記事
  • SmartFLASH

当真ゆき「AV家族バレの瞬間」娘からLINE「これママだよね?」

 セクシー女優にとって避けて通れない「家族」の問題。そんなセンシティブなテーマに、正面から取り組んだ書籍『AV女優の家族』が話題だ。 レジェンド女優の当真ゆきが、知られざるエピソードを語る――。

 当真ゆきは、高校在学中に妊娠・結婚を経験するも、出産わずか2カ月後にDVが原因で離婚。娘を育てるため、新潟から上京した。

「交通費の2万円だけ持って出てきたんですよ。母親に『いったん子供を置いていって、生活が落ち着いたら迎えに来なさい』って言われて、単身、上京しました」

 東京に来てすぐ、エロ本に載っていたAV女優の求人広告を見て、都内にあった事務所に面接に行くことに。

「私、エロに対する特別な感情みたいなものがなかったんです」

「親に言えない仕事はしない」という気持ちが根本にあったため、仕事はデビュー前にすべて、親に話したという。

「『まわりの誰が批判しても、両親だけにはちゃんとわかっていてほしいし、自分がすることを理解してほしい』って言って。そうやって親が『NO』と言えない状況を作ってから、『AVデビューします!』と宣言しました(笑)」

 兄からは、「我が家の恥だ」と猛反対を食らったが、父親は何も言わなかった。

「うちの父、病気でずっと入院していたんです。人工呼吸器をつけているので、文字盤を使って会話をするんですが、我が家は、すべての決定権が父親にありました」

 母親は、娘の仕事についてどう受け止めていたのか。

「母はおそらく、父の病気のこととか、一家を養っていかなきゃならないとか、いろいろありすぎて、私がAV女優になるくらいじゃ、なにもビビらないというか。めっちゃ強いんです。だから母のことは、めっちゃ尊敬してます」

 風俗嬢とAV女優を掛け持ちしながら働き、生活が落ち着いたところで娘を引き取った。そして、娘が小学6年生のとき、今度は娘にAV出演がバレることになる。

「突然、LINEに娘から『これ、ママだよね?』って、写真が送られてきて。めっちゃ焦りましたね。『もう、話さないとダメだな。ちゃんと話せばわかるかな』と思って、その日、帰ってすぐ話しました」

 娘のつむぎは、このときのことを、こう振り返る。

「ママが否定してきたら喧嘩かな、と思ったんですけど、あっさり『そうだよ』みたいな感じだった」

 つむぎは高校を中退後、リフレの仕事などを経て現在は、いちゃキャバ嬢として働く。彼女が仕事を始めて、気づいたことがあるという。

「つらいこともあるじゃないですか。内容的にも、誰でもできることじゃないのを、ずっと長くやってる。しかも、それは私を育てるため。『ありがとね』って思いましたね。そっからまた、お母さんと仲よくなりました」

 母は現在、デリヘルで働き、娘の働く店を自身のお客に紹介することもある。良好な親子関係を築いているようだ。

とうまゆき

1983年3月15日生まれ 高校3年生で妊娠、女児を出産するも数カ月で離婚。子供を養うため上京。グラビアモデル、格闘技のラウンドガールを経て2003年にAVデビュー。2007年に引退し再婚するも、数年後に離婚、2011年にAV復帰

取材&文・寺井広樹

※『AV女優の家族』は光文社新書より発売中

(週刊FLASH 2020年7月21日号)

あわせて読みたい

「AV女優」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoToで客殺到 高級ホテル避けよ

    内藤忍

  2. 2

    小沢氏の「政権獲得」宣言に呆れ

    早川忠孝

  3. 3

    「時代劇」半沢直樹を楽しむ方法

    大関暁夫

  4. 4

    枝野氏は共産党と組む覚悟が必要

    毒蝮三太夫

  5. 5

    風俗に「堕ちる」女性たちの事情

    NEWSポストセブン

  6. 6

    貧乳OK巨乳NG 仏美術館で騒動に

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  7. 7

    岸部四郎さんの壮絶な借金地獄

    文春オンライン

  8. 8

    靖国参拝は「韓国への迎合不要」

    深谷隆司

  9. 9

    コロナの裏で高齢死亡者1万人減

    赤池 まさあき

  10. 10

    ゴーン氏 リゾート地で悠々自適

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。