に反論

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    GoTo Eatは業者が儲かるカラクリ

    田中龍作

  9. 9

    アイヌ民族への謝罪せぬ日本政府

    畠山和也

  10. 10

    汚染語らぬ平沢復興相に福島落胆

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。