記事
  • SmartFLASH

元・江上しほ「AV家族バレの瞬間」母から猛電話「もう知らない」

 セクシー女優にとって避けて通れない「家族」の問題。そんなセンシティブなテーマに、正面から取り組んだ書籍『AV女優の家族』が話題だ。レジェンド女優の元・江上しほが、知られざるエピソードを語る――。

 九州から上京し、「江上しほ」の名前で2年間に約200本のAVに出演。現在は、フリーのヨガインストラクターをしながら、女優としてのメジャーデビューを目標に日々、精力的に活動している。

 母親のすすめで始めた器械体操では、国体やインターハイに出場した経験もある。

「家の近くに有名な体操教室があって、3歳のころに母親がそこに入れたのが、体操との出会いです。お母さんが毎日、送り迎えしてくれてました。お母さんに褒められたくて、続けてました」

 しかし高校3年生のとき、大会前日の練習中に前十字靱帯を怪我してしまう。これをきっかけに、体操の道をあきらめることになった。

 その後、大学に進学するも中退。そしてヨガの勉強のため、東京の友人宅に1週間ほど泊まりに行ったところでスカウトされ、AVデビューを果たす。

「最初、お父さんにバレて、お母さんから猛烈に電話がかかってきました。でも、私が気持ちを曲げないので、『妹たちにバレないんだったら、勝手にやっときなさい。ママはもう知らないから』って。結局、妹たちにもバレてしまいましたけど、やめなかったです」

 デビュー直後は、2人の妹から「お母さんの気持ち考えたことあるの?」と言われたりもした。しかし今では、妹たちとも仲よしに戻り、誕生日には「自慢のお姉ちゃんだよ」とメッセージをもらったりするという。両親からは、理解は得られたのだろうか。

「結局、引退するまでの2年くらいは、会わなかったですね。でも、『最後の撮影終わったよ』という報告の意味で、会いに行ったら『あ、おかえりー』みたいな。なんだかんだ、仲いいんですよね、今でも」

 現在は、お金を稼ぐためにAV女優や風俗嬢、パパ活などをせざるを得ない女性たちに、自立を促す事業を模索しながら、自身が女優として活躍するのを夢見て、舞台などに立っている。その原動力とは。

「やっぱり、親に自慢に思ってもらいたいっていうのがいちばんかな。有名になったら、親に認めてもらえるんじゃないかっていうのがあって」

 他人になんと言われようとやる、という信念の背景には、「家族から認められたい」という切実な思いがあった。

元・えがみしほ
1992年3月1日生まれ 3歳から器械体操を始め、インターハイにも出場したが怪我で挫折。ヨガインストラクターとして働いていた2015年、スカウトをきっかけに「江上しほ」の芸名でAVデビュー。現在は改名し、テレビなどでの活躍を目指して、タレント活動に邁進

取材&文・寺井広樹

※『AV女優の家族』は光文社新書より発売中

(週刊FLASH 2020年7月21日号)

あわせて読みたい

「AV女優」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    入店拒否めぐる堀江氏SNSに疑問

    かさこ

  2. 2

    「TENET」は観客に不親切な映画

    fujipon

  3. 3

    中曽根氏葬儀に約1億円は違和感

    早川忠孝

  4. 4

    音に無頓着な人とWeb会議は苦痛

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  5. 5

    Amazonの防犯用ドローンは問題作

    後藤文俊

  6. 6

    いつか撮られる…瀬戸大也の評価

    文春オンライン

  7. 7

    よしのり氏 マスク巡る矛盾指摘

    小林よしのり

  8. 8

    官僚がデジタル改革を進める矛盾

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    大阪都構想の必要性を橋下氏指摘

    橋下徹

  10. 10

    日本は中国の覇権主義に向き合え

    赤池 まさあき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。