記事
  • ロイター

中国、2つの債券市場で相互取引可能に 銀行間と取引所


[北京 19日 ロイター] - 中国人民銀行(中央銀行)は19日、国内の債券市場について、銀行間市場と取引所市場の相互取引を可能にする方針を明らかにした。両市場の統合を図り、金融政策の効果波及とマクロ経済運営を円滑化する狙いがある。

人民銀の発表文によると、適格投資家は両市場を連結する「コネクト」の仕組みを通じて、両市場で取引される債券を売買できるようになる。

1997年に創設され、人民銀が所管する銀行間債券市場は銀行が取引を独占し、発行高と取引高で取引所市場を大幅に上回る。

取引所市場は中国証券監督管理委員会(証監会)が所管し、証券会社や投資ファンド、個人が参加している。

人民銀のデータによると、2019年末時点の中国の債券発行残高は99兆1000億元(1430億ドル)に上り、このうち銀行間債券市場が全体の87.2%に相当する86兆4000億元を占めた。

トピックス

ランキング

  1. 1

    開成退学処分 謎呼ぶ替え玉騒動

    NEWSポストセブン

  2. 2

    安倍疑惑追及に弁護士視点で苦言

    青山まさゆき

  3. 3

    河野氏 行政の押印手続き1万種超

    河野太郎

  4. 4

    生きてれば 半沢妻の言葉に感動

    松田公太

  5. 5

    ディズニーが中国依存強め大誤算

    PRESIDENT Online

  6. 6

    不便なマイナンバーの改善を急げ

    WEDGE Infinity

  7. 7

    キングオブコント芸人は喋りすぎ

    メディアゴン

  8. 8

    「愛子天皇」誕生の機運が高まる

    文春オンライン

  9. 9

    コロナで行列増 中高年「勘弁」

    中村伊知哉

  10. 10

    政府の代弁者が重宝されるTV業界

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。