記事
  • ロイター
  • 2020年07月20日 07:20 (配信日時 07月20日 07:19)

解散総選挙の雰囲気あると思わない、国民の理解必要=岸田政調会長


[東京 20日 ロイター] - 自民党の岸田文雄政調会長は19日のNHK日曜討論に出演し、早期の解散・総選挙の可能性に関連し「周りに解散・総選挙の雰囲気があると思わない。国民の理解が必要」と指摘した。政府の観光支援事業「GoToトラベル」事業の見直しに伴うキャンセル料補償について、政府側が「動いているようだ」と述べ、支援検討に動き出しているとの見解を示した。

22日スタートするGoToトラベル事業について、政府は16日、新型コロナウイルスの新規感染者が急増している東京発着の旅行は割引対象から外す方針を表明したが、割引を当て込んでいた予約者からのキャンセル料についてこれまで政府は補償しない方向性を示していた。

岸田政調会長はGoToトラベル事業に関しても「経済対策と(感染拡大予防の)バランスの試金石」と指摘。「丁寧、柔軟に進めないと厳しい批判にさらされてしまう」と指摘。「なぜ今なのかとの指摘があるが、(感染拡大が)いったん収まったかに見えて決定したが、その後状況が急に悪化してしまった」と説明し、「柔軟な対応、具体的にさまざまな地域の事情に配慮した対応が必要」との見解を示した。旅行者による感染拡大を懸念する自治体への配慮と、観光業の早期支援を重視する自治体の双方への配慮を重視する姿勢を示した格好だ。

新型コロナ感染拡大予防のため緊急事態宣言の再発動に関連し、岸田氏は「緊急事態宣言を出すべきか、しっかりと検討しないといけないが、政府は今すぐにやるべきという判断ではない。ただ状況は刻々と変化するので、機動的、柔軟な発想が重要なのではないか」と述べた。

(竹本能文)

あわせて読みたい

「解散総選挙」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    菅原一秀氏から違法行為を強要されていた元秘書が「説明責任果たせ」と顔出し訴え

    田中龍作

    06月19日 22:04

  2. 2

    格安スマホ業界にまで波及した価格破壊

    自由人

    06月19日 08:14

  3. 3

    「米国は病気」と罵りつつ、周庭さんは釈放…G7を敵に回した習近平政権の行き詰まり

    PRESIDENT Online

    06月19日 18:11

  4. 4

    【驚愕】自民党系の横浜市長選候補者がカジノ反対へ

    木曽崇

    06月20日 11:57

  5. 5

    白血病の新たな薬 新たなプレイヤーで不可能が可能に それはしっかりしたエビデンス コロナのイベルメクチン等にはまだそれがない

    中村ゆきつぐ

    06月20日 08:22

  6. 6

    タワマンの高層階ばかりを移り住む「空中族」 高値売り抜けはそろそろ手仕舞いか

    NEWSポストセブン

    06月20日 09:50

  7. 7

    都民ファーストの不振ぶりが目立つ都議選 小池旋風が影を潜めた影響か

    早川忠孝

    06月19日 16:34

  8. 8

    世帯年収400~600万円のリアル「残業ありきの給料で毎日クタクタ」

    キャリコネニュース

    06月19日 18:44

  9. 9

    【世界ALSデー月間特別寄稿④〜トリアージは既に当たり前に行われている⁉️〜】

    恩田聖敬

    06月20日 09:00

  10. 10

    さらに活用が進む、つみたてNISA~2021年は買付金額が1兆円超えか~ - 前山 裕亮

    ニッセイ基礎研究所

    06月19日 08:55

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。