記事

コロナ禍で熱視線「いま介護業界に転職」はアリなのか

1/2

コロナ禍の雇用不安で万年人手不足の介護業界の求人に注目が集まっている。ただ、介護の仕事には「ハードワークのわりに給料が低い」といったネガティブなイメージもつきまとう。現実はどうなのか。首都圏近郊で働くケアマネジャーに聞いた――。

老女の手

※写真はイメージです - 写真=iStock.com/joka2000

コロナ禍の雇用不安で「介護業界」転職希望者が増加している

厚生労働省は7月2日に「新型コロナウイルス感染拡大に関連する解雇や雇い止めにあった人は7月1日時点で3万1710人に達した」と発表しました。

また、総務省が6月30日に公表した5月の労働力調査によれば、失業予備軍ともいえる休業者は423万人に達しました。コロナ禍による経済停滞は旅行・宿泊業、飲食業、製造業など多くの業種を直撃し、未曽有の雇用不安が起こっています。

当然、介護業界もコロナ禍の影響を受けました。

デイサービスやショートステイといった通所介護事業所には利用自粛によって経営が成り立たなくなったところが少なくない。介護職員も免疫力が落ちた高齢者と接するうえ「3密」が避けられない労働環境で、感染防止に神経をすり減らす日々を送っている。

ただし、この業界に「雇用不安」はありません。

もともと慢性的な人手不足状態。サービスに対するニーズがなくなることはないし、職員の給与の原資の大部分は介護保険料を主とした国の福祉財源だからです。そうしたこともあり、今、求職者の働き口として注目されつつあるという。

介護施設に人材派遣会社から問い合わせ電話が相次ぐ

「私が所属する社会福祉法人は、老人保健施設とデイサービスの事業を行っているんですが、6月に入った頃から人材派遣会社から頻繁に問い合わせの電話がかかるようになりました」

そう語るのは、首都圏近郊の自治体でケアマネジャーを務めるYさんです。他の介護施設でも似たような問い合わせが相次いでいるようです。

問い合わせの目的は、いうまでもなく自社に登録された人材の派遣先確保です。

「電話を受ける事務職員に聞いたところ、人材派遣会社からこれほど多くの電話がかかるのは2008年に起きたリーマン・ショックの時以来だと言っていました。人材派遣会社にとって、通常時はさまざまな業種からの求人案件を預かっていて、優先順位の低い介護業界まで手がなかなかまわらなかった。でも、今はコロナ禍で求人先が減ったのでしょう。それで、うちのような介護施設にも電話をかけてくるようになったのだと思います」

介護業界は慢性的な人手不足。公的施設の特別養護老人ホーム、老人保健施設、ケアハウス、民間施設の有料老人ホーム、サービス付き高齢者住宅、通所介護のデイサービス、ショートステイなど、多くの施設や事業所が人材を求めています。コロナ禍で雇用不安が続く現在、門戸を開いているのが介護業界なのです。

給料は? 要資格? 介護業界への転職はハードルが多いのか

とはいえ、介護職は他の業界で働いていた人が転職先として選びにくい職種でしょう。Yさん自身、それを感じるといいます。

「私のようにケアマネジャーをしている者は大半が、学生時代から介護業界で働くことを目指していますから何の問題もありませんが、もともと選択肢になかった人にとっては抵抗を感じる部分はあると思います」

抵抗を感じる原因として考えられる3つのハードルは次のようなものです。

第1は「資格が必要なのではないか、経験のない者は採用してくれないのではないか」という思い込み。

第2は「高齢者を相手にする仕事が勤まるのか、仕事にやりがいを感じられるか」という仕事内容に対する不安。

第3は「大変な割には給料が安い、将来を考えられるかといった部分」という介護職に対するネガティブなイメージです。

シニア男性のケア

※写真はイメージです - 写真=iStock.com/byryo

人柄がよく真面目に仕事をする人なら、資格や経験の有無は問わない

Yさんは、この3つのハードルについて本音を交えて解説してくれました。

「まず、資格と経験ですが、これはなくても職員として採用する施設はかなりあります。介護職の入口には“介護職員初任者研修”という資格があり、責任ある仕事はこの資格がない人には任せられませんが、無資格でもできる仕事はたくさんありますからね。もちろん人手不足だからといって、どの施設も応募してきた人を全員必ず採用するわけではありません。経歴はちゃんとチェックしますし、面接を厳密に行ったうえで採用を決める。トラブルを起こしそうな人は絶対に入れたくありませんからね。でも、人柄がよくて真面目に仕事をしてくれる人なら、資格や経験の有無は問わずに採用するはずです」

コミュ力と相手を思いやる気持ちの強い人に向いている

つぎに仕事内容に対する不安です。高齢者を相手にする仕事が勤まるか、やりがいを感じられるかといった点です。

「これは人にもよるので、なんともいえません。でも、どんな仕事でもそうではないでしょうか。自分に向いた仕事だと思って就職したら全然合っていなかったということはよくある。介護職も同じです。やってみなければ合っているかどうかは分からないんです。ただ、私から見て確かに言えることがあります。それは、介護職はコミュニケーション能力と相手を思いやる気持ちがあれば十分務まるということです。このふたつがあれば、入所者・利用者さんとも施設のスタッフともいい関係が築けますし、職務もまっとうできる」

「やりがいを感じることも多いです。自分が行ったことに対して入所者さんが笑顔を見せてくれたり、ありがとうと言ってくれたりした時は、うれしいですしモチベーションが上がりますからね。介護の仕事に対してそういう受け止め方ができるかどうかは、やってみなければ分からないんです」

たとえば飲食業をやっていて「お客さんがおいしいと言ってくれた時がうれしい」と思える人なら介護職でもやりがいを感じられるのではないか、とYさんは言います。

食事の準備をする介護者

※写真はイメージです - 写真=iStock.com/byryo

あわせて読みたい

「介護」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅氏vs沖縄知事 コロナ巡り応酬

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    韓国語だけ水有料表記 会社謝罪

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    枝野氏詭弁は安倍首相と変わらず

    田中龍作

  4. 4

    「土下座像」に韓国政府も不快感

    NEWSポストセブン

  5. 5

    未だ35% 内閣支持率の高さに驚き

    早川忠孝

  6. 6

    菅義偉内閣を直ちに組閣すべき

    PRESIDENT Online

  7. 7

    政局睨む与野党の駆け引きに辟易

    若林健太

  8. 8

    病床使用100%超も「4月と違う」

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    前日銀委員 収束前のGoToは無駄

    ロイター

  10. 10

    風俗勤務の女学生 コロナで苦悩

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。