記事

バレーボール漫画の金字塔「ハイキュー!!」最終回に労い&感謝の声が続出!Twitterのトレンドで世界1位に


 高校バレーボールを題材にした人気漫画「ハイキュー!!」が、7月20日に発売された「週刊少年ジャンプ」33・34合併号で最終回を迎えた。Twitter上では「#ThankYouHaikyuu」「ハイキュー」といったワードが国内外のトレンド入りを果たすなど、ファンや関係者から労いと感謝の声が続々とあがっている。

▶動画:今こそ見たいテレビアニメ「ハイキュー!!」第1期

 2012年2月より「週刊少年ジャンプ」誌上で連載された古舘春一氏による「ハイキュー!!」は、コミックス43巻までのシリーズ累計発行部数が3800万部を突破した人気バレーボール漫画。

 小柄ながら図抜けた運動神経と瞬発力を持つスパイカーの日向翔陽と、“天才”と称される相棒のセッター・影山飛雄の成長を軸に、個性豊かな仲間やライバルたちとの切磋琢磨が描かれた青春ストーリーだ。

 2014年よりスタートしたテレビアニメも人気を博し、第4期にあたる「ハイキュー!! TO THE TOP」の第2クール目が2020年10月より放送される。

 同漫画の公式Twitterアカウントでは、「ハイキュー!!はいよいよ最終回!本当に先程古舘先生から宣伝イラストが届きました!」と大団円を記念したイラストを公開した。

 同ツイートは20万を超える「いいね」を記録し、ファンからは「連載お疲れ様でした!」「沢山の感動とドキドキをありがとうございました」「ハイキューは私の青春です!」「日向たちのバレー人生に幸あれ!」「本当に最高の漫画でした!」といったリプライが殺到。

 また「部活で辛く苦しいこと、悩むことがあった時ハイキューは励ましになったり解決の糸口となったりしてくれました」「ハイキューを見てバレーの面白さを知り、バレー部のマネになりました。バレーに出逢わせてくれて本当にありがとう」「ハイキュー!!があったからいろんなことに挑戦できたし、頑張れました」など、人生に大きな影響を受けたという声も続出した。

 約8年半にわたる連載の完結を受けて、演劇版で日向翔陽役を演じた俳優の須賀健太は「最後の1ページ、僕らの群唱も聞こえた気がしました。毎週、たくさんの感情を味わせてくれてありがとうございました」とツイート。須賀の後任として日向役を演じる醍醐虎汰朗も「ワクワクする気持ちや感動をありがとうございました!! 日向翔陽からは沢山のことを学びました。彼を生んでくれてありがとうございます!!!」とTwitterに感謝をつづった。

 Twitterではハッシュタグ「#ThankYouHaikyuu」や、「ハイキュー」「ジャンプ」といった関連ワードが続々とトレンド入り。

「#ThankYouHaikyuu」が一時世界のトレンドで1位に食い込むと、バレーボールの検定球を販売するスポーツメーカー・ミカサの公式Twitterは「『ハイキュー!!』世界トレンド1位おめでとうございます! こんな幸せな最終回ってあるでしょうか! 本当に本当にありがとう! 同じ時代を走らせてくれてありがとう!」と情熱的に同作の完結を祝福した。

あわせて読みたい

「少年ジャンプ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    宗男氏 野党の新内閣批判に反論

    鈴木宗男

  2. 2

    枝野氏のデジタル化批判は的外れ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    半沢の元ネタ 大臣は前原誠司氏

    SmartFLASH

  4. 4

    三原氏が厚労副大臣 衝撃の人事

    藤田孝典

  5. 5

    長官は民間に…平井IT大臣が吐露

    ABEMA TIMES

  6. 6

    マスクで重症化予防説 医師解説

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    携帯会社への懲罰? 値下げに疑問

    おくの総一郎

  8. 8

    サイゼでバイトする星付きシェフ

    PRESIDENT Online

  9. 9

    毒メシをやめて成績UP? 医師苦言

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    菅首相は本当に叩き上げ苦労人か

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。