記事
  • ロイター

中国当局、社債引き受け入札巡り証券8社を調査


[上海 20日 ロイター] - 中国証券業協会(SAC)は、中国企業の社債引き受け競争入札を巡り、国内証券会社8社に対する調査に着手したと発表した。

SACによると、最近行われた中核融資租賃の起債業務引き受け入札の応札額が異例に低かったことが市場参加者の間で問題視されている。

違反行為が見つかれば、懲罰的措置が証券会社に対し講じられるという。調査対象は、国泰君安証券<601211.SS>、海通証券<600837.SS>、中国国際金融(CICC)<3908.HK>、中信証券<600030.SS>など。

上海証券報が20日に報じたところによると、起債業務引き受け入札には8社が応札し、中核融資租賃は、国泰君安証券と中信証券を選んだ。手数料はそれぞれ、0.015%と0.01%で、通常の0.3─0.4%を大幅に下回るという。

平安証券、申万宏源証券、天風証券も調査対象となっているという。

トピックス

ランキング

  1. 1

    入店拒否めぐる堀江氏SNSに疑問

    かさこ

  2. 2

    感染増も医師「安心材料増えた」

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    中曽根氏葬儀に約1億円は違和感

    早川忠孝

  4. 4

    児嶋一哉 台本通り演技で大人気

    女性自身

  5. 5

    いつか撮られる…瀬戸大也の評価

    文春オンライン

  6. 6

    音に無頓着な人とWeb会議は苦痛

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  7. 7

    「TENET」は観客に不親切な映画

    fujipon

  8. 8

    Amazonの防犯用ドローンは問題作

    後藤文俊

  9. 9

    中国から日系企業1700社が移転へ

    NEWSポストセブン

  10. 10

    よしのり氏 マスク巡る矛盾指摘

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。