記事

何が起きているのか

とりあえず通常国会については野田総理に対する問責決議が参議院で可決されどうにもならなくなって閉会という展開になったわけである。それに伴って自動的に廃案となってしまった案件のうち衆議院の選挙制度改革についてはSynodos Journalに見解を明らかにしたところであってまあ世界中から笑いものになるような制度案なので流れてよかったよなと(合憲的に総選挙を行なうことが当面非常に難しくなってしまったという副作用があるわけではあるが)思うところ。この忙しいのに原稿用紙20枚を超えるものを書く破目になったわけで、まあ馬鹿には馬鹿と言わないと気が済まないという私の性癖が悪いわけではあるが、民主党の政治家に対する私の評価がさらに一段下落してもやむを得ないというべきであろう。まだ下がる余地があったのかと聞く人がいるかもしれないが世のなか下には下がいるのであって、少なくとも私は野田総理が今のところ民主党政権の生み出した最高の首相であることを認めるにやぶさかではない。

さて同様に廃案となってしまったものに特例公債法案があり、赤字国債が発行できないので予算執行を抑制する、ついては国立大学法人・独立行政法人への運営費交付金を50%先送りするとか、地方交付税も支払いを差し止めるとかいう報道が出ている。これがどの程度の話かというのを若干説明してみようと思う。

まずトータルで見てみよう。運営費交付金というのは国立大学が「継続的・安定的に教育研究活動を実施できるよう」にするための基盤的経費と位置付けられているもので、23年度実績で見ると総額1兆0627億円。これに対し、国立大学等90法人全体の予算規模は合計2兆3724億円となっている(旺文社教育情報センター調べ)。まあおおまかに言うと、国立大学の予算の約半分が運営費交付金に支えられていると言ってよい。

これの半分がもらえなくなるということは、まあラフに言えば月々の支払いの1/4について払えるアテがなくなるということになる。もちろん政府としては後で払うということであろうが、きちんと月々の交付があることを国立大学がアテにしていたのと同様にその取引先(納入業者とかな)も我々からの支払いをアテにしている。8月に納品した代金は9月に払われるだろうと考えて資金繰りをしているところに待ってくれと言って待てるものかは定かでない。まあなかには潰れるところが出てくるかもしらんなと、そういうことになろう。

* * *

さらに問題なのは、大学ごとに運営費交付金への依存度が違い、単純に一律半減とすると影響がかなり大きくなる点にある。

やや恐縮だが、近隣なので愛知教育大学を例に取ってみよう。教育学部のみの単科大学で、学年定員は900人弱なので名古屋大の1/3くらいの規模ということになろうか。現在確認できるのは平成22年度決算までだが、それで見ると総収入82億円のうち運営費交付金が51億円を占めている。仮にこれを単純に半減させたとすると26億円減となり、総収入は56億円まで減少することになるだろう。

ところが経常費用を見ると、総額79億円のうち61億円が人件費となっている(人件費比率77%)。まさか人件費以外の事業費をゼロにするわけにもいくまいが、仮にそうしたとしても教職員に給料が払えないという事態に至ることがわかる。信用不安は大学の取引先企業だけでなく、構成員の個人資産を通じて金融機関等へも波及していくということになろう。

そうするわけにはいかないという事情はよくわかるのであるが、というわけで運営費交付金については一律削減ではなく、大学ごとの経営余力(というか人件費以外の弾力性のある経費が総支出に占める割合)に応じて格差を付けるということになったようである。上記のような事情なのでそれもやむを得まいと思うところではあるが、しかし総額を50%に抑制するという方針は変わっていない以上、(1) 規模が大きくて財政構造に弾力性があり、(2) 物品購入費など人件費以外の支出が中心となる理系が多かったり、(3) 学生・教員比率から人件費比率の低い文系(教員養成系・芸術系などを除く)が揃っている大学の分を抑制することによって小規模大学・教員養成系の財政破綻を回避するということにならざるを得ないわけである。ええとつまり何が言いたいかというとそうですか旧帝国大学狙い撃ちですか

* * *

まだ大学当局からの公式の連絡はないのですが、(1) 当面、国立大学全体において予算執行が抑制される可能性が高く、(2) 特に抑制余地があると考えられている大規模大学においては伸ばせる予算執行は先に伸ばせという話になる可能性が高いと、まあそういうことです。この状況で我々に社会貢献とか先進的な取り組みとか、期待しないようにね。

あわせて読みたい

「大学」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    毎晩の営み要求に外国人若妻嘆き

    幻冬舎plus

  2. 2

    バレてる? ポルノサイト閲覧記録

    島田範正

  3. 3

    香港デモの対応に困り果てる中国

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  4. 4

    香港巡り日本が中国に絶妙な指摘

    やまもといちろう

  5. 5

    進次郎氏「デキ婚」に伯母が激怒

    SmartFLASH

  6. 6

    五輪招致で大見得を切ったツケ

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  7. 7

    水道民営化=値上げ?誤解誘う投稿

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    日米軍事演習 韓国を脅威設定に

    文春オンライン

  9. 9

    日本中があおり運転に激怒する訳

    PRESIDENT Online

  10. 10

    反日精神を批判する韓国の講義

    一般社団法人日本戦略研究フォーラム

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。