記事
  • 海老原嗣生

コロナ総括⓮GOTOキャンペーンの無理筋と、ボルソナ脳の失敗

1/2

昨今、ちょっとしたことでも「感染が広がる」と神経質に考える人をコロナ脳と揶揄する風潮が広まっている。対して、「大丈夫、経済再開すべき」という人はさしずめ、(ブラジル大統領からもじって)ボルソナ脳とでもいえばいいか。どちらも極端に走りすぎているのだ。冷静に数字を並べて現在の再流行を考えてみることにしよう。

早晩、国内新規感染者は1000名を超える

前稿で、「国家権力を総動員して夜の街クラスター対策を」という話を書いたところ、土日に早速、警察を通して社交飲食・風俗関係店舗の風営法取締りの強化を行う、という発表があった。

税務査察や労基署の臨検など、まだまだ取締りの強化はできる。こうした「ムチ」の施策に加えて、休業協力金(都はすでに実施)、家賃支援給付金や持続化給付金の申請サポートなど「アメ」とセットで、夜の街対策をさらに強化していくべきと、私は1ヵ月以上前から主張してきた。

今となっては、時すでに遅しというしかない。理由は簡単だ。今回の感染源たる東京では、夜の街関連の新規感染者は、全体の1割程度にまで減っているからだ。その他市中感染と経路不明者が圧倒的多数を占めるため、もう夜の街対策では著効を示すことはないだろう。


すでに、東京都の新規陽性判明者が300名に近づく日が多くなり、全国でのそれは600名を超える。ここまで効果的な施策がほぼなかっただけに、仮に急づくろいで対策を繰り出したところで、これから2~3週間は感染者が増え続けることは明白だ。新規陽性判明者は早晩、東京だけで500名、全国では1000名を超えるレベルにまでは必ず達する

「重症は少ないから安心」とは言えない理由

こうした急増・蔓延状況に対して「4月の時とは状況が異なる」という話をする人が多々見られる。その趣旨は概略、以下の通りとなる。

PCR検査数を5~10倍に増やしたから、感染判明も増えた。同じ検査数だったら4月ほどの数になっていない。
重症化率が極めて低い。東京都では現在重症者が12名で、全国でも40名弱であり、ピーク時の1割程度でしかない。
死亡者の数も激減している。東京都では過去2週間で1名の死亡者しかでていない。

たしかに私も、4月とは様相を異にしていることは認める。が、ことはそれほど楽観できるものではないことを示しておく。

①PCR検査の陽性率が着実に上昇している。検査数が増えれば、感染者が変わらないなら空振りが増えて、陽性判明率はどんどん下がる。実際、5月には1%を割る日が多かった(東京)。それが直近は7%近くにまで上昇し、ボトム時の10倍近くになっている。つまり、陽性判明者の増加は、PCRを増やしたからというよりは、市中で蔓延しているから、という側面の方が大きい。

②6月から7月上旬は二つの要因で重症患者が増えなかった。一つは、既に入院していた重症者の回復による減少。もう一つは、新規感染者のうちの高齢者比率が極めて低かったこと。7月になり、回復者が底打ちし、一方、高齢者比率がじわじわ上がり出した。そのため、ここ1週間では5名→12名と重症者はそこそこの勢いで増加している。

③新規感染者に占める高齢者の割合が4月は非常に高かったが、6月以降は極端に低下した。


割合だけでなく実数で見ても、60歳以上の陽性判明者は、4月が1070名に対して、6月は110名と10分の一まで低下している。だから重症者が少ないだけだったのだ。ところが、7月に入って、徐々に40・50代、および60代以上の感染数が増えている。下記図表で見れば、60歳以上の新規陽性判明者の増加ぶりがよくわかるだろう。ちなみに、7月第三週の91という数字は、19日までのもので5日間のデータだ。7日間換算だと127名となる。直近は高齢者が比率でも増え出している。


以上の観点から考えると、今後、重症者の増加も徐々に勢いを増していくことになるだろう。

GOTOキャンペーンで高齢者の感染は確実に増える

さて、この状況でのGOTOトラベルは、データ的にかなり悪手といえる。まず、7~9月期の旅行需要だが、一昨年のデータをもとにすると、その年代別構成は下記のようになる。


夏休み期の子供を抱える40代が突出しているが、それ以外は30~70代までほぼフラットに旅行をしている状況が見て取れるだろう。つまり、旅行による感染蔓延は、年代差なく起こる可能性が高い。現状の若者が中心の感染よりも、高齢者の割合が高まることが容易に予想される。加えて今年の場合、小中学校の夏季休暇が極めて短い。

多くが7月末~8月上旬までの2週間程度となる。とすると、子どもの休み短縮に合わせてファミリー旅行も減少すると考えられるため、例年よりも40代比率は下がるだろう。つまり、それだけ高齢者比率は高まることになる。

一方、旅行先でサービスを提供する人たちの年齢構成についても見ておこう。


こちらも、40代がピークとなるが、その他はやはり年齢差が少ないフラットな分布となっている。一般的に雇用終了にあたる60代後半以降の就業者数は減るものだが、飲食・サービスの場合、個人事業者や非正規雇用などが多いため、この年代の数字が(とりわけサービス業で)多めに出ている。受け入れ側の観光地にて感染が発生した場合、高齢者比率がかなり高くなると読み取れる。

実際の感染率で考えた場合、加齢により体力や免疫力が低下傾向にある分、高齢者の割合はさらに高まるはずだ。直近の東京では60代以上の感染割合が8%程度であるが、これよりは相当高い数値になることは間違いない。結果、重症化率も上がり、死亡者数も増えていくだろう。

今回の流行が厄介と思われる点は、現時点で感染者数の割に高齢者が少ないため、重症者も少なく、結果、実相以上に「大丈夫だ」という声が強まっていることだ。この先、じりじりと高齢者率が上がっていく。がしかし、陽性判明は1~2週間遅れる。ということで、「気づいたときには手遅れ」となりかねない危うさがふんぷんに漂う。

人の移動は確実に感染を広げる

再流行の伝播状況からも、GOTOキャンペーンは相当危ないことも見て取れる。

再説となるが、この感染は東京に端を発した。感染者が10名を超えた日時を自治体別にみてみよう。

東京5月24日→埼玉6月23日→神奈川6月28日→千葉7月2日、
→大阪7月1日→京都7月10日、兵庫7月17日
→福岡7月8日
→静岡7月12日
→愛知7月15日

この流れからは、東京→周辺地区、東京→地方主要都市→周辺地区、という二つの広がりが見て取れる。いずれも「東京からの人の移動」による感染蔓延に他ならないだろう。つまり、「人の移動が増えれば、感染は確実に広がる」。GOTOでの往来は、無症状感染者や感染初期の軽症者が移動、もしくは接客することにより、地域を超えたウイルス伝播を必ずもたらすだろう。

それも東京以外の上記9自治体で直近(7/19)の新規陽性判明者は270名を超える。この数は、東京から各地に感染伝播が始まった6月下旬の都の新規陽性判明者数(日平均60程度)の4倍以上にもなる。想定以上に拡大ペースは速いのではないか。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    周庭氏連行の瞬間を捉えた写真

    田中龍作

  2. 2

    国民より首相 自民の真意が如実

    やまもといちろう

  3. 3

    イソジン会見 同席医師に違和感

    三田次郎

  4. 4

    うがい薬買い占めた高齢者を直撃

    NEWSポストセブン

  5. 5

    うがい薬問題 誤解の連鎖に呆れ

    青山まさゆき

  6. 6

    コロナ致死率は世界的に低下か

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    離島で初の死者 沖縄で3人が死亡

    ABEMA TIMES

  8. 8

    舛添氏 利権で動く専門家に苦言

    舛添要一

  9. 9

    れいわはN国党に助言を請うべき?

    早川忠孝

  10. 10

    TikTok巡る報復 Appleらに打撃も

    飯田香織

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。