記事

佐々木朗希「衝撃の登板回避」 大船渡・國保監督が真相初告白

1軍登板はまだか(時事通信フォト)

 ちょうど1年前、高校球界を揺るがす事件が、岩手で起きた。大船渡の3年生だった「令和の怪物」こと佐々木朗希(現・ロッテ)を巡って、県大会決勝でまさかの「登板回避」という判断が下された。将来を嘱望される右腕を守る“英断”か、甲子園を目指す球児の夢を絶つ“独善”か──1年の時を経て、國保陽平監督が「あの日」の真実を初めて明かした(取材・文/柳川悠二=ノンフィクションライター)。

【写真】ユニフォーム姿、ハイネックのアンダーを着て下唇を下げて語る、大船渡の國母洋平監督

「壊しちゃいけない」

 令和の怪物こと佐々木朗希(18)がいた夏から365日、今も大船渡を指揮する國保陽平(33)は、まるで憑き物が落ちたように、活き活きと采配を振っていた。

 岩手高野連の独自大会となった今夏初戦。笑顔で選手に声をかけ、身振り手振りを駆使して積極的に策を講じていく。

 常に表情が硬直していて悲壮感が漂い、どこか選手との距離も感じられた1年前とは何もかもが違った。國保は言う。

「プレッシャーがあったんでしょうね。(佐々木を)壊しちゃいけないというプレッシャーが。あの若さで、あの高い身長(190cm)で、滑らかなフォームで、変化球もうまくて、牽制もうまいという才能は、世界の野球の歴史を変えるかもしれない。だからこそ、壊さずに次のステージへつなげなければならないと思っていました」

 昨年の岩手大会では國保は東京から押し寄せたメディアに取り囲まれていた。地元出身の部員ばかりの公立校である大船渡は、その春に163キロを記録したエース・佐々木を軸に勝ち上がり、強豪私学・花巻東との決勝までたどり着いた。

 だが、前日の準決勝で129球を投げていた佐々木は、「故障を防ぐため」という理由で起用されなかった。控え投手たちが打ち込まれ、2対12で大船渡は大敗。令和の怪物が甲子園の土を踏むことはなかった。

 試合後、学校には苦情の電話が殺到し、登板回避は賛否両論の大騒動に発展した。國保の采配に、佐々木やバックを守るナインは納得していたのか──私はその疑問が拭いきれず、拙著『投げない怪物』(小学館刊)などで問題提起を続けた。

 以来、國保とは冷戦状態にあった。U-18W杯が開催された韓国でも、秋季岩手大会でも、私の質問に無言を貫いた。采配の真意を、部内での真実を、私はただただ知りたかった。2020年夏、沿岸南地区1回戦に10対1で勝利したあと、國保は開口一番、私にこう告げた。

「昨年、私のバントの指示を批判されましたよね? 実はあれ、サインミスだったんです」

 昨春の岩手大会のこと、一死1、3塁のチャンスで國保は、前の打席で本塁打を放っていた5番打者にスクイズではなく、送りバントを命じた。國保は当時、「6番以降の打者にチャンスで打席に立つ経験を積ませたかった」と説明。私はこれを迷采配と書いた。そのことを言っているのだろう。

「今日もサインミスが5、6個ありました。それでも選手は必死で戦ってくれた」と話し、「今日は正直に話します」と笑った。國保からの歩み寄りに一瞬たじろいだものの、私はずっと消えなかった疑問をぶつけていった。

「佐々木とは話していない」

 佐々木を決勝のマウンドに上げない決断は当日の朝に下したという。

「歩き方を含めた彼の様子を見て、決めました。高校3年間で一番、ケガのリスクがあるな、と。球が速い彼の場合、肩やヒジだけでなく、身体のどこに故障が出てもおかしくないですから」

 試合当日、解せなかったのは、4番を任せていた佐々木を打者としても起用しなかったことだ。

「疲れている佐々木よりも、野手のほうが振れるだろうし、(勝利には)可能性があるのではないか。そう判断しました」

 しかし、私には、甲子園出場と、佐々木の将来を天秤にかけ、後者を選択したように映った。花巻東戦では、先発に、4番手に目されていた3年生・柴田貴広を起用し、大量失点するや2年生左腕を投入した。端から勝負を諦めているかのような選手起用だった。私は、責任を背負い込んだふたりが試合後に泣き崩れていた姿が忘れられない。

「もちろん、勝負を捨てたわけではありません。花巻東の強力打線には、右サイドで変則の柴田のほう が、初登板で疲れもないし、少しでも抑えられるのではないかという期待がありました」

 試合前、國保は佐々木に「先発では起用しない」とは伝えていたが、「リリーフとしても野手としても起用しない」とは伝えていない。それは他の選手に対しても同じ。すべてを独断で決めた。

「選手が納得しているのか、ということですよね? 納得している者もいれば、いない者もいる。個々人で違うのかなと思います。事前に、本人に相談したら、『投げたいです』と言うのは明らかだった。野手に伝えたら、『僕らが朗希をサポートするので、投げさせてやってください』と言うに決まっています。

一言でも彼らに相談したら、(佐々木の登板を)止められなくなると思いました。もし疲労困憊の状況でマウンドに上がったら、力んで投げて、肩、ヒジ、腰、股関節、膝……想像でしかありませんが、将来に残るようなケガのリスクは高かったんじゃないかなと思います」

 だからこそ、すべてをひとりで背負い込み、大きな誤解も生んだ。

「あの日のことをきちんとお話しするのは初めてです。決断が正しかったのか、間違っていたのか。毎日のように逡巡していました。準決勝で他の投手を起用していたらどうなっていたか、と。(決勝で先発した)柴田をもっと鼓舞してあげれば良かったな、とか。答えは……見つからないです」

 決勝の試合後、佐々木は報道陣に、「投げたかったです」という一言を残した。佐々木との間で、決勝の起用法に関して言葉を交わすことはこれまであったのだろうか。

「ありません。『甲子園に行きたかったです』とも『投げなくて良かったです』とも聞いていません。本心を僕にぶつけることが、僕にとって酷だと気を遣ってくれているんだと思います」

 岩手・盛岡一高出身の國保は、筑波大に進み、卒業後は米国の独立リーグも経験。佐々木の入学と同時に大船渡に赴任した。将来を見据えた判断の背景には、米国での経験も大きい。

「佐々木が1年の夏に、147キロを出したんです。(メジャーリーグの)ストラスバーグであったり、大谷翔平選手だったり、彼らのレベルに挑戦できる一握りの才能だと思いました。MAXが160キロを超え、アベレージで155キロを投げるような高校生は過去に例がない。専門の医師や大学の恩師に相談し、手探りで指導しました」

「佐々木は今も成長期」

 昨年のドラフトでは4球団の競合となり、佐々木は千葉ロッテに入団した。2月のキャンプから一軍に帯同し、5月のシート打撃登板では、160キロを二度、記録した。しかし、それからノースロー調整が続き、7月14日にようやくキャッチボールを公開。國保は「直接、見ているわけではないので」と前置きしたあと、こんな見解を示した。

「少なくとも高校を卒業する段階では、血液検査の結果や骨密度を測る限り、彼の成長は止まっていなかったと思います。成長期に分泌されるような物質が血液の中にありましたから。

100マイル(160キロ)を投げる投手はメジャーにもいますが、成長が止まっていない段階で100マイルを投げれば、身体への反動は大きい。現在は球速に耐え得る体作りの段階ではなく、体作りができる状態になるのを待つ段階ではないでしょうか」

 私は、甲子園切符の懸かった地方大会の決勝で「投げさせない」という判断を下したことは、高校野球の転換点になると確信している。実際、直後の甲子園ではエースを温存し、継投策を駆使して勝ち上がる高校が急増し、日本高野連は今春のセンバツ(中止)から球数制限の導入を決めた。

 新時代の高校野球を象徴する出来事が、あの登板回避だった。1年の時を経て、当事者として、決断の過程を後世に残す必要性を自覚し、國保も重たい口を開く気になったのだろう。

 この夏、怪物のいない大船渡は沿岸南地区代表決定戦で敗れ、県大会に進めなかった。試合後、國保は主将の吉田昂生と、先発した前川真斗のふたりをベンチ前に呼んだ。

 吉田には「つらかったな」と伝えた。先発した左腕の前川には「ナイスピッチング!」と讃えた。

 このふたりだけが昨夏の決勝を経験した3年生だった。両者にかけた言葉は、逡巡する1年を過ごしてきた自身と、誰より佐々木の3年間に対する労いの言葉ではなかったか。(文中敬称略)

※週刊ポスト2020年7月31日・8月7日号

あわせて読みたい

「高校野球」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    スガ批判の左派に待つ皮肉な現実

    PRESIDENT Online

  2. 2

    感染対策 レジのシートは逆効果

    かさこ

  3. 3

    竹中平蔵氏と会食の菅首相を批判

    藤田孝典

  4. 4

    人気寿司店も苦境 厳しい飲食業

    内藤忍

  5. 5

    劇団ひとりがED克服したキッカケ

    SmartFLASH

  6. 6

    安倍前首相の仮病を疑う声に反論

    木走正水(きばしりまさみず)

  7. 7

    消費税めぐる左翼層の主張に呆れ

    青山まさゆき

  8. 8

    ウイグル問題 世界的企業に打撃

    SmartFLASH

  9. 9

    毒メシをやめて成績UP? 医師苦言

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    ワークマン コロナ打撃に強い訳

    南充浩

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。