記事

香港「一国二制度」崩壊を導いた「大物フィクサー」 - 樋泉克夫

1/2
「雨傘運動」の失策にもかかわらず重用されてきた梁振英氏(C)EPA=時事

 このたび施行された「国家安全維持法」による香港の現状――「高度な自治」を謳った「一国両制(二制度)」が突き崩される過程を追って見ると、特別行政区政府の頭越しに習近平政権の意向を代弁するかのような動きを見せる人物が浮かび上がってくる。

 その人物こそ、2012年から2017年まで第3代香港特区行政長官を務め、現在は「中国人民政治協商会議全国委員会」(「全国政協」=参議院に相当)副主席を務める、梁振英である。

 最近の彼の政治的振る舞いは、香港社会を構成する3本柱の内の「政治」と「経済」を結び付ける一方で、残る「民意」を封じ込める方向に作用していると思える。さしづめ「大物フィクサー」とでも言えそうだ。

 そして驚くべきことに彼は、三十余年以前に「高度な自治」を条文化した「香港基本法」の作成に、咨詢(諮問)執行委員会の秘書長として大きく関与していた。香港基本法の中に、最初から「一国両制」から「一国一制」へのカラクリが密かに仕掛けられていたと考えるのは、飛躍が過ぎるだろうか。

 香港基本法成立に至る過程・内情を彼以上に詳しく知った者は、現在の香港に見当りそうにない。その多くは鬼籍に入り、あるいは政治的には過去の人になってしまった。

 はたして「一国両制」が始まった時点から「一国一制」へのカウントダウンが始まっていたとするなら、現在の香港を覆う異常なまでの政治状況は、短期的には習政権が見せる強硬姿勢の現れと言えるだろうが、やはり長期的には共産党政権それ自体が抱える統治体質に起因するに違いない。

若く無名のビジネスマンが秘書長就任

 梁は1954年香港生まれだが、中国山東省威海衛をルーツとする。じつは香港の警察関係には山東省出身者が多いとされることから、彼の一族の中に警察関係に連なる人物がいたと考えてもあながち間違いはないだろう。

 彼が最初に政治的注目を集めたきっかけは、1985年12月に「香港基本法咨詢(諮問)委員会」の19人の執行委員のうちの1人に選ばれたばかりか、秘書長として同執行委員会の取りまとめ役を務めたことだ。

 同委員会人事に中央政府の意向が大きく反映されていたことは言うまでもない。

 執行委員の大部分が当時の香港各界で影響力を発揮していた老壮年の親中派有力者だったことを考え合わせると、イギリス留学帰りで土地測量事務所を経営していた若く無名の土地評価ビジネスマンの秘書長就任が、当時の香港で驚きを以て迎えられたのも判らないわけではない。文字通り異例なまでの抜擢だ。

 同執行委員会が共産党政権の方針と香港の実情を勘案し、実質的に香港基本法を起草したと言われるだけに、彼に対する中央政府の信頼の程度が容易に想像できる。

 いわば彼は1985年から現在までの35年の間、北京と香港を結び、香港政治の中枢に深く関わり、北京の意向を香港社会に反映させることに一貫して従事してきた、香港におけるキーパーソンなのだ。であればこそ、彼は北京と香港の関係の"裏の裏"まで知り尽くしているに違いない。

 香港基本法咨詢委員会人事の次に注目を集めたのが、返還を前にした初代行政長官選挙だった。

 香港のメディアは董建華(初代長官)など当時の江沢民政権に近い何人かを有力候補として報じたが、その中の最年少が梁だったのである。この時、彼は江沢民派だったに違いない。

 その後、彼は「行政会議」委員(任期:1999~2011年)として董、曽蔭権(代行)、唐英年(代行)、曽蔭権(第2代)の各長官をトップとする「特区行政会議」(内閣に相当)に参画する一方、2003年からは香港地区を代表する「全国政協」委員(参議院議員に相当)として中央政界に進出している。

胡錦涛政権の"公認候補"

 彼が3回目に注目を集めたのは、2012年3月に行われた行政長官選挙だった。

 この選挙において、梁は当時の胡錦濤政権の"公認候補"として立候補し、李嘉誠ら香港の有力企業家の多くが強く推した唐英年と戦った。この時、メディアは一貫して梁の劣勢を伝えていたが、下馬評を覆し、685票対285票で唐を圧倒してしまったのである。

 早速、中国国営『新華社』は、

「公開、公平、公正の原則が貫かれ、民意を正しく反映した選挙結果だ」

 と、梁の勝利を讃えた。

 だが、香港メディアが伝えるところでは、投票直前になって胡政権は香港に隣接する深圳特区に劉延東国務委員(副首相級)を送り込み、唐支持派と目される企業家を中心とする選挙委員に対し、「香港の民意を尊重して投票を」と猛烈な梁支持工作を展開したというのだ。

 香港における政治動向は共産党中枢の権力闘争を反映していると見られているだけに、「反胡錦濤」で共同路線を歩んでいた当時の江沢民と習近平の系統と見做されていた唐の当選は、何としてでも阻止したかったはず。あるいは選挙期間中に持ち上がった唐の自宅不法建築スキャンダルも、唐切り崩し工作の一例だったのだろう。

 3月25日の勝利宣言で、

「今日、香港市民が持ついかなる自由及び権利も絶対に変えることはない」

 と述べた梁は、7月1日に中央政府(国務院)から3代目の行政長官に任命されている。

 しかし、梁の長官選挙出馬が本格化した2011年夏、民主派の重鎮で知られる李柱銘(マーチン・リー)が「梁は共産党員だ」と指摘したことや、長官就任直前に今度は梁の自宅の違法建築が発覚したこと、選挙戦への中央政権の露骨な介入や、自らに批判的なメディアへの圧力、さらには家庭内のゴタゴタなどが重なり、就任直後から民意は梁政権に強い反発を見せていた。

 その象徴が2014年秋の「雨傘革命」だった。

あわせて読みたい

「香港」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    もう無関心?コロナに飽きる日本

    赤木智弘

  2. 2

    竹中氏「月7万円給付」は雑すぎ

    藤田孝典

  3. 3

    権力批判をやめた日本のマスコミ

    文春オンライン

  4. 4

    茂木大臣の国連めぐる演説に苦言

    川北英隆

  5. 5

    ノーベル賞の日本人受賞者は2人?

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    「バカ発見器」Twitterの対処法

    御田寺圭

  7. 7

    アビガン申請へ「富士フに拍手」

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    毎日同じ服を着るイマドキ富裕層

    PRESIDENT Online

  9. 9

    山口逮捕 配慮のない報道に憤り

    常見陽平

  10. 10

    菅外交の優先順が見えた電話会談

    木走正水(きばしりまさみず)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。